【震えが止まらない】プチエンジェル事件の謎と深い闇

自宅で自分の好きな時間にネットを使って
数時間の作業で自由な生活を手に入れる方法
⇛ http://banana-asp.net/ad/688/49374

震えが止まらないプチエンジェル事件の謎と深い闇

プチエンジェル事件とは・・・

2003年7月・東京都で小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。

プチエンジェルとは犯人が経営していた児童買春デートクラブの名称である。

犯人の男性29歳は非合法の未成年者デートクラブプチエンジェルを経営。

女子高生数人をスカウトとして雇い、少女を勧誘、男性客に斡旋とその他にわいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた。

2003年7月上旬、少女の1人が渋谷で勧誘され会ってくれたお礼として犯人から金をもらう。以降も携帯電話で連絡を取っていた。

犯人は都内の量販店でポリタンクや鉄アレイを購入。この際に練炭や七輪も購入したと言われている。

13日、少女4人は犯人から部屋を1万円で掃除してほしいと誘われ、渋谷駅前で待ち合わせ。

タクシーで赤坂のマンションへ。

マンションで掃除を始めるとここに来た意味わかるよねと犯人の態度が豹変、手錠と目隠しで監禁。

2人が逃げようとするが失敗、手錠にポリタンクや鉄アレイを付けられて逃げられないようにされ、スタンガンで脅される。

同日深夜 家族から警察に捜索願い。

15日 マスコミで少女が行方不明になったと報道。

16日午前 警視庁は犯人の逮捕状を2002年3月に中学2年の少女を買春した容疑で請求。

捜査員が犯人の住所付近で聞き込みを始める。

同日朝9時頃 犯人はリビングでテント状にしたビニールの中に入り、七輪で練炭自殺により死亡。

しかしビニールが溶けてしまい不可能だと当時の報道関係者がコメントしている。

17日 少女の1人が手錠をはずして脱出、近くの花屋に助けを求める。警察官が4人を保護、犯人の死亡を確認。

捜査によって、埼玉県久喜市のアパートから1,000本以上のビデオテープと2,000名に及ぶ顧客リストが押収。

多くの謎 囁かれる黒い噂

裁判官・弁護士・政治家・医者等の名士2000人以上が顧客のロリータ売春クラブ

加害者がロリータ売春で儲けた金は35億円。

だが警察は単独犯と決め付ける

ビニールを被っての練炭自殺という、ビニールが溶けてありえない自殺方法なのだが、警察は自殺と断定

加害者が死ぬ前にフェラーリ2台を売却していることが判る。

国会や大使館がある赤坂で起こった事件なのに渋谷で起こった事件と報道された不審点。

毎日のように報道されていたが、急にマスコミが事件を報道しなくなる。マスコミへの不信

それ以来大手マスコミでこの事件に触れることはタブーとされる。

この事件を追っていたフリーライター染谷悟は殺され東京湾に・・・。

真相は闇の中

ウィキペディアでこの事件の項目は何度も完全削除された現在は存在

少女達の情報公開を発表した途端、容疑者が死に、少女が逃げ出す。

司法解剖される間もなく自殺と断定された

少女たちは騒がなかった

犯人の顔を既に見てる少女らにアイマスクをさせた謎。

ATMに金を下ろしに行ったとされる。少女は自由に行動できた。

マンションの管理人が小学生が何十の人もの出入りするのに気づかなかった

手錠でポリタンクに拘束されていたとする報道が、逃げられない鉄アレイに変わっていた・・・

※チャンネル登録をお願いします。
 コメントとグッドクリックも頂けると嬉しく思います。

フリー音源:http://dova-s.jp/ より

記事引用・参考元:http://matome.naver.jp/odai/2137476847099487401

画像引用元:http://kabegami.org/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事