「恥ずかしい」ロシア外交官亡命 侵攻から3カ月…異例の抗議 [ウクライナ侵攻]

ロシアが、ウクライナに軍事侵攻をして、24日で3カ月。

ロシアの外交官が「自分の国をこれほど恥じたことはない」と抗議の辞任をし、亡命した。

スイスのジュネーブにあるロシアの国連代表部で働いていた参事官が、23日、SNSに「遅くなったが、きょう、わたしは辞任する。もうたくさんだ」と投稿した。

外交官として20年働いてきたという男性は、「2月24日ほど自分の国を恥ずかしいと思ったことはなかった」とも記し、AP通信に対して思いを語った。

辞任を公表した男性「辞める以外、方法はなかった」

国際人権団体は、男性が亡命したと明らかにした。

ロシアメディアは、「これまでに数人の外交官が辞任したが、自ら公言した人は、ほとんどいなかった」と、異例のことだと報じている。

一方、戦争の長期化が懸念される中、ウクライナのゼレンスキー大統領は「戦う以外、われわれに選択肢はない」と述べ、後方支援も含め、内外に幅広い協力を求めた。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事