ライフ・ビヨンド。 土星の衛星タイタンに地球外生命体の謎の証拠が発見される | スペースドキュメンタリー

土星最大の衛星、タイタンの表面へようこそ! 🌍 土星に住む人なら誰でも知っている、土星に住む人なら誰でも知っている。木星の衛星ガニメデに次いで、太陽系で2番目に大きな衛星で、直径は水星や冥王星をもしのぐほどです
土星最大の衛星タイタンに生命体が存在する可能性を科学者が発見!
タイタンは、窒素を多く含む非常に厚い大気と、硬い氷の層の下にある塩水の海を持ち、私たちがこれまでに発見した中で最も地球に近い世界です。
さらに、タイタンは土星の衛星でありながら、雲、雨、川、湖、さらには地下の塩水海など、惑星としてのすべての属性を備えています。
生命に適した異星人の世界を探すことは、科学者の長年の関心事であった。火星に注目が集まりがちですが、太陽系には火星よりももっと面白い世界があることが分かってきました。
カッシーニ宇宙船から得られた今日の科学者が入手できる情報は、タイタンに生命が存在するというバージョンの存在を認めているのです
タイタンについて驚くべきことが分かってきましたが、この衛星にはまだ多くの疑問が残っています。

🔥 注意点として、動画はSUNDAYSの18時に公開されます。

————————-

土星の衛星タイタン 💥。
– 1655年3月25日にオランダの天文学者クリスチャン・ホイヘンスによって発見されたタイタンは、ギリシャ神話の古代の神々から名付けられた、土星の最も興味深い衛星で、太陽系で2番目に大きく、濃い大気を持つ唯一の衛星である。
土星最大の月の正体は、探査機カッシーニが巨大惑星系を訪れ、タイタンを127回接近飛行するまで謎のままだった。
“カッシーニ “は2005年に欧州宇宙機関のホイヘンスという小型着陸探査機もタイタンに送り込んでいる。この探査機によって、タイタン表面の秘密が解き明かされたのです。
この月の大きさは、太陽系の惑星に匹敵するほどです。直径は5151kmで、水星(4879km)より大きく、火星(6779km)よりわずかに小さく、月より50%近く広い。
タイタンの質量は1.345×1023kgで、私たちの惑星の質量の45倍もない。土星の衛星は、木星のガニメデに次いで、太陽系で2番目に質量が大きい。
その大きさと重さにもかかわらず、タイタンの密度はわずか1.88g/cm³と低密度。ちなみに、親惑星である土星の密度は687kg/m³である。
科学者たちは、衛星に弱い重力場があることを突き止めました。タイタンの表面の重力は地球のパラメーターの7倍弱く、月の重力1.62に対し、衛星の表面は1.35とほぼ同じです。
タイタンの特徴は、宇宙空間におけるその位置にあります。土星最大の衛星は、土星の環領域の外側にある親惑星を、秒速5.5kmの楕円軌道で公転している。
また、タイタンと土星表面との平均距離は122万kmです。太陽から14億3000万kmの距離にあり、これは私たちの中心星と地球との距離の9.5倍にあたる。
そのため、タイタンに太陽光が届くには約80分かかり、距離が離れているため、この月の太陽光は地球の約100倍も弱いのです。

————————-

🎬 今日の番組で。
– 00:00 – はじめに
– 03:00 – 土星の衛星タイタンの特徴
– 09:33 – タイタンを探査するために、どのような宇宙ミッションが実施されたのでしょうか?
– 16:15 – タイタンは地球に似ている?
– 17:15 – 窒素を主成分とする厚い大気
– 26:10 – 原始地球のような表面
– 31:47 – 地形の多様性
– 36:18 – 季節の雨
– 38:30 – 大容量リキッドリザーバー
– 45:31 – タイタンに生命は存在するのか?
– 55:30 – 生命の起源にふさわしい神秘的なクレーター
– 58:30 – タイタンでの人類の植民地化は可能か?
– 01:05:30 – タイタンの未来はどうなるのでしょうか?

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事