有吉クイズ 【鳥居みゆき&モンエン西森の問題作!?】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉クイズ 【鳥居みゆき&モンエン西森の問題作!?】[字]

有吉弘行も解答者&謎の私生活密着で禁断クイズも!

◇番組内容
解答者がプライベートを切り売りしたり、体を張ってクイズを出題

【クイズラインナップ】
①モンスターエンジン西森プライベート密着Q
②鳥居みゆき謎だらけ初公開自宅訪問Q
 有吉もア然の重大発表
◇出演者
有吉弘行

小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
菅良太郎(パンサー)
せいや(霜降り明星)
みちょぱ

VTR
西森洋一(モンスターエンジン)
鳥居みゆき

野村真季(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組Twitter
 https://twitter.com/ariyoshiquiz

☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/ariyoshiquiz/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – クイズ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 鳥居
  3. 西森
  4. 小杉
  5. ブザー
  6. 不正解
  7. クイズ
  8. お願い
  9. 一同
  10. 結構
  11. 出題
  12. 旋盤
  13. 全部
  14. 鉄工所
  15. 有吉
  16. マジ
  17. 今日
  18. 最後
  19. 全然
  20. 年前

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

〈TVerでは
限定作品を毎週リリース〉

(尾形)こんな
わざとらしかったんですか?

『有吉クイズ』!

(拍手)

本日も ご覧のメンバーで
お送り致します。

菅さん
前回のクイズはいかがでしたか?

いや 楽しかったです。

それで 髪の毛も
レンタルする事ができて

非常によかったと思います。
ホントですね。

借りて わかりました
重量あるねんなっていうのが。

カチャって…。

では 本日のクイズなんですが
この方からの出題になります。

どうぞ。
えっ?

どうも こんにちは。
(せいや)あっ 西森さん!

出題ゲスト モンスターエンジンの
西森さんです。

よろしくお願いします。
なんだ 珍しいね。

(西森)よろしくお願いします。
珍しい。

ちなみに 有吉さん
共演のご経験は?

めちゃめちゃ久しぶりというか
ほぼないぐらいの…。

ないですね。 ほぼないと思います。
ないと思うな。

今回ですね
西森さんのプライベートに

密着させて頂きまして

そちらからの出題になります。

なんで?
普段を知らないんですけど。

(西森)なんで 見たくない…。
(せいや)見たくない。

なんでよ 怖いよ なんか 俺。
(小杉)ハハハハッ!

西森君が突然来て
プライベートなんて

怖いよ!
(菅)想像ができないです。

「この日

(スタッフ)あっ 西森さん
すいません じゃあ…。

はい どうも。

そうですね 東大阪。

布市町という所ですね。

住宅街ですね もう。

…っていう事が
ちょっと ありまして。

「それでは 問題です」

「この日の西森さんの目的地とは
どこでしょうか?」

「いや わからん!」

でも ヒント出てましたよね?
はい みちょぱさん。

(不正解のブザー)
違います。

はい 有吉さん。

(不正解のブザー)
孫いませんから。

おじいちゃん…。
(せいや)もう 孫いるんですか?

孫いないです 『ピカル』メンバー。

僕 43なんですよ まだ。
えーっ!

43!?
(西森)はい。

(小杉)毛染めせえへんように
なったからね。

(スタッフ)なるほど。

「そして 何やら奥まった路地へと
入っていきます」

「なんだよ?」

ここです。

(スタッフ)あっ これ
入っちゃっていいんですか?

大丈夫です はい。 どうぞ。

「はい 中に入りました」

(せいや)「えっ?」

(せいや)「工場 やっぱり」
「何? これ」

(西森)煙ってますね。

(スタッフ)あっ 西森さん これ…。

そうです。

ここはですね
僕の親父の鉄工所ですね。

(スタッフ)鉄工所ですね。
(西森)そうです はい。

で 今日は
ちょっと 作業しようかなと。

「そう 西森さんのご実家は
町の小さな鉄工所」

「ご自身も 3年ほど
町工場で働いていた経験を持ち…」

「これね。 イメージあるね」

「鉄加工の様子を
YouTubeでも披露」

(西森)そうなんですよね。

これは でも
初め 新品で買ってましたね。

(スタッフ)それは なんなんですか?
(西森)これは NC旋盤っていう

コンピューターが付いてる
旋盤の…。

(スタッフ)旋盤?
(西森)丸いものを引く…。

高速でシャーッて削る…。

これの ここですね。
(スタッフ)あっ それが?

…言うてましたね。

(西森)これが
リテーナープレートになります。

(みちょぱ)「何? それ」
(せいや)「リテーナープレート?」

何? それ…。
全然わかんねえんだよ。

芸人のボキャブラリーじゃ
ないですよ。

(西森)ブルドーザーとかの
油圧の中の

高圧の油を発生させるための
核の部品になって…

そのプレートを
メインで作ってます。

(スタッフ)
ああ そうなんですか…。

(スタッフ)そういう部品なんですか?
(西森)はい。

羽が ちょっと 後ろ
パカッてなったりしますやんか。

ああいうの
すごい 力いるんで

全部 油圧でやる
っていう…。

「そんな 私たちの生活を支える
町工場」

「では この日

(スタッフ)あっ なるほど。

結構 早いと思います。

「では 問題です」

はい 小杉さん。

結婚されたんで…。

(不正解のブザー)
(みちょぱ)なるほど。

はい せいやさん。

奥様にあげる
ネックレスみたいなのを

オリジナルで作る。

(不正解のブザー)
いや ハードすぎるだろ。

いやいや
「油くせえ」とか言わないで…。

(せいや)鉄工所!
ちゃんと拭きますから それは。

(せいや)「いいVやったんで
やめてください」

(西森)こっちは だから 職人が
手で作業する方の旋盤ですね。

(スタッフ)ああ なるほど!
同じ旋盤だけど

さっきのは モニターみたいなのが
付いてましたもんね。

せいやさん。
(せいや)水筒。

(不正解のブザー)
違う?

違います。
そう見えるよね。

(西森)はい そうです。
(スタッフ)はい はい。

(せいや)「うわっ!」
(みちょぱ)「うわっ…」

「うわ~!」

「まずは

(小杉)「これ
さじ加減 全部 手作業…?」

「いや マジすごいな…」

「かっこいいな…」

(せいや)「ずっと かっこええな」

「続いて 端面なども
丁寧に整えていきます」

「すげえ!」
(みちょぱ)「うわ すごい すごい」

(せいや)「背中 渋っ!」
(小杉)「ねえ」

(せいや)「背中 渋っ!」

(小杉)「窓からの光がええよな」

(西森)まだ全然ですね。
(スタッフ)はい。

「まだ 完成は程遠いようですが…」

「何やら 少しだけ

(みちょぱ)「うん?」

「さらにもう1カ所に
深く切れ込みを入れていきます」

(みちょぱ)「何? これ」
(せいや)「何? これ」

「すると…」

「アハハハッ…」

(せいや)「黙々とやってますやん」

(スタッフ)ああ なるほど。

(西森)一応 手で切りました。
(スタッフ)最後は 手で。

(スタッフ)ちょっと溝が。

「すごいな これ。 見てられるよ」

(西森)はい。

汎用フライス盤といって
穴開けをメインに。

(せいや)「全部
聞いた事ないテロップや」

「この

(みちょぱ)「水筒とかじゃない…」
「じゃないんだよなあ」

(せいや)「西森さん かっこいいな」
(小杉)「かっこええ」

「トニー・スタークやで
これ やってる事」

(スタッフ)それは戻れないんですか?

「ミスのないように慎重に

何度かに分けて
穴を開けていき…」

「続いて

「目印をつけていた部分を
切断します」

(みちょぱ)「うん?」

(西森)このまま いきます。 はい。

「なんだ?」

「おお…!」

(スタッフ)なるほど。

(西森)これは 結構いきましたよ。

(みちょぱ)「えっ 何!?」

(西森)急に…
急に80パー近くいきました。

えっ 何?

開けて終了です。

「ある物を入れる。
これは大きなヒントです」

(みちょぱ)「でかい?」

「そして 3時間が経過」

「なんだろう?」
(みちょぱ)「使うやつ?」

「有吉さんに喜んでほしい。
その一心で最後の仕上げ」

(せいや)「何? これ。
何かを入れる…」

「何?」
(みちょぱ)「何? 何?」

(せいや)「なんか した?」

うわっ… ハハハ…。

ドラマもある。

「そして 無事

「最後は
しっかり ネジを締めて…」

「トータル3時間半 ついに

なんだ? これ。

(チャイム)
(せいや)わからん。

はい せいやさん。

(不正解のブザー)
鉄TENGA。

(一同 笑い)

もう開ける寸前なのに!

(小杉)「何?」

(せいや)「おいおいおい!」

無理だよ わかるわけないじゃん。

完璧な寸法で入ってます。

(西森)0.15ミリずつしか
余白ないですね。

「すげえ…!」

(西森)これ以外は
何も入らないです。

(せいや)「重いですって」

(せいや)「重いですって」
「重すぎるだろ!」

持っていくと。

「という事で

すげえ!
(拍手)

すごいね。

フフフ… ハハハ…!

こちらが実物です。
ありがとうございます。

(みちょぱ)つまようじ入れとか
ありそうなのに。

うわあ… ハハハハハ…!

どうしたんですか?
これ

めちゃめちゃ重いよ!
(せいや)重量感が。

うわあ!

(せいや)そんなに?
(西森)ホンマです はい。

2~3キロあるよね?

(みちょぱ)持ち歩けないよ
そんな…。

あっ 入ってる。

ちゃんと入ってる。
(せいや)いや かさばるな これ。

(小杉)きっちり入ってるんですか
のってるだけじゃなくて。

(西森)違います。
完璧な入れ物に…。

持ってみ 女性が。

俺 大げさに言ってると
思ってるだろ。

えっ…? あっ。 ハッ…!

ねっ 磁石でくっついてるのかな
っていうぐらい。

(小杉)そんなに?
(みちょぱ)マジ!?

めちゃくちゃ軽く?
そうするために?

鉄っていうのは
本来 こんなもんなんだ。

(西森)そうです。

さびるの…?
定期的に

メンテナンス しんど!
(みちょぱ)大変!

フリスクのせる所にも
塗った方がいいんでしょ? 油を。

そこは 食べれるように

(一同 笑い)
(せいや)めんどくせー!

なんの縁もゆかりもない俺に

『有吉クイズ』 続いては…。

こちらのゲストからの出題です。

どうぞ!
また?

どうも よろしくお願いしまーす!

鳥居みゆきさんです。
よろしくお願いします。

鳥居ちゃんだよ!
(せいや)おはようございます。

おはようございます みゆきさん。
(鳥居)ちょっと早いけど

(せいや)早いなあ!

調子…
じゃあ 調子いいって事だね!

はい 今日 何して遊ぼっか。

何? 何? 怖いんだけど。
なんで こんな人 呼ぶのよ!

小杉さん 共演された事は?
いや…。

えー ウソ!
ないの?

ブラックマヨネーズの
小杉竜一さんとは

そんなに会った事ないですよね?
ありましたっけ?

あっ そうか。 初めて?

あれ? ブラックマヨネーズの
小杉竜一さんは…。

なんで 全部言うねん!
(せいや)めっちゃフルネーム。

なんで 全部言うねん!

ちょっと よくわかんない。
覚えてないかもしれない。

でも すごい… 会ってたとしても
もう 十何年ぶり。

そうなんですよ!
へえ~。

初期に会ったか会ってへんか
もう 大勢の中に…。

はいはい そうです そうです。

今回はですね

鳥居さんのご自宅に
お邪魔して…

出題します。
(せいや)めっちゃ気になる。

テレビで公開されるのは?

初めて…。 せーの 初めて!

(せいや)言えないです。
怖い! やだ もう。

(せいや)
「せーの」 言えないです…。

そうなんです。
(せいや)セット裏で。

はい どうぞ。

あら? なんか イメージ違う。
かわいい。

(チャイム)

(スタッフ)あっ おはようございます。
まぶしい…。

こんばんは… こんにちは。
(スタッフ)こんにちは。

(みちょぱ)「あっ きれい」
「あら? なんか イメージ違う」

(鳥居)「かわいい」
(せいや)「めっちゃきれい」

(みちょぱ)「もっと薄暗い感じ」
「前は もっと暗かったよ 家が」

そうなんですよ。

「玄関を越えると
備え付けの小さな棚には

きちんと整頓された
オブジェの数々が」

「そして

(せいや)「暗いな~」

(スタッフ)鳥居さん 大体 この

目が疲れちゃう…。

「普段は 落とし気味の照明で
生活をしているという

鳥居さんですが
ロケなので…」

電気 ついた。

(スタッフ)こんな感じの…。

(鳥居)かわいい?
(スタッフ)リビングで…。

(せいや)「怖い 怖い 怖い」

はい。
(スタッフ)はい。

じゃあ 「この骸骨ちゃんの名前は
なんでしょう」は?

そしたら 絶対さ…。

(せいや)「うわ 先 言う…」

(スタッフ)ああ~…。

(せいや)
「クイズじゃなかったんや」

大変だ このロケ。
(せいや)クイズや思った。

(スタッフ)あれ?
(鳥居)猫 いないです。

これ これ…。

(スタッフ)飼う気もない。 はい。

「そんな鳥居さんのお部屋には

ご覧のような
猫グッズが置かれています」

(菅)「あ~ これ 猫が好きなやつ」

はい。

「というわけで 続いては

(せいや)「クイズ お願いします」

(スタッフ)結構

(スタッフ)はい。 あっ…。

(スタッフ)あっ そうなんですね。
(鳥居)一番好き。

「そんな鳥居さんのキッチンは

(スタッフ)ちゃんと ゴミの袋とかを
こういうとこに…。

(鳥居)これ すごい便利。
(スタッフ)へえ~。

「そして 冷蔵庫の中は…」

(みちょぱ)「あっ すごい。
いっぱい」

(鳥居)ぎっちりなんですよ。

(鳥居)じゃがりこは

分けてます。

(スタッフ)これ なんか あれですか?

(スタッフ)いいですか?
(鳥居)うん…。 はい。

これ ちょっと
なんにも見てない…。

(スタッフ)なんですか? それ。
手羽先かなんかですか?

そうなんだよ!

「しかし

寝室?

(スタッフ)大丈夫ですか?
(鳥居)うん。

「では ここで問題です」

「寝室に入ると
ある事が明らかになります」

「それは 一体 なんでしょう?
早押しでお答えください」

難しいわ!
(鳥居)早押しだよ。

(鳥居)はい 有吉さん。

(不正解のブザー)
(鳥居)いいです!

「いいです」?
はい。

伏線やったんすか? あれ 全部。
おらんかったやつとか。

(みちょぱ)違う違う…
みちょぱです。

みちょぱです。
(鳥居)ちょぱ ちょぱ…。

(不正解のブザー)
あっ 違う。

では 続きを見てみましょう。
はい!

(鳥居)すごい寒い…。
こざっぱりしてる…。

(スタッフ)すいません。 失礼します。
(鳥居)はい。

(せいや)「スポンジ・ボブや」

(鳥居)はい。
(スタッフ)あと…。

(鳥居)そうなんです。

「何? やめてよ」

「やめろよ!」

なんだよ お前は!

この番組で?
やめてくれよ!

(小杉)「なんや? このクイズ!」

1人で住んでますよ。

(スタッフ)あれ? ここ… えっ?
鳥居さん 離婚したんですか?

はい。

「やめてくれ ここで発表…」

(みちょぱ)「えーっ!?」
(せいや)「結構前…」

マジ!?

(スタッフ)あっ そうなんですか。
(鳥居)はい。

(スタッフ)いや お菓子は ちょっと
今 食べる感じじゃないですね…。

「という事で 鳥居さんの
ご自宅からのクイズでした」

離婚したの?

3年前?
いや まあ…。

(鳥居)なんで!? えーっ?

3年も前ですよ。
3年前?

そう 3年も前ですよね。
なんで?

これが 3年前に

結構…
確定申告の話だのなんだので

仲が ちょっと
悪くなってたんですよ。

昔の浅香光代さんと
野村沙知代さんの…。

ミッチー・サッチーの仲
だったんですけど…。

それで マネジャーさんと

「確定申告とか どうの… 経理に
話してもらったりしました?」

みたいな話が来て…。

全然 話 通してくれないから

もう こうなったら
離婚しちゃうかもって

入れたんですよ。
そしたら それ

(鳥居)私…。

誤爆離婚!?

(鳥居)で どうしよう どうしよう
と思って…。

もう あの… 電話して

留守電になっちゃうから 留守電に
初めてですよ…

「な~んちゃって」って言いました。

(一同 笑い)
(鳥居)初めて…。

「な~んちゃって」…。
(せいや)特大の?

はい。 初めて言いました。
(せいや)「な~んちゃって」…。

(鳥居)そしたら 今

こうやって ケンカして
仲悪くて 夫婦してるよりも

仲良く 友達でいた方がよくない?
みたいになったんです。

で 今…。

ああ そう?
関係は終わってないんや 別に。

はい。
みんな 正解できなかったな!

ハハハハハ…!

(鳥居)えーっ!?
(せいや)この機会 やばいって…。

とりあえず 今日は もう
塩まくから 帰って。

なんで 塩まくの?
(せいや)幽霊…。

♬~「明日への」

〈このお題 誰がやる?
新クイズ スタート!〉

〈次回 新クイズ〉

〈誰ならできるか予想して
チャレンジ〉

野田 絶対いけるなら 6000ぐらい
いっちゃって いいんじゃない?

勘弁してくださいよ 出川さん。

オッズは こちら。

〈お題によって変わるオッズ〉

〈さあ 誰にベットする?〉

出川 500っていうのは どう?
(一同 笑い)

♬~「明日への」

〈プレッシャーのかかる
チャレンジの結末は?〉

〈番組を
もう一度 ご覧になりたい方は

TVer TELASAで配信〉

Source: https://dnptxt.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事