2020 08 27 生活保護 受給者・孤立死・どう防ぐ・大阪市の事例/ことし2月・ 生活保護を受給していた女性・死後1か月たった状態・息子とともに発見

生活保護についてのリポートです。
ことし2月、大阪で生活保護を受給していた女性が、死後1か月たった状態で、息子とともに発見される事案がありました。
ケースワーカーは自宅を訪問していましたが、長期間異変に気づくことができませんでした。
生活保護の受給者の中には、病気を抱えていたり、高齢だったりする人も多く、こうした「孤立死」をどう防ぐかが課題になっています。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事