フランス大統領選まで2日 終盤極右候補が猛追 マクロン大統領陣営に危機感

10日、日曜日に投開票を控えているフランス大統領選挙。現職のマクロン氏は世論調査でトップを走ってきましたが、選挙戦終盤で極右政党候補の猛追を受けています。何が起きているのでしょうか。

2日後に迫るフランス大統領選。選挙の争点となっているのは。

有権者
「野菜も果物も明らかに高くなっていて、トマトの値段なんかは前の2倍ですよ」

国民の一番の関心ごとである『購買力の向上』です。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で、エネルギー価格も上昇し人々の暮らしを直撃しています。

有権者
「(ガソリンが)とても高いのでやっていられません」

消費者物価指数は年内、最大で4.4%上がるという試算もある中、現職マクロン大統領は。

フランス マクロン大統領
「フランスとヨーロッパの新しい時代を一緒に切り開きましょう」

世論調査では常にトップを走ってきたマクロン氏ですが、選挙戦が終盤にさしかかるにつれ、陣営は危機感を募らせています。その背景にあるのは。

記者
「マクロン陣営が懸念しているのは、今回の大統領選挙がなかなか盛り上がらないということです」

パーカー姿でヒゲもそらず、疲れた表情を見せるマクロン氏。ウクライナ問題で外交に取り組む様子を公開する一方、選挙運動は最小限にとどめてきました。

メディアの報道がウクライナ情勢に集中する中で、選挙が盛り上がらず、投票率が過去最低になる可能性も指摘されています。

陣営は「マクロン氏、再選濃厚」のムードが広がることで、支持者の“ゆるみ”を心配しているのです。

マクロン支持者
「高い投票率がとても重要なのですが、今のところはちょっとね・・・」
「投票しないことが脅威です」

一方、前回の選挙でマクロン氏と決選投票を争った極右・国民連合のルペン氏は。

国民連合ルペン候補(2月)
「フランス人が愛するフランスを取り戻しましょう」

過激な発言を抑える「脱悪魔化」路線を進めながら、国内問題を優先する姿勢をアピール。物価高への対策を重点的に訴えていて、支持率では、この1か月でマクロン氏との差を一気に縮めています。

フランス大統領選挙は10日、投開票が行われ、過半数を超える候補がいない場合には24日に上位2人による決選投票が行われます。
(08日15:52)

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews
◇note  https://note.com/tbsnews
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-insiders/

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事