予習・高齢者の為のclassicギター講座 No.125パークニングギター教則本第2巻p69 Gagliarda ガリアルダ

予習・高齢者の為のclassicギター講座 No.125パークニングギター教則本第2巻p69
Gagliarda ガリアルダ

p64(翻訳)レパートリー→https://gtaoki2017.web.fc2.com/perkening2p64.docx
セゴビアの演奏(ライブ)→https://www.youtube.com/watch?v=rUA-kDsTfWo

p69melody The sheet music(楽譜)→https://gtaoki2017.web.fc2.com/parkening2p69melody.pdf
p69melody The sheet music+tab note(楽譜+タブ譜)→https://gtaoki2017.web.fc2.com/parkening2p69melodytab.pdf

p69easyThe sheet music(楽譜)→https://gtaoki2017.web.fc2.com/parkening2p69easy.pdf
p69easyThe sheet music+tab note(楽譜+タブ譜)→https://gtaoki2017.web.fc2.com/parkening2p69easytab.pdf

p69正規The sheet music(楽譜)→https://gtaoki2017.web.fc2.com/parkening2p69.pdf
p69正規The sheet music+tab note(楽譜+タブ譜)→https://gtaoki2017.web.fc2.com/parkening2p69tab.pdf

Renaissance Period (1500-1625) The Renaissance (literally rebirth) was a time of great revival and renewed interest in the arts.
ルネサンス期(1500-1625) ルネサンス(文芸復興)とは、ヨーロッパにおける芸術の偉大な復興と新たな関心の高まりの時代であった。
In fact, it was a period of rich development in many areas of life. Brilliant achievements were made in literature, architecture, science, and the arts.
実際、この時代、生活のさまざまな分野で豊かな発展を遂げ。文学、建築、科学、芸術の分野で輝かしい功績を残した。
As a transition from the Middle Ages to modern times, the Renaissance ushered in an abundance of marvelous and fascinating music as well.
そして芸術。中世から近代への移行期であるルネサンス期には、音楽も素晴らしいものが多く、魅力的であった。
Much of this was vocal, although there was also a considerable amount of polyphonic instrumental and dance music.
その多くは声楽であったが、ポリフォニックな器楽や舞踏音楽も相当数存在した。
Primary musical forms were dances (galliard, alman, pavane, etc.), fantasia, variations, and ricercars.
主な音楽形式は舞曲(ガリアルド、アルメイン、パバーヌなど)、ファンタジア、変奏曲、リチェルカーレなどである。
Popular instruments included the lute, vihucla, and four-string guitar (Renaissance guitar), all of which provide a wealth of music that readily transcribes to the modern classical guitar from its original notation in tablature.
楽器はリュート、ヴィェラ、4弦ギター(ルネッサンス・ギター)などが普及し、いずれもタブ譜の原譜から現代のクラシック・ギターに容易に楽譜に演奏できる曲が豊富にある。
All of the pieces presented in this section were originally written for one of these plucked string instruments.
このコーナーで紹介する曲はすべて、これらの撥弦楽器のために書かれたものです。
Notable Composers: Besard, Byrd, Cutting, Dowland, Fuenllana, Galilei, Holborn, Johnson, LeRoy, Milan, Milano, Molinaro, Mudarra, Narvaez, Neusidler, Palestrina, Praetorious, Robinson and Valderrabano.
主な作曲家 ベサード、バード、カッティング、ダウランド、フエンラナ、ガリレイ、ホルボーン、ジョンソン、
ルロイ、ミラノ、モリナロ、ムダーラ、ナルヴァエス、ノイジードラー、パレストリーナ、プレトリアス、ロビンソン、ヴァルダーラバーノ。

Anonymous- Gagliarda (p. 69) Interpretation: This bright dance, full of rhythmic variation, is clearly divided into four-measure sections.
作者不詳-ガリアルダ(p.69)解釈 リズムの変化に富んだこの明るい舞曲は、4小節の各部分に明確に分けられています。
Strive for stark contrasts between ponticello and dolce, as marked.
譜面通りポンティチェロ(固い音)とドルチェ(柔らかい音)のコントラストを際立たせるように心がけましょう。
Be sure to give a slight accent on the first beat of each measure to maintain the three-beat feel.
各小節の1拍目に少しアクセントをつけ、3拍子の感じを保つようにします。
This is sometimes difficult because of the displaced bass notes in mm. 7,15, and 23 that create an accent on the second beat of the measure.
7小節目そして15小節目23小節目の低音の位置がずれているため2拍目にアクセントがあり、難しい場合があります
Try playing the repeated notes staccato in mm. 9,13, and 21.
9,13,21小節目の繰り返しの反復音をスタッカートで弾いてみてください。
Technique: Practice with a metronome at first to help you define the rhythmic intent of the piece.
テクニック:最初はメトロノームを使って練習し、曲のリズムの意図を明確にしましょう
Make sure to play the 16th note passages at mm. 9 and 21 in time.
9小節目と21小節目の16分音符のパッセージは必ずインテンポで弾いてください。
The harmonics at m. 8 will be clearer if plucked more towards the bridge with the thumbnail.
8小節目のハーモニクスは、親指の爪を使ってブリッジの近くを弾くとよりクリアになります
Notice in tn. 25 how the open 1st string aids in the transition from the upper 2nd string position to the lower position.
25小節目では、1弦の開放弦が、2弦の上のポジションから下のポジションへの移動を助けていることに注意してください。
Segovia would often use this technique to his technical and musical advantage.
セゴビアはこのテクニックを、技術的にも音楽的にもよく使っていました。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事