【解説】ロ軍の新司令官も関与? “化学兵器”使用なら「第三国軍事介入も」(2022年4月12日)

 ウクライナ東部でロシアが攻勢を強めています。ウクライナ軍アゾフ大隊の隊長がSNSで「ロシア軍はマリウポリで化学兵器を使用した。3人に化学物質の中毒症状がみられる」と発信しました。ただし物証があるわけではなく、これらは各国が事実なのか確認中となっています。ロシアは化学兵器を使用したのか。そして、もし使用したなら世界はどう対応するのか。筑波大学・東野篤子教授の解説です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事