天皇陛下「人の心傷つけることも」 眞子さん結婚の週刊誌報道など 小室圭さん合格は...NY試験始まる

23日、天皇陛下は62歳の誕生日を迎えられ、会見では、小室眞子さんの結婚の経緯について述べられた。

一方、眞子さんの夫・小室圭さんが2021年、不合格となったニューヨーク州の司法試験が始まり、注目を集めている。

23日、62歳の誕生日を迎えられた天皇陛下。

皇居の宮殿では、祝賀の儀が規模を縮小して行われた。

誕生日に先立ち、天皇陛下は記者会見に臨まれ、2021年10月に結婚した、めいの小室眞子さんについて、次のように言及された。

陛下「結婚についてさまざまな意見があるなど、結婚に至るまでの状況をふまえ、納采の儀は秋篠宮家の判断で、また、朝見の儀などについては、私の判断で執り行わないこととなりました。今後、幸せな人生を歩んでいってほしいと思いますが、同時に、この間、多くの方に心配をおかけすることになったことを心苦しく思っています」

眞子さんの結婚をめぐって、「多くの人に心配をかけたことを心苦しく思う」と述べられた陛下。

皇室の在り方については、「国民と心の交流を重ねていく中で。国民と皇室の信頼関係が築かれていくものだ」との考えを示された。

また、眞子さんの結婚をめぐる週刊誌報道や、インターネット上の書き込みについての質問には、表現の自由は、誰もが尊重すべきものだとしたうえで、こう言及された。

陛下「一般論になりますが、他者に対して意見を表明する際には、時にその人の心や立場を傷つけることもあるということを、常に心にとどめておく必要があると思います。他者の置かれた状況にも、想像力を働かせ、 異なる立場にあったり、異なる考えを持つ人々にも配慮し、 尊重し合える寛容な社会が築かれていくことを願っております」

陛下は、このように語られるとともに、「皇室に関する情報をきちんと伝えていくことは大事なことと考えています」と、異例の言及をされた。

眞子さんの結婚をめぐっては、夫の小室圭さんの母親の金銭トラブルをめぐる週刊誌の報道などにより、眞子さんが、複雑性PTSDと診断されたことが公表された。

眞子さん(2021年10月)「誤った情報が、なぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、いわれのない物語となって広がっていくことに、恐怖心を覚えるとともに、つらく悲しい思いを致しました」

結婚後は、アメリカ・ニューヨークで新生活を送っている小室夫妻。

2021年7月、圭さんはニューヨーク州の司法試験に臨んだが、不合格となっていた。

こうした中、22日から、ニューヨーク州で司法試験が始まり、小室さんも再び受験したとみられる。

ニューヨーク州司法試験委員会によると、2021年の試験では、初めて受験した人の合格率は76%、2回目以降の合格率は23%となっている。

試験結果は、2022年4月末ごろに発表される予定。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事