爆買い☆スター恩返し 田中圭&中村獅童&中山秀征が挑戦!3時間SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

爆買い☆スター恩返し 田中圭&中村獅童&中山秀征が挑戦!3時間SP[字]

田中圭が三軒茶屋で100万円爆買いリベンジ!前代未聞の寿司と焼肉同時爆食い▽中村獅童は生まれてから今も住む方南町で息子&妻と挑戦▽中山秀征は兄が参戦!

番組内容
「地元に恩返しを!」を合い言葉に、芸能人が地元でご当地グルメや特産品を爆買いして恩返ししていくドキュメント旅バラエティー番組!スタジオMCはハライチの澤部佑。スターたちの豪快な爆買い旅をスタジオゲストとともに見届ける。今回は爆買いチャレンジャーとして田中圭、中村獅童、中山秀征が登場!

田中は番組2回目の登場で、下積み時代を過ごした三軒茶屋に!前回惜しくも目標金額100万円まで8万円届かなかった
番組内容2
ことが相当悔しかったらしく、リベンジに燃えている田中は「前回の金額より低かったらリベンジにならない!」と自身の要望により、爆買い金額100万円に決定!どんな手を使ってでもリベンジを果たしたい田中の奇策にスタジオ仰天!
一方、中村は住み続けて50年、東京都杉並区方南町で爆買いチャレンジ!方南町駅を中心とした半径300メートルの範囲内という番組史上最も狭いエリアで70万円の爆買いに挑む!また、昭和を
番組内容3
代表する名レスラー、ザ・コブラが参戦し2人で絶品ずしを爆食!一体いくらになる?
そして、中山は生まれ故郷・群馬県藤岡市に凱旋(がいせん)。中学3年生で単独上京。瞬く間にブレイクしたため、一度も同窓会に参加できなかったという中山のために同級生たちが初めての同窓会を企画!
芸能人の知られざる意外なルーツや素顔が見えてくる。スターたちの大盤振る舞いの一部始終をお見逃しなく!
出演者
【MC】
澤部佑(ハライチ) 
【爆買いチャレンジャー】
田中圭、中村獅童、中山秀征 
【スタジオゲスト】
井森美幸、佐藤新(IMPACTors/ジャニーズJr.)、高田夏帆、長谷川忍(シソンヌ)、莉子、守屋茜
スタッフ
【編成】
田村優介 
【演出】
千頭浩隆 
【プロデューサー】
渡邊正人 

【制作】
IVSテレビ

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – ゲーム

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 獅童
  2. 中山
  3. 従業員
  4. 爆買
  5. スタッフ
  6. 澤部
  7. 万円
  8. 一番
  9. 長谷川
  10. 野間口
  11. ハルキ
  12. ホント
  13. コブラ
  14. 女性
  15. 会田
  16. 英恵
  17. 方南町
  18. 安藤
  19. 井森
  20. 成哉

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥1,483
(2022/08/12 14:18:51時点 Amazon調べ-詳細)

[最初の爆買いに 挑むのは…]

[東京 23区の 西にある…]

[今でも暮らしている
スターは…]

≪はっ? はい。

(スタッフ)おはようございます。
(スタッフ)おはようございます。

(澤部)
おもくそ ピンマイク ついてる。

風防も ついてましたから。
ちゃんと ロケ用に。

おもくそ 準備はね。

(澤部)初ですよね ほぼ それも。

[8歳から 舞台に立ち

映画や 大河ドラマにも

精力的に 出演する…]

(スタッフ)何ていう場所に
なるんでしょうか?

(獅童)丸ノ内線の。

(獅童)一応 ちょっと…。

ラーメンとかさ。

(長谷川)ああいうの いいっすね。

(獅童)ハル。
変な人たち 来たんだけど。

ハル。
≪(ハルキ)はい。

(スタッフ)こんにちは。

(獅童)長いな。

(獅童)そうなの?

微妙だな おい。

(獅童)70万円?

(スタッフ)70万円です。

ちょっと。

[中村 獅童の 古里。 方南町は

東京メトロ 丸ノ内線で

新宿駅まで 電車で およそ 10分]

[交通の便が よく
家賃も 手ごろなため

若者から ファミリーまで
幅広い世代の人々が 住んでいる]

[昭和28年に 誕生した

下町風情が残る 商店街がある
この町で

今回 方南町駅を 中心に

半径 300m以内という

激狭エリアを 舞台に

爆買いに チャレンジ]

[中村 獅童は 一日で

70万円 使いきることが
できるのか?]

(一同)えーっ?

[最初の作戦は…]

(獅童)うーん。 方南町。
そうそう。 結構…。

(獅童)ちょっと もう。
そこ 行こう。

[早速 爆買い スタート]

[すると…]

(獅童)食べたの?

(英恵)あっ。 えっ?

(英恵)いや。 あのう。

(獅童)ラーメン 嫌い? 好き?

(獅童)じゃあ 行こう…。 ハル。
(ハルキ)ハル君は

ちょっと 撮影してるから。
(獅童)みんな 行こう 行こう…。

(獅童)手 つないで。

[スタート地点から
歩くこと およそ 50m]

(獅童)ここ ここ。
(スタッフ)近いですね。

(獅童)近いよ。
ちょっと待ってて。

こんちは。
中村 獅童ですけど。

爆買いツアーで 撮影
やらしていただいて いいですか?

(スタッフ)OKですか?
(獅童)はい。

[方南町は 個性的な
ラーメン店が 増えている

新たな ラーメン激戦区として
注目されており

中でも ラーメン好きの 獅童が

今 はまっているのが…]

[食べログ TOKYO ラーメン
百名店 2020に 選ばれるほどの

人気店。
さあ 幾ら 使える?]

(獅童)この 3つですよね。
(上條)そうですね。

(獅童)潮? 醤油?
醤油が いいか。

(英恵)リイちゃん 醤油が いい。
(獅童)じゃあ ハル君も 醤油。

(英恵)すごい…。

(英恵)ハル君パパ
ハル君パパって。 ねっ。

(獅童)食券 買いましたよ。

(澤部)誰に 剣 向けてんだ?

(獅童)よかったね。
リイちゃん 会えてね。

(獅童)すごい 偶然。 何かの…。
これ…。

(英恵)よかったね。
(スタッフ)芸能人が

普通に ご近所付き合い
するもんなんですか?

(スタッフ)ご本人が?
(英恵)はい。

(獅童)ハル。
ちゃんと 手で持ちなさい。

(英恵)ホントです。 ホントに。

(獅童)卵が入ってる。

(獅童)カメラに向かって
やったって しょうがない。

(澤部)リイママ…。

(英恵)おいしい?

(獅童)どう? 吸って 吸って。

(スタッフ)ハルキ君。
お味は どうですか?

[ハルキ君たちが 頼んだ
特製 貝節醤油そばは

ハマグリ アサリ ホンビノスガイを
じっくり 煮込んだ 貝だしと

かつお節 さば節などから 取った
魚介だしを 合わせた

多重の味が 押し寄せる
スープが 特徴]

(英恵)緊張してる。
(獅童)緊張するよね こんな急に。

(上條)すいません。
お待たせしました。

[続いては 夏限定の
冷やし つけ麺]

(上條)わさび 途中で
お好みで お使いください。

(獅童)わさび?
(上條)はい。

(獅童)うーん!

(獅童)見た目ほど
ぬるぬるしてないよ。

[夏季限定…]

[ヒラコ カタクチイワシ
いりこ アジの煮干しを 使った

魚介 凝縮スープに

昆布水が入った 麺と
一緒に 食べることで

魚介の味を ふんだんに味わえる
一品]

仕事が 休みの日にさ
3軒ぐらい 回ってんだよ。

(上條)そうです。 はい。

(獅童)うわーっ!

[ママ友と 合計 4杯の
ラーメンを 爆食い]

[いったい お幾ら?]

(上條)ちょうどです。

(獅童)ごちそうさまでした。
(上條)ありがとうございます。

(英恵)すみません。
(獅童)いいえ。

(獅童)だからさ…。

(獅童)おうちの…。

(リイ・英恵)バイバイ。
またね。

(獅童)リイちゃん ありがとう。
(リイ)またね。

(獅童)和泉青果。 ここは

昔っから ある
八百屋さんなんですけど。

(獅童)お店を そのままに。
だから…。

(獅童)全然 大丈夫なの?

[地元の人から 愛される店…]

[先代から 現在は
若い女性が 引き継ぎ

全国から 珍しい野菜を 取り寄せ
販売]

[さらに 野菜を使った
スムージーも]

[さあ 町の八百屋さんで
幾ら 爆買い できる?]

[すると…]

(獅童)えっ?

[ハルキ君を 見守るために
同行していた 奥さまが…]

(獅童)
189円だよ。 税込み 204円だよ。

(獅童)トマト 大 240円。 大。

(従業員)パックで?

(獅童)600円?
(従業員)600円。

[青果店で 買い慣れない 獅童を
見かねた 奥さまが…]

(従業員)よかったら 冷蔵庫から。
(サオリ)じゃあ キャベツ…。

[奥さま サオリさんの
爆買いが スタート]

[そして プロレスラーが 店の すし
全部 食べたら お幾ら?]

[さらに…]

[杉並区…]

(サオリ)マンゴー ありがたい。

(従業員)全部で? 1・2・3・4・
5・6・7・8・9・10。

11・12・13・14。

(従業員)ホントですか?

[さらに…]

(獅童)何を?
(女性)あっ。 いや。

(獅童)今晩の お野菜?

じゃあ 何か 今日…。

お願いします。

(長谷川)怖い 怖い 怖い。

(澤部)でかいんだよ 声が。

(獅童)どうぞ。 はい。
(女性)こんなに?

(獅童)はい。 どうぞ どうぞ。

[1週間分の野菜と
通りすがりの お客さんの分]

[そして スムージー 15杯]

[合計 81点で
いったい お幾ら?]

(獅童)最高記録かな?

(獅童)じゃあ これで
お願いします。

(従業員)3万円
お預かりします。

(澤部)そうなんだよね。
そう そう そう。

(莉子)もうちょっと。

[杉並区…]

(獅童)お勉強の。

(スタッフ)帰ってまいりました。

(スタッフ)方南町の スター
中村 獅童さまが…。

(スタッフ)
地元に 帰ってまいりました。

(獅童)ねえ ちょっと。

(スタッフ)違いますか?

(獅童)ここ ここ。

(獅童)何か いいっすか?
ちょっと あのう。 今日…。

[店内には およそ 1, 000種類の
文房具が並ぶ お店で

一番 お高いものは…]

(スタッフ)ハルキ君。

(ハルキ)
アンパンマン 好きだから。

(獅童)へえー。 カワイイ。
女の子だ。

(獅童)5年。 へえー。

(獅童)セロハンテープ?
(女性)はい。

(獅童)ホントに
入れてください ここに。

(獅童)いいです。

(獅童)どれ? のり?

(女性)はい。
消えるのが いいです。

(獅童)これ?
(女性)はい。

(女性)ありがとうございます。

(獅童)いえ。 とんでもない。
これだけで いいんですか?

(女性)はい。 大丈夫です。
(獅童)すいません。

(獅童)一番 高いもの。

(獅童)万年筆?

(獅童)これ お幾ら?
(従業員)1万5, 000円。

(獅童)1万5, 000円。

[すると 再び
奥さま サオリさんが…]

(獅童)太さがあるよ 太さ。

急に…。

急に 奥さま そこだけ。

[町の文房具店で
奥さんと 幾ら使える?]

[出張ゾンビを 爆買い。
いったい お幾ら?]

[中村 獅童。 地元 方南町の
文具店で 何を爆買いする?]

(サオリ)ハル君。
キッズの 先生たちにさ

「お友達と 一緒に
使ってください」って

何 使ってた?
いつも 塗り絵のとき。

[実は 先ほど
奥さま サオリさんが

ある爆買いプランを
提案していたのだ]

リイちゃんとね。

(澤部)そうですね。

(長谷川)全部 指示 出してたから。

[ということで ハルキ君が
お世話になっていた 保育園に

今 必要なものを
聞いてみることに]

(獅童)ああ どうも。 獅童ですけど
いつも お世話になってます。

(獅童)キッズさんに
お世話になってるから 何か…。

(女性)うれしいです。
(獅童)じゃあ 30ね。

ちょっと 探してみます。

(獅童)じゃあ まず これで。

[さらに 画用紙も 爆買い]

(従業員)はい。 分かりました。
(獅童)取りあえず これ。

[町の文房具店で
万年筆に 塗り絵]

[さらに ハルキ君が通った
プリスクールに

お絵描きセットを 爆買い]

[合計 148点で
いったい お幾ら?]

(獅童)おおー。
(従業員)わあ。 うれしい。

(獅童)恩返しですよ。
秀文堂 もう。

(従業員)ありがとうございます。
(獅童)ありがとうございます。

やったね。 やった やった。

[ここで…]

(ハルキ)かぶきが…。
(サオリ)あっ。 ホントだ。

(獅童)ホントだ。

(従業員)ずっと 売れて 売れて。
(獅童)そんな売れてるの?

(従業員)最初
売れなかったんですけど。

[獅童が作った絵本を
2冊 爆買い]

(女性)うれしい?

[杉並区…]

[ここで…]

(獅童)ホント?

(高田)待ってたんだ。

(獅童)お肉屋さん 行こうよ。
(安藤)ホントですか?

(獅童)あれ? サオリ 会った?
(安藤)会いました。

ちらっと さっき。
(スタッフ)何さんですか?

(スミレ)スミレです。
(獅童)スミレちゃん。

(安藤)すいません。

[本屋さんから 歩いて 2分の
お肉屋さんへ]

(スタッフ)どんな お店でしょうか?

(獅童)MEAT SHOP & DELICA
SATAKEさんです。

(獅童)大丈夫ですか?
(従業員)大丈夫。

[方南町の人に
長年 愛され続けている

佐武精肉店]

[鶏 豚肉は もちろん
国産の 最高級和牛まで

25種類以上の お肉を
取り扱っている]

[さらに
こだわりの お総菜も 人気]

(獅童)はい。 特選サーロイン。
100g 1, 200円。

(獅童)お父さん…。 パパと。

(獅童)3人で。 お母さんと…。
(安藤)実家の方ですか?

(獅童)それと 別に…。

(獅童)切っちゃって いいよ。
ステーキの方が いいよね。

(従業員)10枚?
(獅童)10枚。

(大葉)えっ?

(安藤)実家に。
(大葉)一緒に。

(安藤)今ね
買ってもらっちゃいました。

(大葉)えっ!? 人数 多いけど…。

(獅童)余計だわ それ。
余計だよ。

(大葉)ホントに
ちっちゃいときから…。

(獅童)もう みんなね…。

(獅童)僕が テレビとか
映画とかに

まだ 出させていただく…。

(大葉)みんなで 若い子たちに
見せたいから来てって

浅草歌舞伎ね…。

(獅童)がらがら。
がらがら まだ。 お客さん

いっぱいに できないとき。

(獅童)がらがらだし それでも。
だから もう…。

[今や 歌舞伎の世界を
飛び越え…]

[しかし スターは
一日にしてならず]

[名門 歌舞伎一家に生まれ

幼いころから
役者の道を志していた 獅童]

[しかし 父の三喜雄さんは

廃業していたため

後ろ盾がなく
長い下積み時代を 経験]

[転機となったのは…]

[オーディションで 射止めた
ドラゴン役で 爆ブレークし

一躍 スターに]

[そのとき すでに 30歳でした]

[その後は 歌舞伎 映画

ドラマなどで 引っ張りだこ]

[今や 押しも押されもせぬ

大スターとなった 獅童ですが

その陰には 最愛の母

そして 町ぐるみの応援が
あったのです]

[澤部さん。 ご存じでした?]

(大葉)それから もう 毎年ね。

(大葉)毎年 浅草歌舞伎を
ずっとね 愛して。

(獅童)やってんじゃねえか。

(安藤)よかったね。

(安藤)すいません。

[最高級和牛の
サーロイン 10枚]

[さらに 豚バラ肉]

[果たして お幾ら?]

(従業員)10枚 入れたから。

(従業員)10枚も…。

だいたい 最高でも
4枚 5枚。

(獅童)焼くとき…。

(獅童)いいよ いいよ。

(スタッフ)スミレちゃん どう?

(獅童)じゃあね。

(安藤)ありがとうございます。

[その夜 安藤さんの自宅で…]

(一同)いただきます。

(安藤)スミちゃん どう?

[杉並区…]

[爆買いプランを考える 獅童。
すると…]

(従業員)そのときにね
受付いて それで…。

(スタッフ)こちらは? すいません。
(獅童)ここの…。 あっ。

(従業員)大丈夫。 映さなくても…。
(スタッフ)撮影は OKですか?

(獅童)自分の この何ていうの?

(獅童)いつ 言おう。
いつ 言おうと思ったけど…。

[時計 眼鏡 宝石などを販売]

[中村家 なじみの
時計屋さんには

獅童の 亡き母の 形見の真珠が
10年間 預けられていた]

(獅童)
キャッキャ キャッキャして。

(獅童)よく 覚えてんね。

(獅童)獅童の苦労は
私の涙っつって。

自分で 帯に
刺しゅうなんかもするから

涙を つけて。
まあ それ…。

[母の思い出と
偶然 出合った 時計屋さんで

爆買い恩返しだ]

(従業員)この辺だね。
ソーラー時計。

(従業員)いいの?
(獅童)いいですよ。 買いますよ。

自分で つけます。

(獅童)ちょっと
確認してください。

(獅童)よかった。

(獅童)これ ホントに。

(スタッフ)そう 思います。

(スタッフ)ずっと 抱えてたんですね。
(従業員)そうそう。

(獅童)うれしい。

[これで 残り 43万円]

[70万円 使いきれるか?]

(獅童)だから…。

(獅童)うちの ハルキ…。 怖い。

(獅童)これは 駄目だ。

[方南町では
商店街を 盛り上げるため

様々なイベントを 開催]

[夏の時季には 長さ 40mの
ウオータースライダーを

町なかに 設置したり…]

[民家を
そのまま お化け屋敷にした

体験型イベントなどが
行われている]

[ゾンビが 方南町に あふれる
イベントもあり

獅童は 事前に ゾンビの爆買いを
お願いしていたのだ]

(獅童)ゾンビ
1・2・3・4・5・6・7・8人。

(獅童)本人に
これだけの人数の…。

[果たして…]

(獅童)あれ?

(獅童)やれよ。

(獅童)早く早く。 えいって。

(獅童)こっち こっち。
早く早く 早く早く。

(獅童)怖い怖い。 怖い怖い。

(獅童)また 来た。

(獅童)来た来た来た。

(獅童)怖い怖い 怖い怖い…。

(獅童)皆さん。
ありがとうございましたって。

(ハルキ)ありがとうございました。

[ゾンビ 8体を 爆買い。
いったい お幾ら?]

[この後 田中 圭が 三軒茶屋で
3時間 100万円に挑む]

(獅童)『超歌舞伎2022』
新橋演舞場を 皮切りに

京都は 南座 全国 四大都市で

上演させていただくことに
なりました。

初音ミクさんと
われわれ 歌舞伎

アナログと デジタルの
融合ですね。

最新技術を 取り入れての。
歌舞伎 初心者の方でも

大変 分かりやすい内容に
なってると 思いますので

ぜひ よろしく お願いいたします。
劇場で 待ってるぜ。

[中村 獅童が 杉並区 方南町で
ゾンビ 8体を 爆買い]

[お幾ら?]

(長谷川)人件費って 高いよ
やっぱり。

(男性)27万5, 000円
ちょうど 頂戴いたしました。

(獅童)もう1回。 もう1回。
どんどん どんどん。

(獅童)いけ! よし。 それで…。

(獅童)バッタリ。

ありがとうございました。

おおー。 すごい。
強かった ハル。

[さらに 獅童が…]

[方南町 活性化のために誕生した
ビール工房で

大活躍を見せた ゾンビに
方南町生まれの

クラフトビールを
振る舞うことに]

(獅童)だから ごめん。

[杉並区…]

[続いての作戦は…]

(獅童)何か 面白いこと
やってるみたいよ。

≪あっ。 ハルキさん。
こんにちは!

(ハルキ)こんにちは。

(獅童)友達になってあげる?
(おろすんジャー)ハルキさん…。

(ハルキ)なってあげる。

(おろすんジャー)
なってくれますか? ありがとう。

[方南町民なら 誰もが知る

ベビーカーおろすんジャーと
出会い…]

(獅童)やったじゃん ハル。
これ つけといてあげるよ。

困ったことがあったら
助けてって 言うんだよ。

(ハルキ)うん。 分かった。

(長谷川)おろせる。 おろせる。
おろすんですから。

(獅童)ありがとう。

(女性)暑い。

(噴出音)
(女性)悪いね。 すいません。

(獅童)涼しいよ これ。
後ろ後ろ。

(獅童)気持ちいいよね?

(獅童)あれだ。 あれ。

(従業員)さあ このピザ生地を
伸ばした後に

トッピングが 始まります。
そして 何と…。

(従業員)皆さま 今日は

オークションに
参加していただいております。

[こちらは ピザ店…]

[店頭で 手作りピザを
競り落とす

オークションを 行っており…]

[ピザが 焼きあがるまでの間で

一番 高い金額を 提示した人が
購入できるという 仕組み]

[特大ピザを お得に
買えることもあるため 大人気]

(従業員)はい。 100円。
さあ ただ今 100円から。

(従業員)200円。
ありがとうございます。

(従業員)ありがとうございます。

(従業員)2, 000円。 何と。

(従業員)3, 000円。
早くもですね。 はい。

(従業員)3, 300円。 おっと。
ありがとうございます。

いい感じの値上げ…。
ありがとうございます。

(従業員)おっと きた。

(従業員)4, 300円。

(従業員)はい。

(従業員)おおー! 4, 500円。

[通常は 平均 4, 000円で
落札されるが

子供たちの オークションバトルは
ヒートアップ]

(従業員)さあ いきましょうか。

(従業員)8, 000円。
ありがとうございます。 何と…。

(従業員)さあ 8, 100円。 何と
その最高 天井知らずにした…。

(従業員)親御さん…。

もう いいかな? もう これ以上
チーズが のらないといってます。

(従業員)9, 000円。 何と。

(従業員)9, 100。 もう…。
(ハルキ)はい!

(従業員)はい。 ちょっと待った。

(従業員)おっと 何と…。

窯に入れる前に
1万円になってしまった。

窯に入れる前に。
では 窯に入れてまいります。

ありがとうございます。

[時間は ピザが焼きあがるまでの
残り 3分]

[果たして…]

(従業員)皆さん
数字が得意なようで。 はい。

(従業員)おっと。 1万500円。
何だ この 奇跡の戦いは。

(ハルキ)はい!

(従業員)1万1, 000。
きた。 1万1, 000。

1万1, 000円。 1万1, 000円。
1万1, 000円。 10…。

(従業員)はい。

(従業員)何でやねん!
7・6・5・4・3・2・1・ゼロ。

(従業員)勝者 こちら。

(従業員)ありがとうございました。

[何とか 爆買い恩返ししたい
獅童の気持ちに応え

ハルキ君が 奮闘]

[子供たちの 白熱した戦いも
ここで…]

(一同)ありがとう!
(従業員)ありがとうございます。

(獅童)食べてくださいって。

(獅童)あの子たちも 食べてって。

(獅童)はい。 どうぞ。 はい。

[オークションで 火花を散らした
トモキ君も ピザを堪能]

(スタッフ)どうですか?

(女性)チーズ たっぷり。

(獅童)どう?

[杉並区…]

(長谷川)違う違う 違う違う。

(獅童)これは あれですよね?

(男性)ぐるぐる 回ってます。

[方南町の
町おこしの一環として

トゥクトゥクで 移動する
サービスが 行われている]

(男性)乗るときは このポーズを
してもらったら 乗れるんです。

そうです。 どうぞ。

(獅童)お願いします。

(男性)出発進行!

(獅童)バイバイ。

(スタッフ)ハルキ君 どうですか?
怖くないですか?

(獅童)どうも
ありがとうございました。

(獅童)はい。 6, 050円。
はい。 ありがとうございました。

(獅童)俺ね…。

(獅童)すいません。

(獅童)お世話になってます。

(獅童)すいません。

(会田)はい。

(獅童)すいません。
何か 変な聞き方して

申し訳ないですけど。
今日…。

(会田)一番 高いの…。

(獅童)うに。
(会田)はい。

(会田)握りだと…。

[お店で 一番 高いのは
うにだが

ハルキ君が 食べたいのは…]

(会田)取りあえず…。

(会田)はい。 かしこまりました。
(獅童)お願いします。

[創業 35年の
老舗 すし店 みやび]

[中村家 御用達で

獅童も 子供のころから
通っているという]

(獅童)ありがとうございます。
(会田)鉄火巻き。 できましたよ。

ほら。 どーんと。
(獅童)おしょうゆ。

ちょっと待って。
「いただきます」でしょ。

食べる前 何て言うの?

(獅童)おいしい?
(ハルキ)うん。

[ここで 助っ人の大男が 来店]

≪お待たせしました。

(獅童)出ました。

(獅童)ハルキです。

(長谷川)コブラさん。

(ハルキ)はい。

(獅童)YouTubeで
見たことあるよね コブラさん。

[その巨体からは 想像もできない
華麗な技で…]

[1989年には 長州 力
マサ斎藤らを 破り…]

[昭和を代表する 名レスラー]

[実は 芸能界きっての
プロレスマニアの 獅童]

[イベントで 知り合った
コブラさんに…]

[おなか いっぱいの ハルキ君]

[夜も遅いため ここで お別れ]

(獅童)あと うにも。
出会いというか…。

(獅童)「うわ。
コブラだ コブラだ」っつって…。

(獅童)タクシーだったんですよね。

(獅童)「ちょっと 君たち…」

(獅童)「いいから いいから
下がって」って言って

僕が タクシーを
こうやってやって…。

(獅童)そのころ…。

[獅童が 子供のころ憧れたスター
ザ・コブラ]

[番組史上 最強の
爆食い助っ人は いったい…]

(獅童)お願いしますよ。
(コブラ)いただきます。

(コブラ)食べにくいですね。

(コブラ)こうなるわけですね。

(獅童)うわっ すげえ。

早いわ。

(会田)はい。

(コブラ)いいの使ってくださいね。

(獅童)誰でも 知ってる。

ちょっ…。

(コブラ)何か ないですかね?
すいません。

軍艦に。

(獅童)面白い。

(会田)今 10個 いきます。

[ここから ザ・コブラの…]

(獅童)すごいわ これ。

(会田)お待たせしました。

(獅童)えっ!?
(会田)20でございます。

はい。 どうぞ。

[64歳にして この食べっぷり。
負けじと…]

(獅童)ちょっと もう それ…。

(長谷川)自分で 呼んどいて…。

獅童さん。
食ってないもんね ほぼ。

[コブラが 食べれば
大将も 握る]

[一進一退の攻防は
意外な結末に]

(会田)閉めます。

(コブラ)やった。

[何と 店中の マグロと しゃりを
食べ尽くし…]

[これは…]

(獅童)イェイ!

すごい。 さすが。

(高田)えっ!?

確かに。

[おすし 100貫を
平らげたところで

爆買い タイムリミット]

[何と 最後に ザ・コブラさんから
獅童へ…]

(スタッフ)格闘家に 見えますね。
素晴らしい。

[中村 獅童。
生まれ育った 杉並区 方南町で

70万円 爆買い恩返し
達成 なったか?]

[この日…]

(スタッフ)61万2, 105円です。

どうなの? これって。
あと 9万円だ。

こちらは
ちなみに お幾らですか?

(会田)はい。
本日 5万3, 030円でございます。

えっ? だけど…。 そんな?

店中の しゃり 食べて?
ビールも飲んで?

(獅童)僕は ホントに…。

(会田)いいでしょ。
(獅童)ねえ。

[続いての爆買いの 舞台は

東京都 世田谷区…]

[挑戦者は 番組史上初
2回目の登場となる スター]

(圭)あっ どうも。

(圭)お久しぶりでございます。

[1年前 生まれ育った 亀戸で

3時間で 100万円 爆買いに
挑戦]

[街角 爆おごり作戦など
奮闘するも…]

(圭)せーの。 ドン!

[100万円まで…]

(圭)前回のリベンジを
させていただけると いうことで。

(圭)少しでも 皆さんが
来る前に 稼いでおこうかなと。

[二度目のチャレンジは
フライング爆買いから]

[お幾ら?]

(圭)かわいくない?

かわいくない?

(圭)優しい。

[しかし…]

(圭)そして
ちょうど そのタイミング…。

(圭)すいません。

(圭)ありがとうございます。
ありがとうございます。

(圭)すごい 自分にとって…。

(圭)そこで ずっと
お世話になってますし。

事務所も 三軒茶屋ですし。

[田中 圭が…]

(スタッフ)頼まれたとおり
こんなふうに 作ったんですけど。

(圭)ありがとうございます。
見てください。

こういうことで お願いして
作っていただきました。

地獄よ ずっと。

(圭)はい。 やっぱり 100万円。

何とか…。

[世田谷区 三軒茶屋は…]

[住みたい街ランキングでも
上位の常連]

[下町風情も たっぷりで…]

[三角地帯といわれる
飲食店が 集中するエリアには

魅惑の 三茶グルメが
盛りだくさん]

[しかし…]

[番組初の リベンジ爆買い]

[忙しい 田中 圭に
許された時間は 今回も 3時間]

(澤部)えっ!?

(圭)そこを 練り歩き…。

[茶沢通りとは
三軒茶屋エリアで

一番 大きな 商店街がある通り]

[およそ 100店舗が軒を連ねる
何でも揃う 名物ストリートで…]

[まずは…]

(圭)久しぶりに入ろう ここ。

すいません。
お尋ねしたいんですけれども。

今 番組のロケで
ちょっと 一瞬 ここで

靴を買いたいなと
思ってるんですけど。

カメラが 入っていいかと。

あと スタッフさんが お店の中に
撮影で入るのがいいかを

許可が取れるか どうか
確認をしたいんですけども。

(圭)すいません。
(従業員)少々 お待ちください。

(圭)大丈夫ですか?
すいません。 お世話になります。

[茶沢通りの入り口に
店を構えて 58年]

[一番 お高い靴は
およそ 4万円]

[さあ 幾ら使える?]

(圭)えっと。
じゃあ すいません。 これの…。

(従業員)当社のオリジナルで
セダークレストっていう…。

(圭)最近…。

[入店 3分で
防水ランニングシューズを 即買い]

[さらに 消臭スプレーと
防水スプレーも 追加で 爆買い]

[お幾ら?]

(従業員)すいません。 お会計が…。

(圭)1万円からで お願いします。
(従業員)雨なんで ビニールで

大丈夫ですか?
(圭)ありがとうございます。

はい。 ありがとうございます。

すいません。 お邪魔しました。
(従業員)ありがとうございます。

[下積み時代を 過ごした…]

(圭)
『あな番』のとおりの人ですか?

ホントですか? ありがとう。
やっぱ…。

[続いての作戦は…]

(圭)ちょっと 行きたいです。

[この後 芸能人 御用達…]

[下積み時代を 過ごした…]

(圭)すいません。 こんにちは。

(圭)めっちゃ おいしいんですよ
ホントに。

[狙うは…]

(圭)ありがとうございます。

(従業員)熱いです。

[しかし…]

[前回…]

(圭)結構
たっぷり 入ってるんですけど…。

何ていうんだろうな。

[リベンジ なるか?]

(圭)くるわけですよ。

ただね 熱いの。

[おしゃれタウン 三軒茶屋は

新旧の人気パン屋さんが ひしめく
パンの 超 激戦区]

[中でも トリュフベーカリーは
日本でも珍しい

トリュフ メインの
パン屋さんとして 話題の お店]

(新)これ 来ると。

(澤部)差し入れで。
(新)はい。

(井森)おいしい。

(澤部)すごいっすよね 香りがね。
(井森)うん。 うん。

(澤部)すごかったです。

[さあ…]

(従業員)分かりました。

いけるんだ。

(圭)そこで 差し入れ。

[下積み時代は できなかった
スタッフへの差し入れに

80個 爆買い]

[さらに…]

(圭)はい。

(圭)パン 食べる?

あんまり。 あんまり…。

[出会った 三茶ギャルズにも
超 人気パンを 爆おごり]

(圭)みんな ありがとう。

(女性)ありがとうございます。
(圭)はい。 ありがとう。

はい。 ありがとう。 ありがとう。
はい。 ありがとう。 ありがとう。

(圭)そうなの? スターに対する
「あーっ!」っていう

リアクションだったから。
ありがとうございます。

(一同)はい。

[映画関係者。 三茶ギャルズ。
さらに 家族にも お土産で

合計 95個 爆買い]

[お幾ら?]

(圭)セルフですね?
すいません。 終わり。

(従業員)前から レシートが
出てくるんで。

(圭)はい。 ドン!

これはですね あの かの有名な

世界中の人が 全員
欲しいと 言っている

白トリュフパンです。

(渡辺)すっごい におってる。

(圭)うれしい。

(渡辺)いただきやす。
(圭)うっすー。

[下積み時代に 何度も歩いた…]

(圭)ちょっと待ってよ。

(圭)行こうぜ 行こうぜ。
すいません。 こんにちは。

失礼します。 カメラが入っても
よろしいでしょうか?

(圭)すいません。
確認してください。

(圭)すいません。
ありがとうございます。

あっ。 もしもし。

すいません。
お電話 代わりました。 自分…。

(圭)はい。 分かりました。
では ありがとうございます。

(圭)ただ…。

(圭)暑いので 冷やし芋と
冷凍 シャリシャリ芋もあるんで

そちらも ちょっと
言っていただけたら。

(従業員)
この あったかい お芋を…。

(圭)さらに 増すの?
(従業員)はい。

(圭)いただいて いいですか?

(圭)ぱかっ。 うわ。

いただきます。

(圭)オーナーさんがさ
夏だから シャリシャリ芋も

言ってくれると
うれしいなって…。

(長谷川)これが?
(澤部)こちら アイス焼き芋。

(澤部)さっき 言ってた。

(長谷川)ねっとりが すごいっす。
(澤部)すげっ。

(長谷川)冷たい。

(一同)うまっ。

(澤部)確かに…。

ヤバい。
(長谷川)牛乳に合うけどさ。

(井森)ねえ もう。
(長谷川)あんま いないのよ。

(新)違うんすよ 違うんすよ。
(井森)お芋の方だから お芋。

(井森)合う?

(圭)じゃあ 大を…。

(従業員)ありがとうございます。

(圭)すげえ 頑張ってるんで。

[ドラマの撮影現場に
真夏の ひんやりを 爆差し入れ]

(圭)あと…。

(圭)プレーン 2つと しお 1つ。

[冷やし芋 60本の 爆差し入れと
芋けんぴ 爆買いで お幾ら?]

[さらに 世界の…]

(圭)6個 6個で。

[お幾ら?]

[冷やし芋 60本の 爆差し入れと
芋けんぴ 爆買いで お幾ら?]

(従業員)こちらですね。

(圭)日にち?
何日に 用意してほしいですって

また あらためて 伝えに来ます。

(従業員)お待たせしました。
(圭)ありがとうございます。

すいません。 お騒がせしました。
(従業員)ありがとうございます。

(圭)さあ 行こう。

(圭)そうなのよ。
もう 1時間たってんのよ。

(圭)7万円!?

(新)ヤバいっすよ。
(澤部)もう 無理っすね。

(圭)まあ 秘策も
まだまだ ありますから。

(圭)任してください。

[下積み時代を 過ごした…]

(圭)次 僕…。

(圭)失礼します。

これ。 えっ? いる前?
違うか。 もう いってある?

いる前ですよね?

(圭)すごい。

(圭)この形で
販売してるんですか?

(圭)ここから いって。

(銭場)えっと。
これが 一番 高い。

(圭)新登場が
一番 高いじゃないですか。

苦味が少なくて 酸味が強い。

(圭)じゃあ せっかくなんで。
ありがとうございます。

もちろん そうですよ。

(圭)へえー。

[お店で 一番 高級な
コスタリカの お味は…]

(スタッフ)フルーティー?
(圭)これ フルーティー。

(銭場)うちで 一番 出ているのが
ブラジル。

これは 飲みやすいです。
(圭)いいですね。

じゃあ これと これを…。

(圭)500g 6個。

(銭場)とんでもない…。

(圭)あのう。
自分だけじゃないので。

[コスタリカと ブラジルの
高級豆を

ご主人も びっくりの
6kg 爆買い]

[お幾ら?]

(圭)すいません。
後ほど

取りに来ますので
よろしく お願いします。

(圭)ありがとうございました。

(圭)13万ぐらい? 順調 順調。
全然 いけます。

(圭)マヌカハニーを
うちの家族が

毎晩 一なめするんですよ。

[狙うのは マヌカハニー]

[最高級品は 一瓶 10万円を
超えるという]

(圭)言葉が 難しいですけど
腐れ縁じゃないですけど

切っても 切れないというか。

[田中 圭が
芸能活動を 始めたのは 16歳]

[スターダムに
のし上がったのは 34歳]

[売れることを 夢見ての
アルバイト生活]

[下積みは 長かった]

(圭)まさか そのときの
自分が…。

(圭)どっこいしょ。

(圭)すいません。
こんにちは。

ちょっと ご質問というか
聞きたいこと あったら

聞くとは 思いますけど。

(圭)ホントだ。

[どうする!?]

(圭)全部? 全部 いける?

[希少な 国産の蜂蜜に
こだわった 専門店…]

(吉田)これはね…。

(澤部)スズメバチが
入ってんのか。

(吉田)漬けるんですけど。
スズメバチを…。

(吉田)だから 血流が よくなる。

疲労回復は もちろん
すごく 頭が さえちゃう。

(吉田)あなた方は
そういうことも あるでしょ?

(圭)あります。

(吉田)即効性が あるの。

(吉田)結構。

(圭)いただきます。

(吉田)味も いいでしょ?
おいしいでしょ?

(圭)おいしい。

(吉田)まったく…。

(圭)まあね。
(吉田)そういう人には…。

(圭)そうっすよね。

[そろそろ 残り 1時間。
15分も 待てないということで…]

(圭)これかな。 これかな。

[ご主人 お薦めの蜂蜜に
切り替え

6本 爆買い。
お幾ら?]

(圭)2万3, 328円。

(圭)でも…。

[下積み時代を 過ごした…]

(圭)今からですね…。

[蜂蜜パワー 全開で
とっておきの作戦へ]

[100万 達成のため
高級ずし店と 高級焼き肉店を

行ったり来たり 爆食い。
幾ら 使える?]

(インタビュアー)もったいな~インタビュー!

シャワーヘッドさんは
もったいないと思うこと あります?

(シャワーヘッド)んっ コンディショナーを
つめかえるときの 液残り?

細かいですね~。
あっ それ言う!? でも 世界中の液残りを

合計したら きっと すんごい量になるわよ。
そうですね。

だから 花王はね 最後の一滴まで

つめかえやすいよう 努力してるんだって…。

ウッ…。 ヤダ 最近 涙腺 緩くて…。

替え時ですね。
それ言う~!?

<もったいないを ほっとけない。 花王>

(茜)私 守屋 茜が 出演する舞台
FOCUS 『アップデート』が

9月に 東京 11月に 大阪で
開幕します。

初挑戦となる 社交ダンスと
舞台での お芝居を 融合させた

新しい エンターテインメントと
なります。

ぜひ 会場に お越しください。

(長谷川)同時に いけるの?
(澤部)どういうこと?

(スタッフ)助っ人が
いらっしゃるんですか?

≪お疲れさま。
(圭)お久しぶりでございます。

(野間口)どうも。 野間口です。

[尊敬する先輩…]

[映画 『ハウ』や…]

(野間口)ありがとう。

(圭)だから 一緒に おすしでも
食べられたらなと 思って…。

ありがとうございます。

[三軒茶屋には 通称
三角地帯という

うまい店が 密集する
エリアがある]

[その中で 4年前に オープンした
おすしの 最高級店が…]

(圭)そういう頼み方を
してしまうので。

もし よろしければ…。

(野間口)そうですか。

(圭)絶対 怒らないです。

(圭)ありがとうございます。
逆に ありがとうございます。

僕から 頼みにくいですから。
(スタッフ)お幾らですか?

(圭)ありがとうございます。

(野間口)お願いします。
(小松)かしこまりました。

(圭)お久しぶりです。
(野間口)お久しぶりです。

(圭)ありがとうございます。
(野間口・圭)いただきます。

(圭)意外と そうっすね。

(圭)出していただいて
よろしいでしょうか?

(小松)かしこまりました。
(圭)野間口さん。

(圭)一瞬 出てきます。
すぐ 帰ってきます。

(野間口)分かった。

(圭)さあ 入りましょう。

(圭)失礼します。

(圭)久しぶり。
≪お久しぶりです。

(圭)すごいね。
すごい 離れてるじゃん みんな。

(成哉)言われて。
(圭)すごい 離れてるじゃん。

(圭)有那ちゃん。 菜津ちゃん。

成哉君。 美穂ちゃんです。

(一同)お願いします。
よろしく お願いします。

[100万
達成のための 秘策]

[すしと
焼き肉を

行ったり来たりで
爆おごり]

[下積み時代 先輩に
してもらったことを

今度は 後輩に]

(圭)赤霜 7種盛り合わせ。
3人前を 3つ。

(成哉)3人前を 3つ!?

(圭)シャトーブリアン。 シャトーブリアンが
一番 高い お肉ですよね?

(従業員)そうですね。
一番 高い お肉。

(圭)1・2・3・4。
4人なんで 8人前。

ウニいくら和牛の 痛風丼の
大を 2つ。

後は みんな 好きに…。

(圭)飲みたいのを
飲んでください。

(圭)ちょっと。
すぐ 来る。 すぐ 来る。

(成哉)どこ 行くんすか?

(圭)忙しいですね これ。

(圭)すいません すいません。
あれ。 全然。 すいません。

(圭)待たせました?
ごめんなさい。 全然…。

[この後
すし 焼き肉の…]

[さらに 中山 秀征
爆買いで 兄 登場]

(圭)「ワン」と 鳴けない 保護犬
ハウと ちょっぴり 気弱な青年

民夫の絆を 描いた映画
『ハウ』が

8月19日に 公開となります。

ハウの名演技に 心が癒やされ
そして 最後に待っている

優し過ぎる結末に
涙が 止まらない

この夏 一番の 感動作です。
ぜひ 劇場へ。 そして ハウに

会いに来てください。
お待ちしております。

「ハウ!」

[すしと 焼き肉
行ったり来たり作戦中]

(圭)すいません すいません。
あれ。 全然。 すいません。

(圭)待たせました?
ごめんなさい。 全然…。

(圭)すいません。
(野間口)待ってたよ。

(小松)まずですね…。

(小松)食べ比べながら。

(野間口)お先に。
(圭)いってください。

(圭)新子。
(小松)新子ですね。

(野間口)おいしいな。
(圭)うん。

(野間口)僕は コハダが
一番 好きで。 すしねたの中で。

(圭)すごい。 すごい。
(小松)ありがとうございます。

(小松)赤身の漬けと
カワギシという 大トロの部位。

(圭)大トロなんだ これ。
いただきます。

(圭)赤身から いきますか。
(野間口)いただきます。

(圭)はい。 もう もちろん。

[よっ。 リベンジ 食リポ]

[ここで いったん…]

(茜)扱いが。

(有那)おすし…。
(成哉)どういうこと?

(従業員)失礼します。

(一同)うわ。 ヤバいの
来ましたよ。 おいしそう。

(圭)すげえ。
(成哉)これ ホンマに ごっつ。

[全国の 名物和牛から…]

[後輩と…]

(圭)いただきます。

(圭)うまっ。

[そのころ…]

(野間口)これ…。

(圭)おいしい?
やったやん。

(成哉)それこそ まだ
三茶 住んでるときに。

(成哉)「すぐ 行きます」って。

(成哉)どや顔で。

[カップ焼きそばじゃなく…]

[再び 野間口先輩の元へ]

(圭)全然。 ぜひぜひ。

大丈夫っす。

(野間口)すげえやつが 来た。

(小松)そうですね。
(野間口)うわ。 ホントだ。

(圭)これ まぜた方が いい?
(小松)はい。 リゾット風に。

(圭)うん。

(圭)うれしい。 はい。

(野間口)そう 思いながら
撮影に行く日も あったり。

はい はい はい。

(圭)ありがとうございます。

(圭)すいません。 ちょっと行きます。
すいません。 すいません。

(圭)あっ。

(従業員)シャトーブリアンです。
焼かせていただきます。

(茜)もう じゅうぶん 食べてる。

(圭)低温調理なのか。
(従業員)はい。

[お店で 一番 お高い
シャトーブリアン 登場]

[低温調理された肉を
食べる寸前に フランベ]

(従業員)レア。
(圭)おいしそう。

菜津は お肉 大好きっ子。

「そんな?」ってぐらい
テンション 上がる。

[そのころ…]

(長谷川)そりゃ そうなるよ。

[100万円 達成のための秘策
ダブル爆食い]

[おすしは お幾ら?]

(圭)そうなんですよ。
(野間口)それ 考えたらさ…。

(圭)全然 足りないです。

(圭)でも すごい うれしいし

おいしゅうございました。
(小松)ありがとうございます。

[そして 焼き肉は お幾ら?]

(圭)えっ?

[締めて…]

(圭)意外と いってた。
(成哉)意外と いってました。

(成哉)頑張りましたね。
(圭)頑張った。

(スタッフ)よく 食べた方?

(従業員)
ありがとうございます。

[ここで ついに…]

(成哉)マジで 全然っすね。

あと 20分?

(茜)まさかの?

(スタッフ)最後 ラストチャンス。

(スタッフ)20分で?
(圭)はい。

(井森)ある。 ある ある。

(圭)すごい 欲しいと。

(圭)ラストチャンス。

[中でも インドの アンティーク商品に
こだわった お店…]

[残り 67万円。
使いきれるか?]

(神山)一番 高いの。 えーと。

(圭)奥さんの要望で ダイニングの
テーブル あったらと思ったんですが。

(圭)こんなんもさ。
それこそ うち 娘 2人だからさ

並んで こんなんで 勉強してたら
めっちゃ カワイイじゃん。

ほら。 こんなん。
めっちゃ カワイイけど…。

[そして…]

(圭)なるほど。

(圭)すいません。

(神山)ありがとうございます。

(圭)すいません。
ありがとうございます。

[田中 圭。
100万円 リベンジ なったか?]

[3時間20分で
使った 総額は…]

(スタッフ)こちらです。
(圭)はい ドン。

(スタッフ)34万1, 426円でした。

(圭)大失敗です これは。

(圭)あらためて…。

(圭)それが 堪能できたので。

[続いての 爆買いの舞台は
群馬県]

[その南に 位置する…]

[この町で 生まれ育った
スターが 爆買いチャレンジ]

(中山)いやぁ。 どうも。

[ヒデちゃんこと…]

[芸歴 41年]

[群馬県と 藤岡市の
ダブル観光大使]

(中山)ここは 群馬藤岡駅。

(中山)これは 私もですね…。

[中山の古里…]

[風光明媚な景色の下…]

[新鮮な農作物に
超高級肉]

[温泉も 湧き出る
爆買いスポットだらけの町]

(井森)話は よく 聞いてる。

(スタッフ)この辺すか?
(中山)もう すぐです。

(中山)この 中山縫製っていう。
(スタッフ)これですか?

(中山)これ 工場です。

(中山)縫製の工場 やってまして
当時は 上が

永谷園の お茶漬けの
袋詰めを やってたんですね。

(チャイム)

(マサシ)いらっしゃい。

(高田)お兄さん。

舞の海さんみたい。

(マサシ)どうも。

[こちらが 中山の 2つ年上の兄
マサシさん]

[会うのは
久しぶりと いうことで]

(中山)今日 休み。 あっ そう。

[さあ お兄さん。
景気よく お願いします]

(中山)いく? いこうか。

(中山)100万 出た!

(中山)すげえ。

(中山)ららんか。

(中山)ららん藤岡は 道の駅では
関東では 人気ナンバーワンですよ。

(マサシ)そうだ。
(中山)そうだよね? 今…。

(マサシ)肉 すごい。

100 いっちゃうかも。

(中山)一気に。
どすんと いっちゃう。

(中山)ららん藤岡。 着きました。
ありがとうございました。

(中山)さて いきます。
ここです。 ららん藤岡。

(中山)はい。 どうも。

[高速道路と 一般道。
両方から アクセス可能]

[地元の 採れたて野菜が
ずらりと並ぶ 直売所や…]

[群馬が生んだ…]

[何と…]

[直行だ]

(中山)肉の駅。 これが。

肉の駅。 ご覧ください。
あちらが 安全。

そして こちらが 新鮮と。

そして 何と 安心だという
肉の駅でございます。

(中山)「いやいやいや」でしょ。

[何と この日は…]

(高田)毎週 火曜は お休み。

(中山)藤岡の観光大使の
中山と 申します。 どうも。

お世話になっております。
カメラも入って いいですかね?

(中山)OKです。

(男性)すいません。

そんな笑い方 しなくても
いいじゃん。

(男性)確認してみますんで。

(男性)ちゃんと 言っておきます。
(中山)お願いします。

[ということで…]

[農業が盛んな 藤岡産の野菜が
ずらりと並ぶ…]

[ここで…]

(中山)イチゴ いいじゃない。

(中山)やよいひめ。 藤岡の。
じゃあ これ 10箱。

(森作)とても うれしいです。

(中山)えっ? お父さん どちら?

(中山)うちの?

(清)そうそう。
(中山)うわ。 これは これは。

(高田)縁だなぁ。

[偶然 出会った 矢内 清さんは
中山の父が お世話になった

自動車学校の 元教官]

[しかも…]

(中山)使わせてください。

(清)じゃあ。
(中山)何でも。 全部。

(清)ありがとうございます。

(中山)大丈夫ですか?
お父さん。 何でも言ってよ。

[自分の家族に 2カートと

教官に 1カートの野菜を
爆買い。 お幾ら?]

(中山)おお。 なるほど。

(中山)こんだけ
買ったってことですね。

[群馬県 藤岡市で
100万円 使いきれ]

[先は 長い]

[と そこへ 誰かが やって来た]

(中山)うん?
うん?

(中山)うん? うん?

(木村)
今日は 休みなんですけど…。

(中山)全部 そのまま。

[群馬県の…]

[加工品まで
取り扱いは…]

[超高級ブランド肉が
他より 低価格で 購入でき 人気]

[そんな 肉の駅で…]

(木村)やっぱり こちらの…。

(中山)上州和牛だよね。
今 すごい 人気ですよね。

値段も 結構
高くなってきました。

[いくら 食べても
飽きのこない

群馬県 高級和牛の 神髄を
堪能できる]

(木村)肩。 肩ロース。
こちらは ももに なります。

(中山)せっかくだから
うちの会社の みんなに

買っていきましょうか。

(中山)他にもある?

(中山)出ました。 出過ぎましたね。
(木村)こちらです。

(中山)これで 5.4?

(中山)これが 牛の リブロース?
すごい。 何kg?

(中山)9.8?
9.8って まあまあですよ。

[共に 肉の駅 最高級]

(中山)これで お幾らですか?

(木村)一塊で…。

(中山)こちらだと?
(木村)リブの方が…。

(井森)さすが。

[購入した お肉は 奇麗に…]

[極上の 1枚に]

[これを 事務所の…]

(岡部)うわ。 すごい。 やった。

(スタッフ)おはようございます。
(翔子)おはようございます。

(翔子)えっ? 発泡スチロール。
えっ? 何だ 何だ?

何だろう? 失礼します。

うわー。 肉。 肉。 やった。

ありがとうございます。
めっちゃ うれしい。

ナンみたい。 すごい。

[さらに…]

(女性)これが
1枚 250円なんですね。

[肉の駅 店長を
アテンドしてくれた

観光協会の人たちに
爆買い恩返し]

[ららん藤岡を 後に]

(中山)僕は 行ったことが
ないんですけど…。

(中山)それなんで…。

(中山)いやいや いやいや。
ここですか。

(中山)あっ。 根岸君。

(中山)並ばせちゃって。

(中山)根岸君って いって…。

[中学の同級生
うどん屋さんの 根岸さん]

(中山)すげえ。
満席ですね。

[大食い界では 超有名]

[でか盛り店 鶴商文庫]

(中山)ライス 小ライス。
ライス やっちまったな!

俺…。

(中山)ああ。 どうも。

(中山)これ どういうこと?
これ どういうことですか?

(鶴巻)お待たせしました。

(中山)ご主人。

「やっちまったな!」って
やつですよ。

[行列が できる…]

[群馬県 藤岡市で
100万円 使いきれるか?]

(中山)ああ。 どうも。

(中山)これ どういうこと?
これ どういうことですか?

(中山)ご主人。 これは…。

(鶴巻)何でって…。

もっともっとって なって?

[もともと 今のサイズの
半分だったものが

日に日に
大きくなっていったという

ミックスグリル。
今や ハンバーグ500g…]

[そこへ ベーコン 460gが
どかっと のせられ…]

[お値段は…]

(長谷川)ベーコン 丸々 1個。
(井森)ねえ。

[ライスは これで 280円]

(中山)いただきます。 ご主人。
(鶴巻)はい どうぞ。

(中山)ありがとうございます。
500の ハンバーグ。 いただきます。

(中山)めっちゃ うまいっす。
めっちゃ うまいっす。

(鶴巻)ありがとうございます。
(中山)うまいです。

(中山)これ イタリアンですか?
(鶴巻)イタリアン。

(中山)でも でかいよね。
(根岸)でかい。 これって…。

(根岸)3人前でしょ。

[さすが スター。
大食いと 自負するだけあり

勢いよく 食べる]

(根岸)裏にある。

[そして…]

[自信満々だったが…]

[さらに 居合わせた…]

[果たして…]

(中山)お幾らですか?

[続いて でか盛りに
並んでくれた お礼に

同級生 根岸さんの
うどん屋さんへ]

(中山)ありがとうございました。
どうも どうも。 すいません。

[藤岡市民なら
知らない人は いない

町の ソウルフード
根岸の うどん]

[今や 世界中に 流通する
藤岡市が誇る 究極の うどん]

[最高金賞の ふじ娘 10個に

うどん 70個に そば 18個
ラーメン 10個を 爆買い]

[いったい お幾ら?]

(中山)こんなに 買って 3万だよ。

[続いての作戦は…]

(中山)器械体操 やってたんで。

(中山)そこで 買えるものが。

(中山)そう。 そのころから…。

[中山の母校 藤岡北中学校は
生徒数 475名]

(中山)すいません。
(歓声)

(一同)おおー。

(中山)体操部? 男の子。
もう一人 いる? 体操部?

(中山)体操部で 欲しいもの。

(中山)「大丈夫です」

(中山)何の?
(生徒)セノーの ロイター板。

(中山)セノーの ロイター板?
ロイター板?

[さらに…]

(中山)はい。

(中山)テニスのボール。 いいね。
(生徒たち)はい。

(中山)はい。 何?

[後輩たちから
たくさんの リクエストが]

[やって来たのは 中山も
子供時代に 通ったという

スポーツ店]

(従業員)ロイター板です。
(中山)ロイター板か。

(中山)18万と 11万です。

じゃあ この 11万のやつ
いきましょうか。

(従業員)これでも 十分です。
(中山)十分っすよね。

[さらに 野球ボール
サッカーボールなど

計 7つの部活用具を 爆買い]

(中山)すいません。
ご主人 お幾らですか?

(従業員)ありがたいです。
また 来てください。

(新)校長!

[群馬県 藤岡市で
100万円 使いきれるか?]

(中山)悪い。

(孝次)久しぶりだね。
(中山)どうも どうも。 久しぶり。

[藤岡市を 知り尽くす
強力 助っ人が 合流]

[同級生で 一番の親友
こうちゃん]

(長谷川)ずっと いぶし銀しか
出てこないから。

(孝次)値段が 高いのは…。

(中山)よく 分からないこと
言ってた。

(中山)すげえな。
確かに すげえ。

[藤岡市は 三波石という
庭石などで 使われる

希少な石が 採れることで 有名]

[三波石を 中心に…]

[ここで…]

(中山)これ 三波?
すごいね これ。 どでかいっすね。

(二宮)服のニオイ気にして
いろんなもの使ってない?

はい 古い~

今やニオイ専用これ一本で
ぜ~んぶいけちゃいます

紫の「NANOX」ニオイ専用
《約7割が洗濯成分で 濃いーの!≫

♬~ (相葉)「ソフラン」はニオイを消すだけじゃなく

そもそも生ませない こんなニオイも

実証済!このニオイも

あのニオイも
(お父さん)え!?

100のニオイ ぜーんぶ実証!
(3人)ホントだ!

「ソフラン プレミアム消臭」

(小栗)誕生
♬~<マスターズドリーム マスターズドリーム マスターズドリーム…>
(缶を開ける音)プシュ!

<醸造家の果てしない夢を>

この一杯に!

<プレモルの最高峰 「マスターズドリーム」 新登場>
ワ~オ

(柳楽)《帰れば 「金麦」》

《帰れば 短パン》

《解き放つ すなわち 解放》 シュッ!

(缶を開ける音) プシュー

<帰れば 「金麦」> んー!
<サントリー「金麦」> おっ!

[群馬県 藤岡市の 名産
三波石の中で…]

(中山)どでかいっすね。

(櫻井)これ でかいですね。

後ろの壁が 5mの
高さが あるんで

これも ほぼほぼ 4mから
5mぐらい あるんじゃないかなと。

(中山)これ ちなみに
お値段 ないんですけど…。

(中山)マジで?

(中山)この 三波。
これ 33万。

(孝次)テーブル どう?
テーブル。

(孝次)椅子も ついて?

(中山)何か 石の。
ちょうどいい 頃合いの…。

(中山)これぐらい…。

(中山)これぐらい…。
これも 三波?

(中山)これも 奇麗だね。
(孝次)ぬれたらね。

[手に取った 石は
1, 000万円の石の

およそ 3000分の1の 重さ]

(澤部)最初 こうしてたら
気付いたら こうしてました。

[そして もう一人…]

(澤部)「ヒデさん。 ヒデさん。
いいって。 ヒデさん」

(井森)「いいよ。
持ちやすいし」

(澤部)「ヒデさん!」

(澤部)「澤部さん用が
一番 高いじゃん」

「物は いいんでしょうけど
澤部には 早いですって」

[ということで 澤部さん]

そんな夢。
(長谷川)オープン。

(長谷川)でけえ。

(井森)いいから。
今 よさ 分かんなくとも

だんだん 分かるように なるから。

[群馬県 藤岡市で
100万円 使いきれ]

[やって来たのは
番組スタッフへの 差し入れで

利用することがある 松屋酒造]

(中山)全国 連続 金賞 受賞。
すごい。 この酒がある。

(中山)これが そうですか?
(従業員)そうですね。

(中山)フルーティー。
鼻の抜けが いいですね。

(従業員)ありがとうございます。

[日本酒を 15本。
さらに 酒だるで 爆買い]

(中山)なるほど。

[そこで 自転車屋さんで…]

(中山)奥さんに 怒られますよ。
そんなの ねえよって。

[さらに 帽子屋さんで

親友 こうちゃんと 2人で
帽子を購入]

(中山)こういう帽子 かぶる?
いいじゃないですか。

[残り時間 あと わずか。
続いての作戦は…]

(孝次)実はですね 今日は…。

(中山)マジで?

(中山)おっと。 うれしいね。

(中山)あれ?

(孝次)味が あるでしょ。

(孝次)久恵屋旅館。
(中山)久恵屋旅館だって。

[これぞ 山の中に ぽつん]

[こちらの温泉は
絹の湯と 呼ばれるほど

肌触りがよく…]

[1位を獲得する 人気ぶり]

[そして 料理には

上州牛や 上州麦豚など
地元の 超高級食材が]

(従業員)こちらです。
(中山)ちょっと待ってください。

(中山)いやいやいや。 これは
皆さん お待たせしちゃって。

あらためて…。

(中山)今 事務所も構えて
やってらっしゃって。

学生時代から 頭が 良かった。
ナンバーワンだった。

[中山は 中学2年生のとき
芸能界を目指し 単身上京]

[すぐに
ドラマに 出演をしたものの

その後は オーディションに 落ち続け
仕事が まったくない時期が]

[しかし…]

[そのかいあって
ブレークするも…]

[こよい 爆買いの名の下に
初 同窓会]

(一同)乾杯。 お疲れさまです。
お疲れさまです。

[そして…]

(中山)皆さん どうですか?

[今夜は 一番 高い
特別プラン]

[地元 群馬の ブランド肉が
何と 通常の 4倍]

[460g 爆食いだ]

(中山)いただきますね。

(中山)いやぁ。 すごいね。

(中山)そうだね。

[ビールと ワインで
ラスト パワーチャージ]

[そして…]

[ここで ついに 終了か?
すると…]

(中山)うん?
どうしたの?

(孝次)肌に いいらしい。
(中山)肌に いい?

(女将)こちらが 1リットル
1, 100円になります。

(中山)1リットル。
これ 1リットル?

(中山)先生。

うるせえ。 バカヤロー。

(岡住)5本ずつでね。

[さらに うる肌の源泉を
25本 爆買い]

[同級生 4人は そのまま…]

[中山 秀征…]

[この日 一日で
使った金額は…]

[次回 番組初の
海外 爆買い]

[ジェジュンが 韓国で 挑戦]

[さらに 樽美酒 研二が
両親と 爆買い]

[中山 秀征…]

[この日 一日で
使った 金額は…]

(中山)いきます。 ドン。

(スタッフ)90万2, 137円。

(中山)もうちょいか。
もうちょいだったね。

最後 追い込んだけどね。
お酒で。

Source: https://dnptxt.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事