4630万円誤送金「ネットカジノに全額使った」 町長「許せない」と怒り心頭(2022年5月17日)

 町長は「許せない」と怒り心頭です。山口県阿武町で給付金4630万円が誤送金された問題で、関係者によりますと、男性が全額を「ネットカジノに使った」と話していることが分かりました。

 町長は“納得”できません。

 阿武町・花田憲彦町長:「(きのうの会見は)もうお金が消費してしまった。そしてまた財産がないというようなニュアンスの言葉だと思っておりますが、『はいそうですか、断念します』というふうなことは全く思っていません」

 阿武町で給付金4630万円を1人の男性に振り込んでしまった問題。男性の弁護人は16日、「財産的価値のあるものが残っていない」と説明しました。

 一方で関係者によれば、男性は「全額をネットカジノに使った」と話しているといいます。

 男性(関係者によると):「数社のネットカジノを使った。4月8日に町の職員と銀行に行くまでの間は満額あった。(金は)それ以降に使った」

 阿武町・花田憲彦町長:「(Q.男性がカジノで使ったことについては?)先ほどテレビでオンラインカジノという話がありました。(もしそうなら)あれだけ大きな金がいっぺんに消費されるということはなかなか考えにくかったわけですから、そういうこともあったのかなと。それがもし事実であれば、許せないなという気持ちは一般論としてですよ」

 住民も困惑しています。

 住民:「全部(カジノで)すっちゃったんですかね」「(Q.ネットカジノで使ったということだが?)使い切るわけないよ。10日や20日で」

 もし価値のあるものがないとしたら、男性に返済の義務はあるのか。男性が使ったことを認めたという前提で、専門家に話を聞くと・・・。

 弁護士・大澤孝征氏:「(Q.(男性が使用を認めたとしたら)返済の義務はあるのか?)当然ですね。自分がたまたま手に入ったものを自分のために使ったわけですから、これは法律的には完全な横領行為ということで(事実だとすれば)犯罪行為そのものですよ」

 ただ、自己破産すれば民事上の返済義務はなくなるといいます。

 弁護士・大澤孝征氏:「果たして、この事件を民事だけで終わらせていいのかなというのはずっと思っている。(捜査機関が)こんなにモタモタしているのは信じ難い」

 男性の弁護士によれば、山口県警はすでに任意の事情聴取をしているといいますが・・・。町側には伝わってなかったといいます。

 阿武町・花田憲彦町長:「(Q.任意で出頭していたと知ったのは?)任意で・・・きのうの(男性の)弁護士さんのお話です」「(Q.早めに警察に届け出などしていれば銀行に強く介入できたのでは?)私ども、できる限りの強制力を持たないなかで一生懸命やっておりましたし・・・」

 花田町長は「民事での裁判のなかで事実関係を明らかにしたい」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事