【ゆっくり解説】クマ避けの笛のはずが逆におびき寄せてしまい…戦後最悪の熊害事件「十和利山熊襲撃事件」

十和利山熊襲撃事件は、2016年 (平成28年) 5月から6月にかけて、秋田県鹿角市十和田大湯(の十和利山山麓で発生した熊害だ。
ツキノワグマがタケノコ採りや山菜採りに来ていた人を襲撃し合わせて4人が死亡、4人が重軽傷を負ったほか、5人がクマを撃退して無傷だったぜ。

日本では記録に残るものでは史上3番目の被害を出した獣害事件と言われているほか、本州においてはやはり記録に残るものでは最悪と言える獣害事件である。被害者を襲ったクマや食害したクマを複数確認しており、クマによる襲撃事件では稀なケースだったぜ。

____________________

ゆっくり災難資料館【裏】は、過去に起きた悲惨な事故について解説するチャンネルです。
過去の事故を通して「あの時こうしてれば助かった」といった教訓や、
事故の回避方法などの教訓・豆知識・雑学を取り上げています。

もしも興味があれば、是非チャンネル登録をお願いします。▼
http://www.youtube.com/channel/UCuPuxHDxM7eCIb5_Vw_NwqA?sub_confirmation=1

____________________

【お願い】
当チャンネル「ゆっくり災難資料館【裏】」で、取り上げてほしい事故や事件がある場合、是非気軽にコメント欄で教えてください。出来る限り要望にお応えさせて頂きます

※動画での事故や死を取り扱う内容は、関係者を冒涜したり、その行動を助長したり、それに対する意見を提示するといった意図はございません。

あくまで過去の事故事例を知ることで
「今後似た場面でどのように行動するべきか」
「どのように活かしていくのか」
という点にフォーカスをあてた、教育的コンテンツとして作成しております。

#ゆっくり解説 #ゆっくり #悲惨な事故

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事