"昼カラ"クラスター収束の小樽市で新たな病院クラスター発生 市立病院で職員や患者16人…感染ルートは (20/08/20 18:30)

道内の新型コロナウイルスの感染者は8月20日、17日ぶりに20人を超え、25人が新たに感染しました。小樽市立病院では新たに16人が感染し、クラスターが発生しました。

 迫俊哉 小樽市長:「新たに16人の感染が確認されました。多大なご心配、ご迷惑をおかけすることになりました」

 感染が新たに確認されたのは小樽市立病院に勤務する看護師など職員6人と入院患者10人のあわせて16人です。

 病院では19日に、20代の女性看護師の感染が確認されていて、感染者はあわせて17人となり、小樽市は集団感染クラスターと認定しました。

 病院では今月28日まで新たな外来診療と入院患者の受け入れを停止します。

 また、感染者と接触のあった職員や患者など100人以上のPCR検査も行っています。 

 一方道内では札幌市で10代から80代の男女など新たに7人が感染しました。

 このほか空知地方でも1人の感染が確認され、道内の新たな感染者は25人となりました。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事