メルケル路線継承か 独与党新党首に親メルケル派(2021年1月17日)

ドイツのメルケル首相の後継候補となる新たな与党党首にメルケル首相の中道路線の継承者とみられるアルミン・ラシェット氏(59)が選ばれました。

 ドイツの与党「キリスト教民主同盟」の党首選が16日、オンラインで行われました。

 メルケル首相は今年9月に引退すると表明していて、有力な後継者候補を決める選挙となりました。

 選挙の結果、西部ノルトライン・ウェストファーレン州の州首相を務めるラシェット氏がメルケル首相のライバルとされるフリードリヒ・メルツ氏(65)を破り、新たな党首に選ばれました。

 ラシェット氏はメルケル首相に近いとされ、メルケル路線を継承するとみられます。

 ただ、全国的な人気は低く、姉妹政党のゼーダー党首も9月に実施される総選挙の首相候補に浮上しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事