岸田総理、「人への投資」強化へ 経済財政諮問会議(2022年4月14日)

 岸田総理大臣は、夏に取りまとめる骨太の方針に向けて、「人への投資」を強化するための議論を加速するよう指示しました。

 岸田総理:「年齢や性別、正規・非正規といった働き方に関わらず能力開発やセーフティーネットを利用でき、一人ひとりが持つ潜在力を十分に発揮できる環境整備を進めます」

 13日に開かれた経済財政諮問会議では、民間議員から失業給付の要件の緩和や、職業訓練の充実、男性や非正規雇用者の育休取得率の改善など、「人への投資」を拡大するための提言が出されました。

 また、提言では、地方の人口減少や若い人の流出が続いているとして、地方の中小企業の輸出力の強化やマイナンバーを使った行政の効率化などで地方活性化を進めることも求めています。

 これらを踏まえ、政府は、骨太の方針を取りまとめる方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事