映画『スパイの妻』公開記念スペシャルトークセッション

ヴェネチア国際映画祭で、最優秀賞を競うコンペティション部門にノミネートされた映画『スパイの妻』。神戸出身の巨匠・黒沢清監督が、初めて神戸で撮影を行った作品です。
本イベントは、黒沢監督と、共同脚本の野原位氏(神戸在住)、ロケ地となった旧グッゲンハイム邸管理人の森本アリ氏の3人が、作品が作られる過程や、神戸への思いをゆったり語り合う、珠玉のトークセッションです。

#スパイの妻 #078KOBE #KOBEFILMOFFICE

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事