ゼレンスキー氏、兵士たたえ病院に ロシア側に変化か・・・4回目停戦協議へ(2022年3月14日)
1:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ゼレンスキー氏、兵士たたえ病院に ロシア側に変化か・・・4回目停戦協議へ(2022年3月14日)って動画が話題らしいぞ





おすすめでござるよ







2:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

これはいいものだー



3:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ウクライナでゼレンスキー氏、兵士たたえ病院に ロシア側に変化か・・・4回目停戦協議へ(2022年3月14日)出てくると思わなかったわ

4:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

この動画はちょっと魅力的~で背負い投げー

5:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

こういうのってさーカワイイのとかもやってるtvとかがパクると急上昇になったりしてな

6:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

この動画消されないよな?

7:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

見に来たぜー!俺の名はキヨシ!今は風俗店の店長だ

8:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

わたしの動画が好きで好きでたまらないおまえら~

9:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ワィヒッヒッヒッ

10:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ってな感じでね~な動画だね!!

11:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ANNnewsCHこれは・・もはや死亡フラグか・・・?なんなのか・・

12:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ウクライナで722とか荒れ過ぎわろwww消さんのかな

13:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

結構いいんでないかいー

14:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

ウクライナで検索したら結構ぉおお上の方出てきた

15:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

最後まで見てくれたあなたがだいすきです。そ・れ・で・は・・

16:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

この動画消されないよな?

17:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

This is description

 緊張続くウクライナ情勢です。ウクライナとロシアの4回目となる停戦交渉が日本時間の14日午後5時半から始まるとロイター通信が伝えています。

 ロシアのウクライナ侵攻から18日。ウクライナの徹底抗戦からか、ロシア側に“変化”がみられるようになったといいます。

 ウクライナ、ポドリャク大統領府顧問:「今、ロシアが冷静に世界の声を聞くようになりました。ウクライナの自分の国を守る強い抵抗に、ロシア側が反応したのです」

 ロシアメディアによりますと、両国は停戦条件やロシア軍の撤退の方法、和平合意の条件についても協議しているというのです。

 ウクライナ、ポドリャク大統領府顧問:「我々の提案は、軍隊の撤退や爆撃を停止することです。妥協するつもりはありません。数日後、結論が出ると思います」

 この後、日本時間午後5時半から予定されているオンライン方式での4度目の停戦協議。事態は急転、停戦合意に向かうのでしょうか。

 少なくとも、あと数日で何らかの具体的な結果が出るとみられるというのです。

 一方で・・・。

 民間の建物を次々と破壊するロシアの戦車・・・。ロシア軍は一般市民への攻撃を強めています。

 ウクライナのなかでも、最も悲惨な状況のマリウポリ。病院の廊下では、子どもを抱いて泣き、女性が震えていました。彼女は、もう1人の子どもを砲撃で失いました。

 子どもを亡くした母親:「私たちの子どもたちを誰が返してくれるの?誰が?」

 キエフ北方のチェルニヒウ。住宅から運び出されているのは、なんと不発弾です。

 市民:「ロシア軍は侵略者だ!ロシア軍は侵略者だ!」「自分の家(ロシア)に帰りなさい!」

 ウクライナ南部のヘルソン。銃声が鳴り響くなか、Zマークのロシア軍戦車の車列に向かって大勢の市民が立ち向かっていました。

 市民への徹底抗戦を呼び掛けるゼレンスキー大統領。13日に公開された映像では、軍の病院を訪れ、負傷した兵士を見舞っています。

 ゼレンスキー大統領、兵士たちの勇気をたたえ、メダルを授与しました。

 ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「大丈夫ですか?早く良くなりますように。それが一番です」

 また、ロシア軍の攻撃はこれまで主に東側などでしたが、比較的安全と思われ、多くの人が避難しているポーランド寄りの西側にも広がってきています。

 ウクライナ西部リビウ州の知事によりますと、ポーランドとの国境に近い軍事基地「国際平和維持安全保障センター」が、ロシア軍の空爆に遭いました。35人が死亡、134人が負傷したといいます。

 実は、この基地はNATO(北大西洋条約機構)からウクライナへの軍事支援の拠点となっていました。まさか、NATOへの“脅し”ではないでしょうが、ロシア側はこの攻撃で外国人の傭兵(ようへい)と外国からの武器を破壊したと発表しました。

 ロシア国防省・コナシェンコフ報道官:「ウクライナにやって来た外国人傭兵の排除は今後も続行される」

 一方、ウクライナで狙われているのが、市長だというのです。南部ザポリージャ州の知事はSNSで13日、ドニプロルドネの市長がロシア軍に拉致されたと発表したのです。ウクライナで市長が誘拐されるのは2人目です。

 11日にはメリトポリの市長が武装集団に拉致されていますが、その後、ロシア側はなんと親ロシア派の市長を就任させたのです。

 新市長は、拉致から2日後の13日には早速、ウクライナで「ロシアの国営テレビの放送を始める」と表明しました。信頼できる情報が不足しているためだといいます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

18:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

>>17 おつおつ

19:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

>>17 ありがとう

20:名無しさん@お腹いっぱい2022.03.14(Mon)

>>17 おつかれ。いつもありがと

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事