スマホでワクチン接種証明 政府のアプリ運用開始(2021年12月20日)

 新型コロナウイルスのワクチン接種をスマートフォンで証明できる政府の「接種証明書アプリ」の運用が20日、始まりました。

 デジタル庁が開発した接種証明書アプリは20日からダウンロードできるようになりました。

 スマホでマイナンバーカードを読み取り、自分がワクチンを接種した市区町村を選ぶと接種証明書の発行が可能となります。

 ただ、接種記録システムでは今月16日時点でおよそ1億件のデータのうち、接種日やワクチンの種類など10万件に誤りがあり、自治体が修正を急いでいます。

 政府のワクチン・検査パッケージでは、緊急事態宣言でも2回の接種済みが証明できれば5人以上の会食が許可され、イベントの人数制限もなくなりますが、登録に必要なマイナンバーカードの普及率はおよそ4割にとどまっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【米国株-今晩のチャンス銘柄】アメリカ株、大暴落の先は? 昨日のアメリカ市場は、NYダウは1,100ドル以上下落するなど、大暴落となった。この先どうなるのか?この相場でどんな売買ができるのか、考える。
未分類
【米国株-今晩のチャンス銘柄】アメリカ株、大暴落の先は? 昨日のアメリカ市場は、NYダウは1,100ドル以上下落するなど、大暴落となった。この先どうなるのか?この相場でどんな売買ができるのか、考える。
この動画では、アメリカの個別銘柄、NYダウなどの主要3指数、金や原油などの商品先物など、グローバルな金融商品を広く見渡しながら、投資のチャン...