ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=56801 / CC BY SA 3.0

#ナチス・ドイツ
#ドイツの歴史
ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。
社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。
1939年9月1日にポーランドに侵攻しヨーロッパにおける第二次世界大戦を引き起こすも、戦況の悪化の末ヒトラーが自殺し、1945年5月に連合国軍に敗北、解体され滅亡した。
1933年1月30日、ヴァイマル共和政のパウル・フォン・ヒンデンブルク大統領により、ヒトラーはドイツ国首相に任命された。
まもなく大統領令と全権委任法によって憲法を事実上停止した上に、対立政党の禁止や長いナイフの夜による突撃隊粛清などにより政治的敵対勢力を全て抹殺し、ヒトラーを中心とする独裁体制を強固にした。
一方で、政府は組織的かつ協力的な組織ではなく、ヒトラーの情実及び権力を求めて闘争を行う党派の集合体であった。
1934年8月2日のヒンデンブルク死後、ヒトラーは首相府及び大統領府並びに両権限を統合した上に個人として国家元首の権能を吸収し、名実ともにドイツの独裁者になった。
国家元首となったヒトラーの地位は日本語で総統と呼ばれる。
世界恐慌の影響でドイツ経済はどん底となり、大量の失業者があふれていたが、多額の軍事支出を始めとする公共投資により、重工業を中心とする産業が伸長し、1935年にはほぼ完全雇用を達成した(ナチス・ドイツの経済)。
人種主義、特に反ユダヤ主義は、同政権の中心的特徴であった。
ゲルマン人(北方人種)は、最も純粋なアーリア人種ひいては支配人種だと考えられた。
自由主義者、社会主義者、共産主義者は、殺害、投獄又は国外追放された。
キリスト教会もまた多くの指導者が投獄され、抑圧された。
教育は人種主義見地により、人口政策、健康に重点が置かれた。
女性の就業及び教育機会は奪われた。
娯楽及び旅行は歓喜力行団のプログラムにより組織化された。
宣伝大臣のヨーゼフ・ゲッベルスは世論操作のため、映画、大規模集会、ヒトラーの洗脳演説を有効活用した。
政府は芸術的表現を統制し、特定の芸術形式を奨励し、それ以外は頽廃芸術として禁止又は抑圧した。
1936年夏季オリンピックにより国際舞台で、ドイツがナチ党の唱える理想国家である「第三帝国」であるとアピールされた。
ナチス・ドイツは次第に積極的な領土要求を行い、要求が満たされなければ戦争を行うと脅迫した。
1938年及び1939年には、オーストリア及びチェコスロバキアを占拠した。
ヒトラーはヨシフ・スターリンと条約を結び、1939年9月にポーランドに侵攻し、ヨーロッパにおける第二次世界大戦が勃発した。
イタリア王国及び東欧諸国と同盟を結び(枢軸国)、1940年までにドイツはヨーロッパの大部分を制圧し(ドイツによるヨーロッパ占領)、イギリスを脅かした。
1941年のソビエト連邦へのドイツの侵攻開始後、ドイツとソ連は壮絶な独ソ戦の死闘を繰り広げた。
東部占領地域は残忍な勢力下に置かれ、ヒトラーの統治に対する反対勢力は情け容赦なく抑圧された。
この戦いの最中、ナチス・ドイツ政権の人種政策は、何百万ものユダヤ人及び好ましくないと見なされた「生きるに値しない命」を強制収容所及び絶滅収容所へ投獄、殺害したホロコーストにおいて頂点に達した。
1943年にドイツは大規模な軍事的敗北を被った。
1944年にはドイツへの大規模な爆撃が段階的に増大したことと、連合国軍の反攻によりドイツの勢力圏は縮小の一途をたどった。
6月のフランスへの連合国の侵攻後、ドイツは完全に守勢に回り、領土も次第に制圧された。
終戦間際でのヒトラーの敗北への拒絶は、ドイツ国土の大規模な破壊と、さらなる犠牲を産むことになった(ネロ指令)。
ベルリン攻防戦が行われる最中の1945年4月30日のヒトラーの自殺によってナチス政権は事実上崩壊し、5月9日、ドイツ国防軍による降伏が行われた(欧州戦線における終戦 (第二次世界大戦))。
ヒトラーに指名されたカール・デーニッツらのフレンスブルク政府は正当性を否認され、6月5日、 ベルリン宣言によりドイツに中央政府が存在しないことが確認され、ドイツは法的にも占領下に置かれることとなった(連合軍軍政期 (ドイツ))。
戦勝した連合国は非ナチ化政策を開始、多くのナチス指導者は戦争犯罪人としてニュルンベルク裁判などの非ナチ化裁判の公判に付された。
正式な国名は、帝政時代およびヴァイマル共和政時代...

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事