悲劇の組長・渡辺芳則

五代目山口組組長、渡辺芳則。

渡辺は異例の若さで山口組トップに上り詰め、
若頭の宅見と共に、五代目の山口組をまとめてきました。

しかし途中で若頭の宅見勝が、中野会に襲われ帰らぬ人となり、
最終的に渡辺も組長の座を自ら降り、堅気に戻りました。

基本的にヤクザの組長は晩年まで組長で居続けることが多い中、
自ら辞めるというのは異例のことです。

この引退の裏には悲しい現実があったと言われています。

今回は、渡辺組長の五代目引退の真相、人柄、
そして震災でのエピソードについて触れてみたいと思います。

====================
※コンプライアンスの関係で、
所々隠語を使ったりあえて平仮名表記にしている部分があります。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事