「後ろ手に縛られ後頭部を撃たれた」市民300人以上の遺体“大虐殺”か・・・ロシア側否定(2022年4月4日)

 ロシア軍が撤退したキーウ近郊で、300人以上の遺体が見付かりました。ウクライナ側は、映像や写真を元に「大量虐殺された」と訴えています。

■キーウ州全域“奪還” 北部では・・・

 ウクライナが奪還した首都キーウでは、アルコールの販売も再開し、日常を取り戻したかのように見えます。

 「神様ありがとうございます」と、涙ながらに感謝の言葉を伝える女性。現地メディアが伝えた、ウクライナ軍が奪還した北部・チェルニヒウの村とされる映像です。

■破壊された世界最大輸送機「夢」

 激しい戦闘が続くウクライナ東部や南部に対して、キーウ周辺では、ロシア軍が退却を始めています。

 キーウ近郊の軍用空港「アントノフ空港」も奪還されました。この空港にあったのは、世界最大の輸送機「ムリーヤ」。「夢」という意味を持つ、世界で1機しかない機体です。

 メンテナンス中に、ロシア軍の侵攻が起こり、ボロボロに壊されました。ウクライナ人にとって、それは“夢”であり、“誇り”でした。

 ウクライナ兵士:「我々以外は、このような“夢”を作ることができません」

■300人以上“大虐殺”か・・・ロシア否定

 ロシア軍の支配から解放された街では、ようやく住民に救援物資が届くようになりました。その一方で・・・。

 住民:「ちくしょう。私たちは、地下室に2週間こもっていました。食べ物はありましたが、照明も暖房もありませんでした」

 キーウ郊外のブチャ。破壊された戦車や車、がれきと化した多くの住宅が、これまでの激しい戦闘を物語っています。

 住民:「とても怖かった。私は2回、死にかけた。銃弾が家のガラスを割って、クローゼットに着弾した」

 ブチャでは、市民の遺体が至る所に横たわっていて、ウクライナのクレバ外相はSNSで激しく非難しました。

 クレバ外相:「ブチャの虐殺は、意図的なものだった。ロシア人はできるだけ、ウクライナ人を抹殺しようとしていた」

 また、ブチャの市長は「市民が後ろ手に縛られ、後頭部を撃たれた」「住民300人以上がロシア軍に殺害された」などと、ロシア軍による大虐殺があったと話しました。

 これに対し、ロシア国防省はSNSで反論しました。

 ロシア軍によるブチャでの市民殺害を否定し、人道支援も行われ、住民は自由だったと主張。写真や映像は、ウクライナ側の捏造(ねつぞう)で、「これはウクライナ側の挑発だ」としています。

■高精度ミサイル・・・石油精製施設など狙う

 南部の要衝、ウクライナ最大の港湾都市・オデーサ。早朝、ロシア軍の攻撃により、至る所で火柱とともに爆発音が響き渡ります。

 住民:「爆発が激しくて、とても怖かった。こんな経験は生まれて初めてです。必要ならライフルで戦うつもりだが、ライフルはミサイルに対抗できない」

 ロシア国防省は、石油精製施設や燃料貯蔵施設3カ所を高精度のミサイルで攻撃したと発表。施設からは黒煙が立ち上り、オデーサの空は真っ黒に覆われました。

■ロシア領内で火の手・・・ウクライナ否定

 一方で、ウクライナ侵攻後、初めてロシア領内で火の手が上がりました。こちらも、燃料貯蔵施設です。

 場所は、ウクライナ東部、第2の都市ハルキウに近いロシアのベルゴロド州です。

 住民:「ヘリコプターの音が聞こえて、非常に低空飛行で1分か1分半後に、大きな爆発音が聞こえて、周りが明るくなりました」

 ロシア国防省の報道官は、ウクライナ軍のヘリコプター2機がロシア領内に侵入。燃料貯蔵施設を攻撃したと発表しました。

 これに対して、ウクライナ側は「現実に合致しない」と否定したと、ロイター通信は伝えています。

■キーウ州全域奪還も・・・「遺体に地雷」

 ウクライナ南東部・マリウポリ。これまでの激しい戦闘で、街にあるほとんどの建物は、廃墟と化しました。

 ロシア軍の激しい攻撃が続いています。街の至る所に、「Z」マークを付けたロシア軍の戦車や、親ロシア派の兵士の姿があります。

 マリウポリは、数日から数週間以内に陥落する可能性があると伝えられています。

 これまで、ロシア軍は首都キーウを3方向から取り囲むように攻めていましたが、アメリカのシンクタンク「ISW」によると、地図上の青くなっている部分が、新たにウクライナが奪還したと主張する場所です。

 ウクライナの国防次官は2日、キーウ州全域を奪還したと発表しています。
 
 しかし、ロシア軍が撤退した街でも、今戻るのは危険だと、ゼレンスキー大統領は呼び掛けます。

 ゼレンスキー大統領:「ウクライナの北から、侵略者の退却が続いている。そして、正直なところ、危険性がある。ロシア軍は退却した地域に地雷を残している。その地雷は、マンションや住宅の中、道路、さらに遺体の近くに残されている。とても危険です」

 爆発する危険性があるため、ウクライナ兵たちは不審物の撤去に追われています。

 また、ウクライナ軍は、ベラルーシとの国境付近まで撤退したロシア軍を追撃しているといいます。

■ウクライナ「11の村長連れ去られた」

 ドローンを使い、ロシア軍の装備備蓄庫を発見。迫撃砲を打ち込みます。目的は、ロシア軍の再編成を防ぐためです。

 ウクライナ兵士:「我々には、勝利以外にありません。私たちに、逃げる場所はありませんから」

 一方で、ロシアによるウクライナ各地の首長などの連れ去りが相次いでいます。

 ベレシュチュク副首相:「3日時点で、キーウ、ヘルソン、ハルキウ、ザポリージャ、ミコライウ、ドネツクの6つの州で、11の首長が(ロシア軍に)拘束されている」

 ウクライナ政府は、国際赤十字委員会に通報し、拘束された他の民間人も含めて、拘束場所や健康状態を知らせるよう求めています。

■プーチン大統領 東部で5月「勝利宣言」か

 こうしたなか、アメリカのCNNは、政府当局者の話として、プーチン大統領が来月初めにも「勝利宣言」を行いたい意向だと報じました。目標は、5月9日です。

 5月9日といえば、旧ソ連が第2次世界大戦でナチス・ドイツに勝利した「戦勝記念日」で、毎年軍事パレードを開いています。

 プーチン大統領は戦略を見直し、ウクライナ東部の制圧を焦点とすることで、この日を目指しているとみられます。

■ウクライナ「首脳会談に向け合意案」も・・・

 気になる停戦協議の行方について、ウクライナの地元紙は、協議にあたっているウクライナの交渉担当者が「首脳会談を開催できるほど進展している」との認識を示したと伝えています。

 ウクライナ代表団・アラハミア議員:「ロシアとの首脳会談を行うのに十分なほど、停戦に向けた合意案が出来上がり、ロシア側もそれを確認した」

 しかし、ロシア側は「楽観論には同調できない」と反発しました。

 双方の隔たりが埋まらないなか、ロシア代表団のメジンスキー大統領補佐官は、停戦協議が4日にオンライン形式で再開されるとSNSで明らかにしました。

(「グッド!モーニング」2022年4月4日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/hiroshi39jp/hiroshi39jp.php.xdomain.jp/public_html/wp-content/uploads/auto-youtube/EiS_rmPR30E_hqdefault.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/hiroshi39jp/hiroshi39jp.php.xdomain.jp/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1516
未分類
肩の関節唇損傷は手術するな!!
1:名無しさん@お腹いっぱい2021.07.28(Wed) 肩の関節唇損傷は手術するな!!って動画が話題らしいぞ 2:名無しさん@お腹いっぱ...

Warning: getimagesize(/home/hiroshi39jp/hiroshi39jp.php.xdomain.jp/public_html/wp-content/uploads/auto-youtube/EiS_rmPR30E_hqdefault.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/hiroshi39jp/hiroshi39jp.php.xdomain.jp/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1516
未分類
京王線刺傷事件 八王子のホテル拠点に犯行準備か
1:名無しさん@お腹いっぱい2021.11.04(Thu) 京王線刺傷事件 八王子のホテル拠点に犯行準備かって動画が話題らしいぞ 2:名無し...