1:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

長州征討って動画が話題らしいぞ





2:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

おすすめでござるよ



これはいいものだー



3:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

なんだかんだでいい動画となっているんでないかい。

4:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

君の名は・・・きよし

5:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

大坂 会見拒否続けば大会追放で0とか荒れ過ぎわろwww

6:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

最後まで見てくれたあなたがだいすきです。そ・れ・で・は・・

7:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

結構いいんでないかいー

8:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

こういうのってさーカワイイのとかもやってるtvとかがパクると急上昇になったりしてな

9:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

おつおつ

10:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

俺の名はビートキヨシ!見に来たぜ!

11:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

俺の名はダシオ!今はマグロ漁船にのっている

12:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

わんこおつ

13:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

わんこおつ

14:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

最近大坂 会見拒否続けば大会追放系のつまらない動画増えてるからな

15:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

俺の名はちずむ!今後の月収は2000円だ。

16:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

低評価0いくのかい、いかないのかいwwwww

17:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

This is description

長州征討, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=173394 / CC BY SA 3.0

#幕末の事件
#幕府陸軍
#長州藩奇兵隊
#江戸時代の戦い
#山口県の歴史
#長門国
#紀州藩
#北九州市の歴史
#浜田市の歴史
#益田市の歴史
長州征討(ちょうしゅうせいとう)は、元治元年(1864年)と慶応2年(1866年)の2回にわたり、江戸幕府が、京都で禁門の変を起こした長州藩の処分をするために長州藩領のある周防国、長門国(以下、防長二州と記す)へ向け征討の兵を出した事件を指す。
長州征伐、長州出兵、幕長戦争、長州戦争などとも呼ばれる。
特に慶応元年(1865年)5月の江戸幕府14代将軍徳川家茂の進発(出陣)に始まり、慶応3年(1867年)1月23日の解兵令に至る第二次長州征討は「長州再征」とも呼ばれ幕末政治史上の一大事件となったが、長州側の立場から当該事件を歴史的に捉えた場合は四境戦争と呼ぶ向きもある。
幕府陸軍(1866年) 西洋式軍装に身を包んだ幕府軍(1865年) 長州藩奇兵隊 以下、年の記述がない場合は日付は1864年とする。
7月23日、朝廷は幕府へ対して長州追討の勅命を発した。
幕府は長州藩主毛利敬親と養嗣子の定広(後の元徳)に京都で禁門の変を起こした責任を問い伏罪をさせるため、尾張藩・越前藩および西国諸藩から征長軍を編成した。
動員された藩の数は最終的に35藩、総勢15万人とされる。
8月13日、諸藩の攻め口が定められ五道(芸州口、石州口、大島口、小倉口、萩口)から、萩城のある萩ではなく藩主父子のいる山口へ向かうと決定した。
征長総督は尾張藩の前々藩主である徳川慶勝(7日に紀州藩主徳川茂承から変更)、副総督は越前藩主松平茂昭がそれぞれ任命された。
総督は征長について将軍から全権委任を受け征長軍に対する軍事指揮権を掌握する。
10月22日、大坂城にて征長軍は軍議を開き、11月11日までに各自は攻め口に着陣し、1週間後の18日に攻撃を開始すると決定した。
広島の国泰寺には総督府、豊前の小倉城には副総督府を置くことになった。
将軍が最終的に長州藩へ処罰(公裁)するが、総督は長州藩への降伏条件の決定、征長軍の解兵時期について権限を持つ。
幕府は朝敵となった長州の藩邸を没収し、藩主父子に謹慎を命じた。
しかし、どのような条件で長州藩に謝罪をさせるかについては決めず、幕府や征長軍内においては厳罰的な案を含めていくつかの案が出された。
この時、征長軍に参加して萩口の先鋒を任されていた薩摩藩は独自の動きを見せた。
福岡藩士の喜多岡勇平、薩摩藩士の高崎五六(兵部)が9月30日に岩国の新湊に入ると、岩国藩の吉川経幹(監物)と薩摩藩は征長における交渉に入った。
10月21日、高崎は岩国へ宛てて、「薩摩藩は長州藩のために尽力するが暴徒を処罰し、黒白を明らかとして、悔悟の念を明らかとするのが肝要である。また三条実美ら五卿の追放、時と場合によっては藩主父子が総督府の軍門に自ら出てくる必要があるが、まずは安心してよい」という内容の手紙を送った。
手紙には高崎は京都で留守番をするが大島吉之助(西郷隆盛)が征長軍で交渉を担当するため、遠からず岩国に入るかもしれないと書かれている。
24日、大坂において西郷は総督の慶勝へ長州藩降伏のプロセスについて腹案を述べると、慶勝はその場で西郷へ脇差一刀を与えて信認の証とし、西郷は征長軍全権を委任された参謀格となった。
慶勝と西郷は、総督府を幕府の統制下から離れさせ寛典論に基づく早期解兵路線へ「独走」させた。
11月4日、征長総督の命令により親友の税所篤(喜三左衛門)、吉井友実(仁左衛門)を伴い岩国へ入った西郷は吉川経幹と会談。
2日前に経幹は総督府へ禁門の変で上京した三家老(国司親相、益田親施、福原元僴)の切腹と四参謀(宍戸真澂、竹内正兵衛、中村九郎、佐久間左兵衛)の斬首、五卿(三条実美、三条西季知、四条隆謌、東久世通禧、壬生基修)の追放といった降伏条件で開戦の開始を猶予するように請願していた。
西郷との会談後、経幹は長州藩へ向けて家老切腹、参謀斬首を催促した。
11日、徳山藩において国司親相と益田親施が、翌12日に岩国藩において福原元僴が切腹。
同日に四参謀も野山獄で斬首された。
16日、広島の国泰寺において征長軍総督による三家老の首実検が行われた。
征長側は総督名代の成瀬正肥、大目付の永井尚志、軍目付の戸川安愛、長州側は吉川経幹、志道安房であった。
参謀の辻将曹と西郷は次室に控えていた。
『征長出陣記』は、尚志は藩主父子を面縛(後ろ手で罪人として引き渡す)、萩の開城を通告した。
経幹は顔面蒼白となり「この上はよんどころなく死…

18:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

>>17 おつおつ

19:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

>>17 おつかれ。いつもありがと

20:名無しさん@お腹いっぱい2021.05.31(Mon)

>>17 ありがとう

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事