Documentary『Detention in Siberia “Memories of a new military recruit” 』(English subtitles)

In February 2018, Fussa City produced documentary video of people who experienced Siberian detention in order to convey the memories of war to future generations.
Fussa City has additionally produced an English subtitled version of that video “Detention in Siberia, Memories of a new military recruit “.
English subtitles were produced by city staff over two and a half months.
In addition, English translation was confirmed by the native speaker, and accuracy was raised.
Fussa city wants many people to be interested in detention in Siberia.

【Cast】
Akiyoshi Chikada
Mieko Chikada

【Narration】
Noriko Morita(Shorin Community Center)

【Production cooperation】
Maizuru Repatriation Memorial Museum

【Providing materials】
Maizuru Repatriation Memorial Museum
Fussa city Local museum

【Staff】
〈Planning〉
Noriko Morita(Shorin Community Center)

〈English translation〉
Noriko Morita

〈English Advisor〉
Sonya White

〈Director〉
Satoru Ikeda(Fussa city Public relations Dept.)

【プロジェクト第二弾】シベリア抑留の記憶を世界へ

福生市では、戦争の記憶を後世に伝えるべく、「記憶のアーカイブプロジェクト」を立ち上げ、2018年2月には、シベリア抑留をテーマにした市内在住者のドキュメント映像『行き先も、分からずに~20歳の初年兵、シベリア抑留の記憶~』を公開しました。
プロジェクトの第二弾として、映像を英訳した『Detention in Siberia “Memories of a new military recruit” 』を追加制作しました。
字幕は、有志の職員が2か月半かけ、約9,000文字のセリフを英訳しました。また、出来上がった英訳はネイティブスピーカーに確認をしてもらうことで、文法や表現の精度を高めています。
市では、引き続き映像の活用を進めながら、国内外の視聴者を問わず、改めて多くの方にシベリア抑留に関して関心を持ってもらいたいと考えています。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事