映画『検事フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男』予告編

アウシュビッツで起きたヒトラーの残忍な行為を世間に知らしめた伝説の検事フリッツ・バウアー!ナチス残党を追い詰めた衝撃の実話を基に描く、ポリティカル・サスペンス。
戦後数十年が経ったドイツを舞台に、ナチス親衛隊アドルフ・アイヒマンを追い続けた伝説の検事フリッツ・バウアー。誰が敵で、誰が味方かもわからず、正義だけを信じた男の実話を基に描く、ポリティカル・サスペンスの傑作!ユダヤ人でさらに法律家であるがために強制収容所に収容された過去を持つ実在の人物、フリッツ・バウアー検事を演じるのは、『飛ぶ教室』や『ヒトラー 最期の12日間』などに出演したドイツの名俳優ウルリッヒ・ネーテン。何があろうとも信念を貫き通し、正義を信じ続けた男を熱演!そんな検事を支え、彼の代わりに潜入捜査を行う若き検事ヨアヒムを、『愛を読むひと』でケイト・ウィンスレットの相手役で注目を浴びたデヴィッド・クロスが演じる。政府に圧力をかけられ、ナチス残党からの捜査妨害や民衆からの非難を受けながらも、ドイツの<罪>を暴くため奔走した、バウアー検事とヨアヒム検事。『顔のないヒトラーたち』や『アイヒマン・ショー』に続く、歴史に名を刻む新たな傑作が誕生した!

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事