日本占領時期のインドネシア

日本占領時期のインドネシア, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3990991 / CC BY SA 3.0

#日本占領下のインドネシア
#オランダ領東インド
#20世紀のアジア
#1942年に成立した国家・領域
#1945年に消滅した国家・領域
日本占領時期のインドネシア(にほんせんりょうじきのインドネシア、英:Japanese-occupied Dutch East Indies)では、第二次世界大戦中の1942年3月から1945年9月終戦にかけて大日本帝国が占領した「蘭印」と通称される当時のオランダ領東インド(現在のインドネシア)について説明する。
この時期はインドネシア史における最も重要な時代のひとつである。
オランダ領東インドは1819年以来オランダの植民地にされていた。
しかし、ドイツによってオランダ本国が1940年に占領されたため、オランダは大日本帝国軍に対抗して同植民地を守る能力がほとんどなく、ボルネオへの最初の攻撃から3か月も経たずに日本の陸海軍がオランダ軍および連合軍を圧倒した。
当初は、大部分のインドネシア人が喜んでオランダの植民支配からの解放者として日本側を歓迎し、日本はオランダが禁止していた「インドネシア」という呼称を公の場で使用することを解禁した。
しかしながら日本軍は、連合軍との戦いを成功に導き勝利を得るための戦略立てとはいえ、占領後しばらくすると、オランダ同様に結社や集会、政治に関する言論、行動および民族旗使用の禁止を布告しインドネシア民衆の期待を裏切ったこともあった(その後は民族結集組織を全国に作っている)。
また戦争遂行にあたり現地のインドネシア人にとっては厳しい規律の日本式の軍政や皇民化が施され、飢饉を招いた籾の強制供出、防衛強化のためのロームシャと呼ばれる過酷な重労働を課せられた者もあり、戦時下の艱難辛苦に耐えるよう期待されていることを彼らが悟るにつれ、その感情は変化していった「負」の側面もあった。
こうした立ち位置の違いにより功罪の両方の意見や認識があるものの、厳しい教育により優秀な人材が育成されたことや、英語やオランダ語ではなく「インドネシア語」が公用語になったことなど、日本の軍政施策が結果的にインドネシアやインドネシア民衆のために役立った「正」の面があることも重要な事実である。
1944年から1945年にかけて、連合軍の主な部隊はインドネシアを迂回しており、ジャワやスマトラのような人口の最も多い地点に入って戦うことがなかった。
そのため、1945年8月の日本降伏時にも、インドネシアの大半が依然として日本の占領下にあった。
この占領はインドネシアで初となるオランダにとっての深刻な課題であり、オランダの植民地支配を終わらせるものとなった。
また、その終結時までの変化は非常に多彩かつ尋常ならざるもので、その後の経緯としてインドネシア革命がほんの3年前には実現不可能な方法で可能になった。
しかしながら、オランダはこの元植民地を奪還しようと画策し、外交的、軍事的、社会的な厳しい戦いが5年にわたって行われ、最終的には1949年12月にオランダがインドネシアの主権を認めることとなった。
第二次世界大戦中に日本人が作成した、蘭印で最も人口の多いジャワ島を描いた地図。
1942年までインドネシアはオランダによって植民地化されており、オランダ領東インド諸島(日本では「蘭印」)として知られていた。
1929年、インドネシア民族主義の黎明期にインドネシア国民党の指導者スカルノとモハマッド・ハッタ(後の初代大統領と副大統領)は太平洋戦争を予見し、インドネシアにおける日本の進駐が独立にとって有利に働くかもしれないと考えていた。
日本人は自分たちが「アジアの光」であるとの言葉を広めた。
19世紀末の日本は技術や社会の近代化に成功した唯一のアジア国家で、大半のアジア諸国が欧米の権力支配下にあった時も独立を保ち続け、日露戦争ではロシアという欧州の力を打ち負かしていた。
支那事変(日中戦争)の後、日本は東南アジアに目を向けて他のアジア諸国に「大東亜共栄圏」を提唱、これは日本のリーダーシップ下における一種の交易圏として説明された。
20世紀前半に日本人はアジアにおける影響力を徐々に拡大し、1920年代から1930年代にかけてはインド諸島とのビジネスを確立した。
小さな町の理髪師、写真スタジオ、セールスマンから、大規模百貨店や鈴木商店や三菱グループといった企業までが砂糖取引との関連で進出した。
1931年に日本人の人口は居住者6949人でピークに達し、その後は主に日本とオランダ領東インド政府との間の経済的緊張から漸減していった。
特にムスリム系…

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事