ポーランド東部 米軍 ウクライナ避難民受け入れ準備(2022年2月24日)

 ポーランド東部ではアメリカ軍がウクライナから退避してくる人たちを受け入れるための準備を進めています。

 ポーランドにはウクライナとの国境近くにアメリカ軍の部隊が追加派遣され、およそ5000人がポーランド軍とともに活動しています。

 そのうち最大のキャンプ地となるミエレツの空港では多くの避難者の発生に備え、受け入れ準備が進められています。

 担当する第82空挺(くうてい)師団は去年8月のアフガニスタン・カブール空港からの退避支援にも従事したということです。

 アメリカ政府はウクライナ国内にいる国務省のすべての職員に対してポーランドへの一時避難を命じています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事