【中国】240億円の別荘が”廃墟”に!? 各地で増える”ゴーストタウン”の理由は 『“新常態”中国』#27

中国各地に増え続ける「鬼城(ゴーストタウン)」。長年にわたる無計画な土地開発のほか、近年では政権による不動産規制も加わり、“廃墟”となった物件が目立つ。「鬼城」の中には、総工費およそ240億円をかけた豪華別荘地も。現場を取材すると、予想もしなかった光景が広がっていた。

◇日本テレビ報道局のSNS
Twitter https://twitter.com/news24ntv
TikTok https://www.tiktok.com/@ntv.news
Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24
Instagram https://www.instagram.com/ntv_news24/?hl=ja

◇【最新ニュース配信中】日テレNEWS
https://news.ntv.co.jp/

#中国 #鬼城 #不動産 #開発 #ゴーストタウン #土地 #別荘 #建物 #習近平 #政権 #政策 #経済 #新常態中国 #NewNormChina #China #NNN #日テレ​​ #ニュース​​

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事