日本3大朝市「輪島の朝市」が跡形も無く…地震による火災で約4000平方メートル消失

輪島市の上空です。辺り一面黒く焼け焦げた建物が広がっています。上空から見渡すと、かなり広い範囲が火災の影響を受けているのが分かります。

1日石川県輪島市で発生した火災は、2日午後3時現在ほぼ鎮火されました。現在一部でまだ消火活動が行われています。

輪島市によりますと焼失面積はおよそ4000平方メートルに及ぶということです。消防によりますと、きのうは海や川から水を給水しながら消火活動を行ったと言うことですが、地震の影響で必要な消防車が駆けつけることができなかったということです。

現場は日本3大朝市で有名な輪島朝市通りの中心部でした。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事