横浜市長選に現職・林氏も立候補表明、“IR誘致”には賛成の立場

来月に行われる横浜市長選挙について、現職の林文子氏が立候補を表明しました。

 「横浜市長選に立候補することを決意致しました」(現職 林文子氏)

 横浜市の市長を3期務める現職の林文子氏は15日の会見で、正式に横浜市長選への立候補を表明しました。選挙の大きな争点となるカジノを含むIR(統合型リゾート施設)の誘致については、「横浜市の経済活性化の1つの核となって経済の流れをよくしていく」と述べ、賛成の立場を示しました。

 横浜市長選は来月8日に告示され22日に投開票が行われますが、これまでに、前国家公安委員長の小此木八郎氏や、立憲民主党が擁立を決めた元横浜市立大教授の山中竹春氏のほか、元長野県知事で作家の田中康夫氏、弁護士の郷原信郎氏、元衆院議員の福田峰之氏、横浜市議の太田正孝氏、動物愛護団体代表理事の藤村晃子氏、水産仲卸会社社長の坪倉良和氏が立候補の意向を表明しています。

(2021年7月16日03:45)

#横浜市 #横浜市長選挙 #IR

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20   
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews  
◇note  https://note.com/tbsnews  
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja  
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG8...

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-i...

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事