東海環状道の正面衝突事故 岐阜市の夫婦死亡 もう一方の車の18歳女子高生が意識不明の重体 両親も大けが(2022/8/12)

11日、岐阜県富加町の東海環状道で、乗用車同士が正面衝突し、男女2人が死亡、女子高校生1人が重体、2人が大けがをしました。

11日午後5時過ぎ、富加町大平賀(おおひらが)の東海環状自動車道で、乗用車2台が正面衝突しました。

この事故で、乗用車を運転していた岐阜市の島幸夫さん(64)と助手席に乗っていた妻の淳子さん(53)が死亡しました。

また、もう一方の乗用車を運転していた愛知県豊川市の男性(48)が、腕などの骨を折る大けが、同乗していた妻(48)がろっ骨などを折る大けが。娘で18歳の高校生が頭を強く打ち、現在も意識不明の重体です。

現場は片側1車線の対面通行で、警察が事故の原因を詳しく調べています。

------------------
■そのほかの東海地方のニュースは「CBC NEWS DIG」にて配信中。
https://newsdig.tbs.co.jp/list/news/cbc

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。
https://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv

■東海地方のニュース・速報 配信中
https://twitter.com/cbctv_news

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事