【速報】血縁関係“矛盾せず”鑑定結果を両親に説明 個人特定できない理由とは(2022年5月12日)

 山梨県道志村で見つかった人の頭の骨について、警察は、ミトコンドリアDNA鑑定の結果、小倉美咲さんの母親と血縁関係があるとして矛盾はないという結果が出たと発表しました。美咲さんと特定はできないとしています。道志村から報告です。

 (佐々木快アナウンサー報告)
 先月23日に道志村の山中で見つかった人の頭の骨の一部について、警察はミトコンドリアDNAの鑑定を進めていましたが、12日午後、その結果が入ってきました。その人の頭の骨が小倉美咲さんの母親と血縁関係があるとして、矛盾はないという結果が出たと発表しました。

 ただ、他の人のDNAである可能性が排除できないため、美咲さんのものとは断定できないとしています。そして、この結果を両親には報告・説明をしているとのことです。

 さらには現在も事件事故の両面で警察は捜査を進めているということです。13日以降も捜索を行う予定です。12日と同様およそ50人態勢で行うということです。

 今も雨が降っていますけれども、天候によっては中止もあり得るということです。

 犬が雨の日に役立つかどうか分からないということで、そのあたりは心配もしていました。

 今後は警察は状況証拠などを含めて総合的に見つかった人の骨が美咲さんかどうかを判断していくとしています。

 (Q.12日の捜索については終わったということになるのか?)
 この雨もあって、12日の捜索に関しては午後2時ごろに終わったとみられます。警察車両が続々と出ていくのを確認しています。

 そして、12日午後、出たその発表なんですけれども、ご両親には説明があったという情報が入っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事