若者約300人集まり投石 沖縄の警察署で...

27日夜から28日朝にかけて、沖縄県の警察署に若者およそ300人が集まり、石を投げて窓ガラスを割るなどした。

高校生が「警棒で殴られ失明した」などという、ネット上の情報がきっかけとみられる。

27日午後10時半から28日午前4時半ごろにかけて、沖縄県の沖縄警察署に若者およそ300人が集まり、建物や車両に石を投げつけるなどした。

警察は、侵入を防ぐため、機動隊を呼ぶなど、およそ100人が対応した。

騒動のきっかけは、高校生が「警棒で殴られ失明した」などと、ネット上で広まった情報とみられる。

27日未明、バイクに乗った男子高校生と、警戒中の警察官が接触するトラブルがあり、その後、消防に「バイクの単独事故で顔面をけがをした」と高校生から通報があり、右目に大けがをしていることがわかった。

警察は、高校生のけがの経緯について、現時点でコメントできないとしている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事