元ボクシングチャンピオンのRomchenkoがライフルでウクライナ軍の入隊をカバー

世界最速のプロボクシングの第3レベルのチャンピオンであるワシルロマチェンコ(34 =ウクライナ)は27日(28日の日本時間)に彼のSNSで祖国を守りました...--デイリースポーツデイリーニュースネットワークデイリースポーツネットワーク(nikkansports.com) 。
#ボクシング元3団体統一王者ロマチェンコがライフルを手にウクライナ軍に入隊報告
世界最速のプロボクシング3グループ統一ライト級チャンピオンのワシルロマチェンコ(34 =ウクライナ)は、SNSで祖国を守るために27日(日本時間28日)にウクライナ軍に加わった。

ロシアの侵略後に家族と一緒にギリシャに避難していたロマチェンコは、一人で故郷に戻り、領土防衛軍に加わった。写真では、ウクライナ南西部のオデッサ近くの故郷であるビルホロド・ドニストロフスキーが、ヴィタリ・グラジダン市長と一緒に手持ちの写真を投稿しました。ライフルの写真です。

ロマチェンコは2008年の北京オリンピックと2012年のロンドンオリンピックで金メダリストであり、2018年にはプロとしても世界最速の第3レベルのタイトルでした。 9月19日、彼はWBAスーパー、WBO、WBC世界ライト級チャンピオンになりました。 2008年10月に彼は3チームの世界タイトルから落ち、昨年6月に彼は元東太平洋ライト級チャンピオンの中谷正敏(Teiquan)との再スタートで9つのTKOを獲得しました。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事