埼玉立てこもり、容疑者を緊急逮捕 人質の医師は撃たれて死亡

埼玉県ふじみ野市の住宅で27日夜、猟銃のようなものを持った住人の男が、訪れた医師の鈴木純一さん(44)を人質に立てこもった。県警は発生から約11時間後の28日午前8時ごろ、住宅に突入し、無職渡辺宏容疑者(66)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。鈴木さんは撃たれており、心肺停止の状態だったが、死亡した。他に男性2人も撃たれるなどして負傷した。

 県警によると、撃たれるなどした3人は在宅クリニックの関係者という。訪問介護を受けていた渡辺容疑者の母親が亡くなり、容疑者に呼び出されて同市大井武蔵の自宅を弔問のために訪れ、トラブルになったとみられる。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事