麻生氏「俺が弔辞をもらうはずだった…」「よく一緒に飲みゴルフをした」 安倍元総理告別式で弔辞|TBS NEWS DIG

参院選の演説中に銃撃された安倍元総理の告別式が行われました。その後、遺体は永田町周辺をめぐり、最後の別れをしました。

東京・港区の増上寺周辺にできた黒山の人だかり。

一般の弔問客は告別式の会場には入れませんが、安倍元総理に最後の別れをしたいと多くの人が集まりました。告別式の会場ではない建物にも弔問客の長蛇の列ができました。

献花に訪れた人
「安らかにお眠りくださいと、心の中でお伝えいたしました」
「胸が締め付けられるような。安倍さんの笑顔の写真を見て、無念だったんじゃないかなと思いました」

午後1時に始まった告別式は近親者のみの家族葬の形で行われ、森喜朗元総理や岸田総理、自民党の茂木幹事長らも参列しました。参列者によると麻生副総裁が弔辞を読み、「よく一緒に飲みゴルフをした」「俺が安倍さんから弔辞をもらうはずだったのに」と悔しさをにじませました。

下村博文元文科大臣
「安倍晋三さんに対する、愛情があふれる涙の出るような、大変素晴らしい弔辞を心を込めてお話されてました」

また、喪主を務めた妻の昭恵夫人は涙ながらに「経験できないことを経験させてもらった」と安倍氏への感謝を語ったといいます。

記者
「安倍元総理の遺体を載せた車が、今、葬儀が行われた増上寺を出ました。沿道の人々から拍手や弔いの声があがっています」

安倍元総理の遺体が斎場へ向かう際には、集まった人たちが弔いの声を上げました。その後、安倍元総理の遺体は永田町の周辺へ…。

自民党本部前では、茂木幹事長や二階元幹事長らが、整列して遺体の到着を待ちました。

記者
「自民党本部前に、ゆっくりと安倍元総理の遺体を載せた車列が入ってきました。『ありがとう』という感謝の声、そして拍手も送られています」

また、総理官邸では遺体を載せた車が正面入り口で一度停車し、待ち受けた岸田総理らが両手をあわせました。安倍元総理の遺体は国会前を通過し、都内の斎場へ向かいました。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事