それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり駐車場】【春日・人間の限界に挑戦】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり駐車場】【春日・人間の限界に挑戦】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【狩野&大島てる・駐車困難なワケあり駐車場を徹底調査!】
【人間には難しいとされている事に春日が挑む!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる/春日俊彰(オードリー)
番組内容
①【ワケあり駐車場を徹底調査!】
どうやってここに停めたの?と思ってしまう駐車場には何かワケがあるはず!
そんな“激せま”の“ワケあり駐車場”を、狩野英孝とともに巡る企画。
「大島てる」も参戦し、停めづらい「ワケ」に迫る!
今夜は視聴者とのガチンコ対決2本立て!!
超激狭な縦列駐車の駐車場に下り坂の先にある半地下駐車場!!
狩野、降板の危機か!?
番組内容2
②【人間の限界って実際どれくらいなの?】
「後出しジャンケンで負ける」「紙を9回以上折る」など、世の中には物理的に、また脳の構造上、ほとんどの人が出来ないとされることが数多く存在する。
そんな「人間には難しいとされているコト」に、芸能界随一の身体能力を誇る・オードリー春日が体を張って挑戦!
春日は「#できた」のか?「#できない」のか?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 春日
  2. 大島
  3. 狩野
  4. ハハハ
  5. スタッフ
  6. 森川
  7. 駐車場
  8. 本当
  9. ジャンケン
  10. ポイ
  11. 検証
  12. 車庫
  13. 縁石
  14. 寿山
  15. 大丈夫
  16. ギリギリ
  17. ポン
  18. 用意
  19. 高見
  20. 無理

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
日テレサービス
¥1,578
(2022/01/26 23:15:59時点 Amazon調べ-詳細)

<皆さん 街を歩いていると…>

<…と思ってしまう駐車場を
見たことは ありませんか?>

<なぜ こんな駐車場に
停めているのか?>

<そこには きっと何か…>

<そこで今回も…>

(狩野)どうも!

<調査するのは…>

<そして Mr.事故物件…>

(狩野)いや 大島さん…

<交通量の多い道路に面する

超 激狭 駐車場>

<半地下に眠る
急斜面にある ワケあり駐車場>

<果たして…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大島)お願いします。
(森川)お願いします。

いや~…

(華丸)はい。

代わりの方が やるのかな?と
思ったら…

…人みたいな
認識をされてましてね。

…ありますもんね。
(大島)ハハハ…[笑]

(大吉)今のところ。

(大島)ハハハ…[笑]抑えてください。

(スタッフ)きょうはですね…

<この企画は
皆さんの周りにある

どうやって停めているのか
謎な駐車場を

2人が解決する企画>

(狩野)何て言うのかな…

(狩野)…僕ね。

<…皆さん!>

<ぜひとも 2人が慌てふためく
駐車場の投稿を…>

(狩野)さぁ 大島さん…

「絶対 停めるぞ」[笑]

<本日 最初の投稿は…>

(狩野)道路 広くて

人通りも車通りも多いですね。

(狩野)…ないかなとは
思うんですけど。

(スタッフ)内容なんですけど。

(狩野)なるほどね。

みんな そうだよな。

<一体…>

えっ?

(狩野)う~わ!

(狩野)大島さん 前見て 前。
(大島さん)ハハハ…[笑]

(狩野)あっ もう…

(大島さん)前も こういう工夫
ありましたね。

(狩野)あった あった…。
(大島さん)LEDの。

(狩野)これが…

(大島さん)これ。

(狩野)ここ へこんでるね。

あんまりグッと行き過ぎると
ヤバイね。

(大島)本当だ。

(狩野)その中 この…

<早速 住人の高見さんに
話を伺う>

<そう 実は こちら
創業38年の お弁当屋さん>

<出前がメインのため
1日に8回ほど

車を出し入れする>

<高見さんが 配達の際
よく ぶつけていたため…>

(大島さん)…この駐車場は。

(狩野)え~っ!

<一体どうして こんな駐車場に
なってしまったのか?>

いや 本当そう。

(狩野)はいはい…。

<実は こちらの駐車場

もともと
お店の飲食スペースだったが>

<違反建築になるということで

やむなく駐車場にしたという>

(狩野)AQUA。

(狩野)う~わ…

<今 乗っている車よりも
ひと回り大きい…>

<…を 用意して

停められることを
教えてあげよう>

(狩野)そこまで…

(大島さん)ハハハ…[笑]

<ということで 駐車の際の…>

<まずは初見で確認した…>

<そして狩野が 大島てるに…>

(大島さん)こんなに
なってたんですね。

(狩野)俺 これなかったら もう
ちょっと楽だと思うんだけど。

<つまり車庫内は…>

(大島)あ~っ。
本当だ。

(大島さん)あ~っ そうですね。

本当だよ。

<そう 本来ならば
このルートで入っていきたいが>

<この縁石があるため

進入角度が限定される>

(狩野)で あんまり ここ…

この歩道で…

<これらのポイントに
注意を払い

いざ挑戦!>

(大島さん)はい。

<まずは
少ない交通量を見計らって

車庫入れしたいところだが>

<身動きが
取れない>

<千載一遇のチャンス!>

(狩野)歩行者 大丈夫ね?

<今のうちに
車庫へと入っていきたいところ>

(大島さん)はい それで この…

(大島さん)で えっと…。

(狩野)あれ?ちょっと待って
1回戻る1回戻る。

<確かに このままバックしても

進入角度としては不十分>

<大回りになってしまう
車道から進入するのではなく>

<一度 歩道に進入し

そこから車庫へ入るというもの>

<ちなみに…>

<すると 車体前方に…>

(大島さん)縁石 大丈夫ですか?

<気づかない 狩野>

<このままだと ぶつかる>

<どうだ?>

<ギリギリ止まった!>

(大島さん)…普通に。

(狩野)もう ちょい余裕あります。

(大島さん)ハハハ…[笑]

<大島てる側は 余裕があるが>

<細かいハンドルさばきで
縁石を越えていく>

もっと
左に寄せないと。

(大島さん)ハハハ…[笑]

<だが 狩野の予想通り

進入角度を探り 彷徨うものの

一向に入らない>

<何と切り返しているだけで

30分も要してしまった>

<しかし ここで狩野が
大胆な作戦を思いつく>

(狩野)大島さん…

<何と…>

<そう 狩野は戻ることも
勇気と考えた>

<つまり この駐車場は…>

<先ほどとは違い
ギリギリのギリを狙う>

(大島さん)ちょっと乗り上げます
縁石に。

(狩野)こう どう?

<結果
縁石にタイヤが引っかかった>

<狩野 強行突破!>

<これにより 今までで
一番いい角度になった>

<そして車庫…>

<後方に気を配りながら

バックしていく>

(大島さん)あっ 本当ですか。

(狩野)ここギリギリ攻めるから。
(大島さん)はい。

<かなりギリギリを攻める>

(大島さん)大丈夫です。

<一方の…>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<ギリギリ セーフ>

<間一髪のところで
衝突を免れた>

<しかし左右ともに
ギリギリということは>

<…ことを指す>

<後方には必要以上に
注意を払う必要がある>

<徐々に…>

(大島さん)いや かなり。

(狩野)そうだよね。
(大島さん)はい。

<ようやく…>

<そして鬼門の後方へ>

(狩野)右に切ってます
右に切ってます。

(狩野)ゆっくり行ってます
ちょっと待ってね。

これガクンと行くから
ゆっくり行きます。

<狩野側は すでに
いっぱい いっぱい>

(狩野)後ろ下がります。

<すると 大島てる側に…>

(大島さん)はい 止まってください

<衝突音が しなかったため

判定はセーフ>

本当に?

<あとは車庫の中で…>

<しかし そのギリギリの
切り返しが…>

(狩野)ちょっと待ってね。

<小刻みな切り返しを重ね

少しずつだが
車庫へと入っていく>

<しかし…>

[パキッ](大島さん)おっと!

当たった。

(森川)ヤバイ。
ヤバイ。

[パキッ](大島さん)おっと!

<これは確実に…>

(大島さん)出番が出てきたんで。

そうです これ結構 前が…。

(狩野)これ大丈夫?
こっち側 大丈夫?

(大島さん)大丈夫です
あれが せっかく…。

あっ 動いた 動いた…なので。

<それでも このギリギリ具合>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<過去一の難易度>

(狩野)あっ ちょっとね。
(大島さん)はい。

<しかし あと一歩で攻略できる>

<頑張れ 狩野!大島てる!>

(大島さん)そうですよね それで。

(大島さん)乗り上げてます
あの 真っすぐ…。

(大島さん)左のタイヤが
乗り上げてる…。

(狩野)真っすぐ?

<そして ついに>

<見事…>

(狩野)いや 疲れた!

<そう
もし壁に傷が入っていたら…>

(狩野)…こちらの。
(高見さん)クッション?どこ?

<高見さん確認のもと…>

<さらに車体にも
傷がなかったので 狩野…>

(狩野)正解は?

<ということで…>

(狩野)そこから
切っちゃっていいんだ。

<高見さんもダイレクトに
車庫に入れる>

(狩野)うんうん…。

この角度で入って?

(狩野)あっ やっぱ…

あんなとこまで
行くんだ。

<2人が苦戦した
車庫の切り返しも

難なく やってのける>

(大島さん)はい。

(狩野)すげぇ!

<切り返しの数は わずか3回>

(狩野)え~っ!

(大島さん)お見事です。

<続いての
ワケあり駐車場は>

<同じく…>

(スタッフ)…ワケあり駐車場です。
(狩野)半地下?

(スタッフ)こちらです。(狩野)あっ!

うわ~っ 厄介。

<半地下に いびつに停められた
ワケあり駐車場>

(狩野)で おそらく…

本当だ。

(狩野)そこの…

(大島)え~っ。
2台?

<それでは早速 住人の寿山さんに
話を伺う>

(狩野)マジですか?

(寿山さん)…年寄りの人…

(一同)ハハハ…[笑]

<しかし…>

(狩野)はぁ~。

(寿山さん)測らず。

<そもそも 寿山さん
一度も この…>

<それが原因で…>

<…を お持ちだという>

えっ!?

うん。

(狩野)うわっ キツい!

<なんとも…>

<そして
そんな 寿山さんにも…>

(奥さん)ハハハ…[笑](寿山さん)前に 乗ってたんでね。

(森川)いやいや
無理[笑]

<さすがに ALPHARDは
無理だが

今よりも大きい車に乗りたい
寿山さんのために…>

<これを機に 知ってもらうべく

我々は…>

いやぁ~。
デカイよ。

<そして 今回…>

(大島さん)はい。

(狩野)あと…

(大島さん)はい。

<つまり バックでの…>

<以上の点に気をつけて

駐車に挑む>

<それでは…>

<まずは 車庫へ
うまく入れるかが 鍵を握る>

いや なんか すごく大きく
見えるけど もう。

(大島さん)はい。

入るの?これ。

いけ!

(大島さん)全然。

<しかし…>

(狩野)うわぁ!

(大島さん)本当ですか?

<狩野…>

(大島さん)はい あっ あっ。

これで ちょっと…

<…作れたのか?>

<ミラーをたためば
通過できそうだ>

<そして 徐々に
半地下へと 入って行く>

(大島さん)ミラーだけです
最後 ここ。

(森川)すごい
すごい。

(大島さん)はい。

(大島さん)ハハハ…[笑]

おぉ~。

(狩野)おぉ スゲェ マジで
ジェットコースターみたい。

(大島さん)これは

怖いですね。

<この急斜面を
少しでも転げ落ちると>

<後ろにある車と…>

うわぁ~ そうか。

(大島さん)はい。

<慎重に

慎重に 下がって行く>

<後方の車は 大丈夫そうだ>

<だが…>

<前に出なければ
車から 出られない>

(大島さん)そうですね。

<そう 車窓からは 前の階段と

縁石の…>

<頼れるのは 己の勘と

大島てるの目視のみ>

<注意すべきは
左側の階段と その縁石>

(大島さん)はい。

(大島さん)おっと!ハハハ…[笑]

(森川)怖い 怖い。

ミッションだったら
本当に大変。

ですよね。

<狩野 意を決して
アクセルを踏む>

(大島さん)はい もっと ちょっと。

そうです。

…いいです。

<これが 最後だ!行け 狩野>

(大島さん)はい!いいです。

<しっかりと 寄せきれた>

(狩野)どう?
あっ これ いけるんじゃない?

<見事…>

(狩野)よっしゃ!

(奥さん・狩野)ハハハ…[笑]

(狩野)…ですからね[笑] [拍手](奥さん)素晴らしい。

(奥さん・狩野)ハハハ…[笑]

<ちなみに…>

<1分たらずで
駐車してしまう>

<皆さん…>

なんか 聞いたことあるな。
あぁ~。

<今 テレビの前の
ほとんどの人が…>

<…と 思っているだろうが>

<しかし 世の中には
物理的 人体の構造的に

できないと されていることが
あまたある>

<そこで! 今回は

人間には
難しいと されているコトを

実際どうなの課が
徹底リサーチ>

<それは 本当に…>

<はたまた…>

<こよいは テレビの前の…>

<今回も
人間には 難しいとされている

10のコトを用意したのだが…>

<そこで
皆さんのお力を借り

「できた」「できない」を
つぶやいて もらいたい>

<最初の検証は…>

(森川)えっ なんで?

<これを 後出しして

あえて負けようとすると…>

<自分の…>

<皆さんは これ できますか?>

(大島)へぇ~。
そうか。

はい やってみよう。

<後出しして…>

<それでは 検証…>

(スタッフ)ジャンケン ポイ。

(春日)ポイ。

(森川)あっ 勝っちゃった[笑]いきなり 勝っちゃった。

おかしい。
(大島)あれ?

いや あぶねぇじゃない。
あぶなくない。

<春日 出されたグーに対して

後出ししたにも
かかわらず

勝ちにいってしまい
1回目は失敗>

だいぶ 遅いし。

(スタッフ)ジャンケン ポイ…。
(春日)ポイ…!

あっ 勝っちゃった。

(大島)あっ。
おぉ いいよ。

(スタッフ)ジャンケン ポイ。
(春日)ポイ!

あぁ~ 惜しい。

<あと2回のところで
残念ながら…>

(森川)あぁ~。
あぁ~ ハハハ…[笑]

(春日)ここぐらい…

(春日)チョキ。

…そもそも。

<春日…>

<果たして できるのか?>

(森川)頑張れ。
いってくれ。

(スタッフ)ジャンケン ポイ…。
(春日)ポイ…。

(スタッフ)ジャンケン ポイ。
(春日)ポイ。

<春日…>

(スタッフ)成功です。

これは ストレス。
(森川)めちゃくちゃ ストレスですね。

<皆さんは できましたか?>

<続いての検証は?>

<用意されたのは

漢字と色が
あべこべに書かれた紙>

これは間違える。

(森川)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]ハハハ…[笑]

<説明する…>

<…ほどの この問題>

<つまり…>

<…と人は?>

(スタッフ)赤 緑 き…あっ[笑]

(スタッフ)赤 緑 黒…。

<このように
脳内の処理が追いつかなくなり

文字の色を 瞬時に判断
できなくなるという>

(春日)「黒」って 答えないと
いけないけど「青」とか

言っちゃうってこと?

(スタッフ)そうです。
(春日)そっち側なんだ。

はぁ~ そうなんだ。

<これが瞬時に できる人は…>

<…といえるが>

<頭を動かすよりも
体を動かすことが 得意そうな

春日>

(スタッフ)これを 30秒以内で
読み切っていただく。

(春日)全部?全部いく。
(スタッフ)全部。

<それでは 皆さん
できるか?できないか?>

<春日と一緒に 挑戦してみよう>

(春日)ねぇ。

<それでは 検証…>

(春日)青 黄 黒 赤 緑。

赤 黄 緑 黒 青。

緑 黒 赤 黄 黒。

青 赤 青 赤 黄。

黒 緑 黄 黒 青。

黄 青 緑 赤 黒。

<春日…>

<さらに
指示された 文字の色合いを

瞬時に答える方法でも…>

<春日は…>

<…ということが 分かった!>

<このように…>

<これを…>

(スタッフ)ハハハ…[笑]

<脳が…>

<…春日が>

(春日)「トントン スリスリ」って
何か。

(大島)本当だ。

(森川)ハハハ…[笑]

<それでは…>

これは難しい。
(大島)え~っ 難しい。

「スリスリ」が
できない。

<それでは 検証スタート!>

(スタッフ)スタート。
(春日)トス トス…。

おっ。
(大島)あ~っ すごい。

(春日)トストス…。

(森川)あっ すごい!
(大島)すごい!

<なんと 春日…>

<皆さんは できましたか?
できませんでしたか?>

(春日)目を こうやって
動かすやつ

やったじゃないですか。

(春日)「この左右の動きが」
みたいなやつ あったじゃん。

(春日)だけど 壁に こうやって
何か こう。

立ち上がるやつ
あったじゃないですか。

<番組を楽しみに見てくれている
ナンチャンのためにも

春日 闘志を燃やす!>

<皆さんも 書くものを用意して
やっていただきたい>

<「コンパス」と言いながら
「パソコン」を書くと

脳の2つの機能を
同時に要するため

エラーが起き
「パソコン」が書けないという>

<これは やってみてもらうと
分かるが…>

<ちなみに どうなの課スタッフで
やってみたが…>

(スタッフ)あ~っ 無理!

(春日)はい いきます。

コンパス。

え~っ!
すげぇ!

(大島)すごい!
(森川)本当に超人!なんで?

すげぇ!
(大島)すごい!

<皆さんは できましたか?>

<続いて…>

<まず
A4サイズの紙を横にして持ち

目を開け 全力で10回転をする>

<すると 三半規管が揺れ
瞬間的に平衡感覚を失い

瞬時に
紙の上に立つことが できない>

<これは
フィギュアスケーターなど

毎日…>

<…と いわれている>

(春日)付箋で。

<果たして 春日は
できるのか?できないのか?>

意外にね…。

<春日…>

(春日)3 4 5。

6 7 8…。

<紙を置き
そのまま上に立てるか?>

お~っ。
(大島)おぉ~。

(森川)あ~っ 惜しい
惜しい!いけそう。

<気を取り直して
2回目の回転 スタート!>

(春日)1 2 3 4。

大明神のところ
突っ込まんときゃ いいな。

(春日)7 8…。

<果たして どうか?>

おっ!
(森川)おっ 来た!

<耐えた!>

<なんと 春日
三半規管の揺れを

自力で抑え込んで クリア!>

筋肉で抑えたな。

<皆さんは できましたか?
できませんでしたか?>

<続いての検証は…>

<皆さんも お札ほどの紙を
用意して やっていただきたい>

<人は
およそ10~15cmの紙を

目の前に落とされても

脳の伝達に 時間が かかるため

指2本では 取れないという>

<果たして…>

♬~ What? カップヌードル 辛 麺

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い

♬~ 唐辛子 good お腹 グー グー

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い 旨い

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah 旨くて辛い

<ぶっかけ焙煎唐辛子 入り。
旨み6 辛さ4 これぞ旨辛 新定番>

<「カップヌードル 辛麺」登場!
他のも よろしく>

<果たして…>

(大吉)おっ!

<さすがの春日でも

やはり
脳の伝達の速さというのは…>

<春日…>

(春日)よし!

よっしゃ 危ない!

<なんと 春日!
見事 紙一重で

ギリギリ キャッチ!>

(華丸)すごい動体視力。

(春日)よし。

<皆さん できましたか?>

<できませんでしたか?>

<そして
ここからの項目は…>

<続いての検証は…>

<まず 目の前に
A4用紙を折ったものを 立て>

(生瀬)あ~っ!
(森川)無理 無理…!

<…と いわれている>

(春日)へぇ~ 聞く限りだと…

<果たして 春日は
紙を…>

(春日)右かな?

<春日 右足から スタート>

<バランスを保ちながら
姿勢を低くしていく>

柔軟性も
要るもんな。

<しかし>

あ~っ!
いや それは そうよ。

<次は 左足にして…>

<バランスを崩さないよう

慎重に姿勢を低くする>

<しかし!>

<再び 左で いく>

(春日)はぁ はぁ…。

はぁ はぁ す~っ…。

<吸って
紙を引き寄せようとするも

紙と口の距離は 縮まらず>

<ここで春日 勢いで いく!>

(春日)はぁ…。
(スタッフ)ハハハ…[笑]

(春日)せ~の。

<その後も 何度も…>

(春日)グッ…!

<少しでも 足が滑らないよう

靴下を脱ぎ捨てる>

<さらに…>

(春日)この感じ
この感じ。

<どうか?>

(春日)う~っ!

(春日)恐らく…

<誰か できる人 いましたか?>

<続いての検証は…>

<皆さんも ペンと紙を用意して
やってもらいたい>

<右手を「△」左手で「○」を

同時に描くと>

<利き手の影響が強すぎて
利き手じゃない方の手が

つい 同じ動きに
なってしまうというもの>

<ほとんどの
人が…>

(春日)いきます。

ハハハ…[笑]

(春日)クソ~ッ!

(森川)あ~っ。

<ということで 何も知らない
マネジャーに

どう見えるか答えてもらう>

<春日…>

あ~っ。

(春日)おっ?

<やはり判定するのは
この お方>

<皆さんは できましたか?>

<体の表面を
壁に ピッタリ くっつけ>

<体重移動が できず…>

<これは 誰も できないと
いわれているのだが…>

(春日)せ~の
よいしょ。

クソ~ッ!

<これが できた人いましたか?>

<最後の検証は…>

<…というもの>

<なぜ できないのかを
専門家に聞くと>

<そう!人間のパワーを
超えることが できた 春日なら

紙を9回以上 折れるはず!>

<果たして 春日は…>

(春日)まずは 1。

ちゃんと きれいに折ったほうが
いいんだろうね。

こういうのは そろえて。

はい 1。こうなのかな?

<順調に紙を折り進めていく>

(春日)あ~っ
ちょっと厚み でてきたね。

あ~っ だいぶ
ちっちゃく なるんだな 4でね。

<その後も順調に
紙を折り進める 春日>

<しかし 7回 折ると
徐々に…>

<紙は…>

(春日)あれ?はぁ…。

はぁ はぁ…。

<紙の…>

<ここからは…>

(春日)あ~っ!

<紙は…>

(春日)はぁ…。

う~ん!

う~っ!

(春日)もうちょっと…

<ということで…>

<大きければ その分 折り曲げる
余白が できると

春日は 考えた>

<順調に 紙を折り進めるが

7回 折ると 大きくて
ゆったりとしていた A3は>

(春日)7。

(春日)はぁ~っ…。

<やはり フルパワーで
いかなければ ならない>

<春日 ここで…>

(春日)う~っ!

(春日)う~ん!

<しかし!>

(春日)ちくしょう!

(春日)もうちょっと…。

<ということで…>

<何でも
包み込んでくれそうなほど

おおらかな 模造紙>

(春日)でっかいもん。

<順調に
かつ 優雅に折り進めていく>

<先ほどよりも 余白は十分>

<しかし 9回目になると
あの…>

<本当の勝負は ここから>

(春日)はぁ!はぁ はぁ…。

<ここで 再び…>

(春日)う~っ!

う~っ!

<果たして 折れるか!?>

(春日)う~っ!

<果たして 折れるか!?>

(春日)う~っ…!

…ちくしょう。

<結果…>

<人間には難しいとされる
10のコト>

<春日 お疲れさまでした!>

(生瀬)えっ!

(大吉)はいはい。

ジャンケン ポン。
ポン。

ジャンケン ポン。
ポン。

危ない[笑]ジャンケン ポン[笑]

ジャンケン ポン。
(華丸)ギリ!ギリ。

ジャンケン はい。
はい。

ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)

Source: https://dnptxt.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事