「日本の皆さん、こんにちは!」『バーフバリ 王の凱旋』ディーヴァセーナ役アヌシュカ・シェッティ コメント入り予告編

2016年にインド映画史上歴代最高興収&全米映画ランキング第9位の快挙を達成したアクション・エンタテインメント『バーフバリ 伝説誕生』の続編。

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。

『バーフバリ 王の凱旋』
2017年12月29日(金)より新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国順次ロードショー
監督・脚本:S.S.ラージャマウリ
出演:プラバース ラーナー・ダッグバーティ アヌシュカ・シェッティ サティヤラージ ラムヤ・クリシュナ タマンナー ナーサル
配給:ツイン

【ストーリー】 遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

© ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

—————————————————

映画情報サイト「ムビッチ」
https://moviche.com/

公式Twitter
@moviche_com
https://twitter.com/moviche_com

公式Facebook
@movichecom
https://www.facebook.com/movichecom/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事