韓国のプラスチック・ゴミ発生量が世界3位!― 日本海への不法投棄が、大きな問題に... ―

■ニュースの概要■ 2020年11月2日、中央日報が伝えたところによると、韓国で国民1人当たりが排出するプラスチック・ゴミの量が、世界第3位になったことが分かった。米国海洋保護協会(SEA)などの合同研究チームが最近、国際学術誌「サイエンス・アドバンシズ」にプラスチック・ゴミに関する報告書を公開した。これによると、2016年基準で世界217カ国を対象に調査したところ、韓国で国民1人当たりのプラスチック・ゴミ発生量は88キロを記録した。これは、米国の105キロ、英国の99キロに続き、世界で3番目に多い量となる。韓国の総プラスチック・ゴミ発生量では451万トンとなり、世界13位となる。すなわち、韓国において発生するプラスチック・ゴミの量が、極めて多いことが確認されたことになるだろう。一方、米国CNNニュースによると、韓国におけるゴミの「不法投棄」が深刻な問題となっていることが分かった。韓国では「ゴミ」の発生量が近年急増しており、自国で処理できないゴミは中国へリサイクル材料として輸出してきた。しかし2018年4月、中国で法改正が行われ、リサイクル可能なゴミの多くが輸入禁止品目に追加されると、韓国から中国へのゴミ輸出は90%も減少することとなった。この影響で、韓国の廃棄物処理会社がゴミの収集を拒否したため、一時、ソウルの街はゴミで溢れたという。現在、韓国「国内」におけるゴミの不法投棄は年間120万トンと推定され、数千~数万トン単位の不法投棄事件が相次いで摘発されている。過去4年間で確認された不法投棄によるゴミの山は、韓国全土で320箇所におよび、今年上半期だけでも100箇所の新たなゴミの山が形成されたという。韓国東部を流れる洛東江(ナクトンガン)沿いの水田地帯にある17万トンのゴミの山は、自然発火して炎上し、周囲にはプラスチックの焦げた悪臭が広がった。こうしたゴミの山の火災が、韓国では多発しているのだ。
引用・参考:https://news.joins.com/article/23909788
https://advances.sciencemag.org/content/6/44/eabd0288
https://www.cnn.co.jp/world/35135195.html
https://www.sedaily.com/NewsView/1Z91E7G10T
http://www.lawissue.co.kr/view.php?ud=2020040608465012879a8c8bf58f_12
https://www.ytn.co.kr/_ln/0103_202006292310313116

■ニュースを深堀り■ さて韓国は、ゴミ発生大国であることが確認されたが、不法投棄大国でもあるようだ。こうしたゴミの山は、火災により大気中や周辺へ汚染物質を撒き散らし、河川、地下水、降雨の水により、広範囲へ土壌汚染を拡散し、海洋まで汚染させる可能性がある。韓国国内の土壌、海洋の汚染は、韓国が生産する農産物、漁獲する水産物の安全性リスクにも繋がるだろう。すなわち、日本に向け輸出される韓国製の農産物・水産物には、厳重な警戒が必要である。日本政府には、品質検査をより厳格化する措置が求められるだろう。また、韓国の不法投棄は、国内だけではなく、日本海にも及ぶ点は極めて重要だ。日本の環境庁が調査し外務省が把握している、日本に漂着した韓国語表記の「ポリタンク」は、2007年に18145個、2008年に3715個と、極めて大量であった。このため日本政府は、韓国政府に対し実態把握、原因究明、また効果的防止措置を講じるよう、幾度となく求めてきた。これに対し韓国政府は2008年3月、「本件を重大に受け止め、このような事態の発生を遺憾に思う」と公式に謝罪した。そして韓国は、ごみの海洋投棄を禁止する2009年ロンドン議定書に加盟し、遅れること2014年、ようやく産業廃棄物の海洋投棄を全面的に禁止した。だが...、2017年2月から3月にかけて、山陰地方を中心とする日本海沿岸に、大量6000個に達するハングル表記の「ポリタンク」が漂着し、中からは過酸化水素や塩酸などの劇物が見つかっている。さらに2018年4月、島根県の日本海沿岸に、ハングル表記のポリタンク538個が漂着した。内容物は、強酸性、弱アルカリ性などを示した。これらポリタンクは明らかに、韓国から不法投棄された産業廃棄物である。また、2019年9月、韓国・海洋構造協会が、釜山影島(ヨンド)区の青学(チャンワ)港でゴミを収集したところ、1日だけで30トンが回収され、その多くは不法投棄された古タイヤであった。2019年6月には、韓国海上警察は、4500トンにも及ぶ廃棄物を海洋に不法投棄しようとした業者が摘発された。こうした事実は、韓国の海洋不法投棄の極めて悪質な実態を示しており、また氷山の一角であると考えられる。日本が再三改善を求め、韓国政府が謝罪したにも関わらず、日本海沿岸にまで、大量の漂着物が流れ着くことからすれば、韓国政府が実効的な防止措置を講じているとは、到底言い難いだろう。日本政府は厳重に抗議すべきであると考えられる。また、積極的に国際問題化して、対応を迫るべきであると考えられる。

今回のテーマは「韓国のプラスチック・ゴミ発生量が世界第3位!日本海への不法投棄が大問題」でした。なお、韓国からのペットボトルの漂着についても、極めて深刻なようです。2007年から2010年に行われた調査では、長崎県対馬地域と山口県下関地域に流れ着いた数千個のペットボトルのうち、韓国製と推定されるものは約50%にも及びます。また漂着物の種類としては、発泡スチロール、プラスチック片なども多いようです。地域の住民は「早ければ1週間で捨てたゴミが流れ着く。暑くなると臭いがひどい」と怒りを声を上げています。しかし漂着物が、まさに海面に浮きやすいものであることを考慮すれば、水に溶ける、あるいは水に沈むものを含めると、韓国からの流出物や不法投棄物は、極めて多量であると考えられます。まさに、日本海は韓国のゴミ捨て場と化していると言っても過言ではないでしょう。またこの清掃・回収にかかる費用は、日本国、地方自治体などが負担しており数十億円規模の巨額に達します。これは全て、日本の税金で賄われているのです。当然、こうした費用の一部は、外交ルートを通じて、韓国側に負担するよう請求すべきものであると考えられます。それでも応じないようであれば、国際司法裁判所に提訴することも検討すべきです。いずれにせよ、韓国は、日本海を汚す行為を、直ちに止めるべきだと思われます。以上、甘井香織がナビゲートいたしました。みなさんは、どう感じられましたか?
引用・参考:https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/korea/polytank.html
http://www.incheonilbo.com/news/articleView.html?idxno=494803
https://www.sankei.com/west/news/170412/wst1704120002-n1.html
https://www.sankei.com/west/news/180419/wst1804190001-n1.html
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002566824&CMPT_CD=P0010
http://www.fnnews.com/news/201906041815213050
https://www.env.go.jp/water/marine_litter/conf/c01-05/mat02.pdf
https://www.cyzo.com/2019/07/post_210655_entry.html

■使用楽曲提供:
「甘茶の音楽工房」様 https://amachamusic.chagasi.com/
「ミュージックノート」様 http://www.music-note.jp/bgm/

■甘井香織です。YouTubeポリシーに準拠したご意見・ご感想が製作の励みになります。チャンネル登録はこちら→ http://www.youtube.com/channel/UCOHjxgf8CpNyg6gRMk8vurg?sub_confirmation=1

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事