韓国調査船が竹島周辺を航行 菅長官「強く抗議」(19/02/19)

菅官房長官は島根県竹島周辺の日本の領海内で韓国の海洋調査船が活動していたとして、韓国政府に抗議したことを明らかにしました。 菅官房長官:「韓国側には外交ルートを通じて本件調査船の航行について説明を求めるとともに、仮に調査活動を行っているのであれば我が国の同意のない調査活動は認められないと強く抗議しました」 菅長官によりますと、韓国の海洋調査船は15日と17日午後から18日にかけて、竹島周辺の日本の領海内を航行していました。警戒にあたっていた海上保安庁の巡視船が注意喚起し、18日に領海を出たということです。日韓関係は、徴用工問題や韓国の国会議長の慰安婦問題を巡る発言などで悪化が続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事