手錠かけ別荘に女性監禁か 遺体近くに「テープ」や「コード」が

茨城・常陸太田市の山林の中へ、隊列を組んで向かう捜査員たち。

この木々が生い茂る山林で、東京・文京区に住む、新野りなさん(23)が遺体で見つかった事件。

逮捕された会社員・三瓶博幸容疑者は6月5日、常陸太田市の別荘で、新野さんに手錠をかけて監禁した疑いが持たれています。

新野さんの遺体は、別荘近くの山林の崖の下およそ6メートルの場所で、衣服を身に着けていない状態で見つかりました。

警視庁のその後の調べで、遺体の近くからは、ビニールテープやコードなどが見つかったことがわかりました。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事