【長野“立てこもり発砲”】大切なものは「命」と「金」  青木容疑者の人物像とは…

長野県中野市で4人が死亡した立てこもり発砲事件。逮捕されたのは市議会議長の息子、青木政憲容疑者(31)でした。近所の住民によると、男は大学を中退後、地元に戻り農業を始めたということですが、この頃には、活発だった人柄は一転していたといいます。

市議会議長を親に持つ青木政憲容疑者(31)。中学校の卒業文集ではこうつづっていました。

青木容疑者の卒業文集
「この世の中で最も大切なものは『命』だと思います。では、二番目は何かと問われたら私は間違いなく『金』と答えるでしょう」

青木容疑者の幼少期を知る人は…

近所の住民
「(小学生の頃)野球に打ち込んでとてもいい子どもでした」
「結構頑張り屋の子。野球やってたし、獅子舞もやってた。『政憲頑張れよ』って言ったら『はい!はい!頑張ります!』 って」

小中時代は、活発で野球に打ち込んでいたといいます。高校は、県内の進学校に入学。

近所の住民
「高校の人が言うには、とてもいい人だった。親切で気配りがあって」

その後、県外の大学へ進学したといいますが…

近所の住民
「大学で中退。3年か4年(卒業)ギリギリくらいで帰ってきたんじゃないかな」

近所の住民によると、青木容疑者は大学を中退し地元に戻ってきたといいます。その後シャインマスカットの栽培など、農業を始めたといいます。ただ、この頃には、活発だったという人柄は一転したといいます。

近所の住民
「おとなしくてしゃべらない。挨拶できないなと思って私は見ていた」
「無愛想ですよ。会話しないんですよ、あの子」

最近は“しゃべらない人だった”と近所の人は口をそろえます。

一緒に農作業していた人
「我々と一緒に仕事しても全然話しないし、無視。本当にしゃべらないから、ちょっと変わった人だなとは思った」

一方で、家族との仲は、悪くなかったようです。市議会議長の父・正道さんは約半年前、現職の議員にこう話していました。

市議会議員
「(市議長が)『息子が農業やってくれてありがたいな』と。去年の秋ぐらいですかね、聞いたことある」

一緒に農作業することもあったという親子。ただ、事件直後に正道さんと話したという人は…

事件直後 青木容疑者の父と話した人
「(事件当時)偶然議長さんが車で帰ってきたんですよ。『なんかあったの?』って声かけられて。『まさかうちの子じゃないだろうな』と話していた。頭抱えて、その場でしゃがみこんでいましたね」

中野市は26日夕方、父・正道さんの議員辞職を発表しました。正道さんは事務局に対し、『こんなことになって申し訳なかった』と謝罪したということです。

青木容疑者の動機はなんだったのか。亡くなった住民の村上さん、竹内さんとの接点はまだわかっていません。近所の住民によると、村上さんが青木容疑者の母親がやっているお花の教室に通っていたという情報もあります。

近所の住民
「容疑者のお母さんが花の先生やっている」
「(通っていたのは)村上さんだけかな。通っていたらしい」

さらに、村上さんは竹内さんと一緒に、よく現場周辺の道を散歩していたといいます。

近所の住民
「いつも楽しそうに仲が良かったと思う。しゃべってるとすぐわかるから。大きな声だから」

警察は、青木容疑者が亡くなった4人全員の殺害に関与しているとみて捜査。今後、動機の解明などが進められる方針です。
(2023年5月26日放送「news every.」より)

#事件 #長野県 #中野市 #立てこもり #日テレ #newsevery #ニュース

📌チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCuTAXTexrhetbOe3zgskJBQ?sub_confirmation=1

◇日本テレビ報道局のSNS
Twitter https://twitter.com/news24ntv
TikTok https://www.tiktok.com/@ntv.news
Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24
Instagram https://www.instagram.com/ntv_news24/

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP
https://news.ntv.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事