南野陽子が元カレ・東山紀之にゴミ置き場に捨てられた鬼畜の所業に震えが止まらない…『ジャニーズ』の闇の力で記者達を制圧し交通事故を隠蔽した真相に恐怖した…

みなさん、昭和ロードショーのお時間です🎞

今回の上映する人物は、南野陽子さん。

女優や歌手として活躍している、南野陽子さん。

「ナンノ」という愛称で大ブレイクした南野陽子さん。

18歳の誕生日である1985年6月23日に「純だね、陽子」

「可憐だね、陽子」のキャッチフレーズので、

「恥ずかしすぎて」で歌手デビューも果たし、

このときに講談社の週刊少年マガジン「DELUXEマガジン」で

いきなり36ページの巻頭ページを飾るほどの人気だったのです。

南野陽子さんと言えば、スケバン刑事です。

1985年11月、フジテレビ系ドラマ「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」で

主人公の2代目「麻宮サキ」役を演じ、南野陽子さんは

一躍トップアイドルの座を獲得したのです。

さらに1986年3月発売の写真集「陽子をひとりじめ」では、

それまで最高に売れたと言われる薬師丸ひろ子さんの記録を抜き、

女性アイドルの写真集の発行部数でトップとなったのです。

出演ドラマ、CMもヒットし、「10代の女神」と称されるなど

当時のティーンエイジャー層に絶対的な人気を誇りました。

そんな南野陽子さんの

東山紀之さんとの破局理由について紹介します。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事