【現地から中継】北京五輪 異例の開会式へ 開幕直前...“厳戒態勢”

北京オリンピックの開会式が、いよいよ4日夜に行われる。
北京の会場周辺は、どんな様子なのだろうか。

中国・北京から中継で、フジテレビ・木村拓也キャスターがお伝えする。

3日よりも天気が快晴だが、気温がとても低い。

まもなく開会式が行われるが、その会場が、いわゆる「鳥の巣」。
2kmほど、歩いて10分ほどのところだが、これより近づけない。

生中継で外からお伝えするには、おそらく一番近いとみられる。

これより中には、青い仕切りがあって通れず、さらにその奥に柵が二重になっていて、それ以降は巡回のバスでしか移動できない。

われわれは外に出られない状況で、それだけ厳戒態勢となっている。

4日の開会式は、さらに警備も厳しくなっている。

黒いダウンジャケットと帽子をかぶった人がいるが、常に目を光らせている人が何人もいて、さらに、カメラのようなものも確認することができる。

まさに厳戒態勢の開会式。

そして、出演者の人数も少なくして、開会式の時間も短くする、異例尽くしの開会式ということになるが、異例なのはそれだけではない。

例えば、聖火リレーも異例。

今回、3日間しか行われない超短期集中。

あとは、水の中に入っていく水陸両用のロボットで、水から出して次の走者にバトンタッチということもあった。

今回、3日間で、4日が最終日になるため、4日、また北京市内のバブル内、わたしたちがいるところに入って来て、「鳥の巣」に行くことになる。

さらに、また別に異例なものもある。

全身、防護服を着ている人は、バーテンダー。

世界各国のメディアが宿泊するホテルでのバーテンダー。

それからルームサービス。

これも感染対策ということで、防護服を着用して行うという。

本当に厳戒態勢・感染対策もばっちりというような中で迎える、4日の開会式ということになる。

異例尽くしのこの開会式は、日本時間で午後9時から。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事