[使い方] iPhone だけで高品質な YouTube ライブ 配信 ( チャンネル登録数 が 50人 未満でも! )

YouTube公式アプリの場合、チャンネル登録数が50人以上(細かい規定を含むなら1000人以上)でないとiPhoneからライブ配信ができません。さらに1000人未満だと、視聴者数制限がかかります。VTeacherやOBSのようなエンコーダー配信なら大丈夫です。

※エンコーダ配信の設定は難しいので、覚悟の上で※フル機能は有料ですが、無料モードでも利用できます※アプリとアカウントは連携され、アプリ内でご自身のチャンネルがPRされます。連携が嫌な方はご利用を控えて下さい。

VTeacherは元CyberAgent、元GREEなど都内IT企業出身者が作ったラボチームです。このアプリはいばらきデジコン2019奨励賞受賞作品です!

[使い方] iPhone だけで高品質な YouTube ライブ 配信 を(配信画質のチューニングやQRコード投銭ができるアプリを紹介) #VTeacher

ここではVTeacherを使ってYouTubeライブをする方法を説明します。

【エンコーダーアプリをインストールする】
YouTubeでのライブ配信が有効であれば、VTeacher(今回使用するエンコーダーアプリ、ストリーミングソフトウェア)をインストールしてください。
AppStore:
https://apps.apple.com/jp/app/id1435002381#?platform=iphone

【設定方法】
公式マニュアルは下記の通りです(アプリ内の「ヘルプ」と同じもの)。
https://vteacher.online/v/c38_web/help/?lang=ja&auth=false

【参考1】
Qiitaの記事
https://qiita.com/rgbkids/items/7aa3250e0f802ad25cab

【参考2】
※ゲーム配信に対応(業界最高水準の4K [〜50Mbps]までの超高画質配信が理論上可能)。
(1) VTeacher でiPhoneからゲーム配信をする 設定編
https://youtu.be/Zym3okIhvO4
(2) MARIOKART TOUR をiPhoneからYouTubeライブする!
https://youtu.be/MSTBy0t9TYE

※アプリの掲示板で個別の質問ができます。同じ悩みを持つユーザーさんが教えてくれるかもしれません。
※フル機能は有料です(キャンペーン中=380円のときに加入すればずっとキャンペーン中の値段です)。
※ドラレコにも利用できます。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事