クアッド首脳会合始まる(2022年5月24日)

◆◆◆最大2ヵ月無料!キャンペーン中◆◆◆https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/cp_2022spring/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=cp_2022spring

中国の台頭を念頭にした枠組み、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4ヵ国、クアッドの首脳会合が、先ほど総理官邸で始まりました。加藤記者の中継です。

政治担当 加藤記者「はい、現在、私の後ろに見えます総理官邸で30分ほど前から会合が始まりました。会合では冒頭、議長国である日本の岸田総理大臣が、自由で開かれたインド太平洋地域の実現に向け、連携を呼びかけました。」

岸田総理「ロシアによるウクライナ侵略は諸原則への真っ向からの挑戦です。われわれはインド太平洋地域で同じことを起こしてはなりません。」

政治担当 加藤記者「クアッドは覇権主義的な動きを強める中国に対抗すべく、インド太平洋地域の主要国である日米豪印の4ヵ国で立ち上げた枠組みで、対面での首脳会合は去年9月に続き、今回が2度目です。首脳会合では中国に依存せずに半導体を調達できるようにするためのサプライチェーンの構築など、経済や先端技術分野を中心に、クアッドとしての協力姿勢を打ち出します。また、中国が、途上国との関係構築に向けて攻勢を強める、インフラ支援についてもクアッドとしての強力姿勢を打ち出します。ただ、クアッドとして、足並みが揃いにくい議題が、ウクライナを侵攻したロシアへの対応です。クアッドの中で、インドは伝統的にロシアと友好関係にあり、3月に行われた国連でのロシアを非難する決議を棄権するなど、日本や欧米とは一線を画しています。このため、ロシアへの対応でもクアッドが結束して対応しているように振舞えるかが、一つの焦点となります。ロシアのウクライナ侵攻以来、はじめて4ヵ国の首脳が対面で揃って議論する今回の会合で、インドを日本や欧米の側に少しでも引き寄せることができるかが、試されています。以上、中継でした。」

#クワッド #日米豪印 #岸田総理 #バイデン大統領 #ロシア #モディ首相 #アルバニージー首相 #官邸

◆◆◆最大2ヵ月無料!キャンペーン中◆◆◆
「テレ東BIZ」の有料サービスでは、YouTubeチャンネルで見ることのできない、WBSをはじめとする経済番組の見逃し配信や、TV未公開のオリジナル動画を配信しているほか、過去に話題になったあの番組もご覧いただけます。
あなたの明日の仕事に役立つ、様々な企業情報や業界動向など経済動画が見放題です。
ぜひこの機会に「テレ東BIZ」有料サービスにご登録ください。

※2022年5月に会員登録⇒2022年6月30日まで無料で視聴できます。
※キャンペーン期間:2022年5月31日 23:59まで
※通常は入会月のみ無料、月額550円(税込)
※Web会員のみ対象のキャンペーンです。キャンペーンコードの入力が無い場合、キャンペーンが適用されませんのでご注意ください。

▼▼「テレ東BIZ」会員登録はこちら▼▼
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/cp_2022spring/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=cp_2022spring

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事