遠くへ行きたい「松下奈緒が長崎へ!名物ちゃんぽん&幻の洋菓子に大興奮!」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「松下奈緒が長崎へ!名物ちゃんぽん&幻の洋菓子に大興奮!」[解][字]

今回は初登場の松下奈緒が異国情緒あふれる長崎へ▽出島であの名探偵に遭遇!?▽“食べる”ミルクセーキ▽焼きたて極上カステラ▽伝統のオランダ料理▽眼鏡橋の(秘)スポット

詳細情報
出演者
松下奈緒
番組内容
今回は女優の松下奈緒が初登場!写真が趣味の松下はカメラを手に、異国情緒あふれる長崎を旅する。旅の始まりは2020年4月に新装オープンした長崎駅から。木の香りが感じられる美しい駅舎にびっくり!長崎新地中華街で頂くのは、1927年創業の老舗「会楽園」の長崎ちゃんぽん。出島では“出島のコナン”と出島ミステリーに挑む。長崎名物「トルコライス」と“食べる”ミルクセーキの秘密を教わる。可愛らしいカバに遭遇!
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
長崎~西海

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 長崎
  2. キレイ
  3. 出島
  4. 生徒
  5. ハハハ
  6. 結構
  7. 山本
  8. お願い
  9. 井上
  10. 当時
  11. 異国情緒
  12. 砂糖
  13. 松下奈緒
  14. 人気
  15. オランダ
  16. ジャガイモ
  17. 一緒
  18. 眼鏡
  19. 港町
  20. 今日

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
日テレサービス
¥2,430
(2022/01/22 23:11:21時点 Amazon調べ-詳細)

(松下奈緒)
<♪~ 知らない街を>

<♪~ 歩いてみたい>

<こんにちは
『遠くへ行きたい』新人旅人が

長崎にやってまいりました>

おはようございます
松下奈緒です。

初めての
『遠くへ行きたい』ということで

遠くへ来ちゃいました。

長崎駅なんですけどもね。

初めて降り立ったんですけども

何かすごいキレイな木造っぽい
木の感じもキレイで。

<秋の西九州新幹線
開業目前として

駅一帯が大改装中だそうです>

おはようございます 松下です。

よろしくお願いします。
(萱嶋さん)よろしくお願いします。

これ新しいんですよね?
はい 昨年の4月から

新しくなりました。

<長崎の魅力が
デザインに詰まっています>

杉なんですか これ。

じゃあ 秋に向けて…。

<新幹線ホームは
在来線まで見晴らせる広がりと

光を透かすアーチ屋根が
素晴らしい開放感です>

<さらに 特別な魅力が…>

<これは 秋の開業が楽しみです>

<さて…>

<駅長さん>

チーズ!
はい ありがとうございます。

お気を付けて。
<撮って食べて

私の異国情緒を見つけます>

すごい!

<長崎は歴史的に
中国 ポルトガル オランダと

海外との窓口だった港町>

<おいしい異国情緒がいっぱい>

わっ 大っきい。

お砂糖の…。

オホホホホ!

あっ すごい!

ここ!

えっ 長崎新地中華街。

<ここが新地と呼ばれるのは
江戸時代の大火事の後

海を埋め立てて
新たにつくられた中華街だから>

<いわば
中華版の出島だったんですね>

あれ自動で セルフになんの。

<東西南北の門を結ぶ…>

あっ 結構

どんどん奥に行けば行くほど
中国感が…。

<さて 目指すお店は?>

あれですね! 会楽園。

<こちら会楽園さんも
福建省がルーツの老舗です>

お馬さんが出迎えてくれます。

お邪魔します。

どうもこんにちは
よろしくお願いします。

駅長さんが「ちゃんぽん!」って
言ってらっしゃって…。

「ぜひ召し上がってください」
っていうことだったので

おいしいちゃんぽんを
今日はランチに

いただきたいと思いますので
お願いします。

中華料理屋さんで
靴脱ぐの初めてかも。

(林さん) そうですか
長崎は結構このスタイルが多い…。

そうなんですか?

<…といいますが
これぞ和と中華のいいとこ取り>

あっ 何か すごい…。

ちょっと気分が上がりますね。

ここ…。

何て読むんですか?
「メイファンティン」といいまして

梅昌さんっていうおじいちゃんと
芳子さんっていう

おばあちゃんの名前が
くっついて…。

あ~ なるほど。

<ちゃんぽんは明治時代に
長崎で学ぶ中国人留学生たちの

おなかを満たす料理として
生まれました>

<たくさんの具と麺を

豚骨鶏がらのスープで煮た
ちゃんぽんは

安くて栄養価が高く
たちまち人気に>

<やがて日本各地へ
広まったのだそうです>

いい匂い。

<いわば…>

(店員) お待たせしました
満喫ちゃんぽんセットでございます。

いただきます レンゲが長い。

おいしいよ。

すごいおいしい。

麺 太いんですね。

おいしい。

<こちら
人気の角煮まんじゅうと

もう一個は何だ?>

(店員) こちらは…。

これも好き。

(サクっという音)

いい音。

<おいしいオールスターが並ぶ
大満足のランチセットでした>

ありがとうございます。
長崎を堪能しております。

よろしくお願いします
ありがとうございます。

<中華が生んだ絶品の後は
中華が造った絶景です>

交じれるかな? 交じれるかな?

でもちょっと今日 風が強いから

眼鏡に見えないかも。

<長崎といえばの名所
眼鏡橋です>

かわいい形。

かわいいね あそこ渡ってる。

かわいいね。

<あそこなら
橋が眼鏡の形で撮れるかも>

かわいい。

結構 坂よ。

わっ すごいな。

石畳が…。

わっ!

あっ あっ…。

あ~ 眼鏡に見える。

見えます見えます 水面が。

ハハ ホントだ。

<奥に人気のスポットが
あるようです>

楽しそうだね ハハハ!

男同士で ハハハ…!

こんにちは 修学旅行?

(生徒) そうです。
どこから?

(生徒) 静岡です。
静岡?

これ知ってた?
みんな これを撮りに来たの?

(生徒) はい。
何にいいの?

恋愛にいいの?
そのために来たの?

(生徒たち) はい。
あら かなっちゃうかもね。

<既に…>

<…あったそうです>

(生徒) 着物 着れました。

着物 着たの? 写真撮った?

(生徒) 撮りました。
見して。

結構 本格的に…。

すごいね。

かわいいじゃないですか。

<では私もラッキー求めて
出島へ行きますか>

<出島は江戸の鎖国時代…>

<西洋との貿易を
唯一 許された人工の島でした>

「世界へつながる出島へようこそ」。

<いきなりラッキーな出会いが
ありました>

今日はご案内してくださる
ということで…。

出島のコナンこと
工藤新一と申します。

すごい!
字まで一緒です。

字も一緒ですか?
一緒です。

コナン君
探偵ですか?

ここでは
歴史探偵です。

歴史探偵 コナン君。

同姓同名の方がいらっしゃるとは。

♪~ トゥルトゥ~

すご~い。
こっからメインストリートですね。

<では歴史探偵と
出島ミステリーの謎解きに挑戦>

<これは事件のにおいだ>

えっ?

牛?

食べられなかった
ってことですよね?

そのまま埋葬した
っていう感じ…?

食べられなかったかどうかは
分かんないですけどね。

牛痘ですね。
牛痘。

ですから 種痘のための牛です。

オランダ医学ですよね 当時の。

杉田玄白 へぇ~。

<出島の出土品には
輸出品の銅や陶磁器に交じって

日本酒や醤油の瓶も>

<なんと謎の拳銃も

発見されているんです>

<次なる謎は?>

何でしょう?
小さい頃 やりませんでした?

小さい時?

テニス?
近い。

そうです。

当時の?
はい。

ガットじゃないんです。
すごい オシャレ。

結構バドミントンっていう割には
テニス並みに力がいる。

何か でも不思議な感じですね。

外国の方たちが
畳の上に台を置いて…。

<出島のオランダ人たちの
暮らしが分かるのが…>

でも やっぱり高い気がします。

ちょっと すごいことになってる。

何ですか? これは。

ここで 一日2回

オランダ人は
集まって食事をしたんです。

へぇ~。

<こちらは
当時の絵から再現された

クリスマスの豪華ディナー>

<当時の日本人が驚いた

肉料理が並びます>

<当時 この出島で人々が

ふるさとを懐かしんで食べた
オランダ料理が

今 歴史的建造物の中で

いただけるそうです>

<旧長崎内外クラブは明治期
長崎の鹿鳴館とうたわれた

在留外国人の社交場>

<今 なお レストランとして

使われているんです>

<オランダを
何回か旅したことがある私は

ここの本格オランダ料理を
楽しみにやって来ました>

お待たせしました
ヘハクトバレンとスタンポットになります。

ヘハクトバレンがひき肉のボール
ハンバーグですね。

ボール状になってます。
かわいいですね 丸くて。

<オランダでは
コロッケやチョコレートなども

真ん丸なんですよ>

あ~ おいしそう。

う~ん! おいしい。

これジャガイモに合いますよ
絶対。

<ジャガイモは
長崎でも名産品です>

ジャガイモもおいしい。

<デザートには冬の幸せ
リンゴのタルトと

大好きなオランダ定番の
おやつが!>

すごい 大きい。

ほら
ちょっと あまじょっぱい感じで。

<松下奈緒 異国情緒あふれる

長崎を歩いております>

結構… 結構ですよ。

<平衡感覚 試されます>

<港町 長崎は

山の斜面につくられた
坂の町です>

<異人さんたちが暮らした
美しい居留地や

人気の名所旧跡は
大体 みんな坂の上にあります>

いい坂ある?
(生徒) オランダ坂。

<地元の小学生さんが推しの

映える坂道を
いろいろ教えてくれました>

これじゃないですか?
どんどん坂。

ちょっと教えていただいたので
行ってみようと思うんですけども。

ハハハ…!

やっぱ
教えてくださるということは

それなりに
インパクトがあるということで。

坂って
やっぱこういうものですよね。

ハハハ!

これでやっと半分?

ハハハ…。

<しゃべってられたのは
最初だけ>

<もう写真撮るのも忘れ

ステキな洋館も ただただ素通り>

<でも上り切ると
きっと絶景があるはず!>

<絶景 頂きました>

<冬の 日に輝く海がまぶしい

港町の眺めです>

(カメラのシャッター音)

どんどん坂 制覇!

照らされてました。

いや~ あした筋肉痛ですね。

<世界に名だたる
長崎の夜景よりも

今 私に必要なのは…>

大正14年 創業だって。

すごいですね。

<ツル茶んは
2つの看板メニューで名高い

九州最古の喫茶店>

<その一つが県民以外には
まるで謎の食 トルコライス>

<熱々 揚げたてのトンカツを

ピラフ スパゲティなどと

ひと皿に盛る ご当地グルメです>

<さまざまな種類がある
トルコライスは

大人のお子さまランチ>

<長崎人が愛する大満足の
洋食ちゃんぽんなのです>

<もう一つの看板メニューが
長崎風ミルクセーキ>

<ご主人 川村さんの

おじいさんが生み出しました>

(川村さん) 練乳と砂糖…。

言っちゃいましたね 今。

(川村さん)
言いましたね 隠してない。

<明かしちゃった
隠し味も加えて

念願の元祖ミルクセーキ 完成!>

お待たせしました
ミルクセーキです。

アイスも のってます。

え~!

どうぞ。

かわいい 確かにかわいい。

うわ~。

おいしい。

案外 見た目ほど甘くないでしょ?

言っちゃった。

<歴史的に…>

<町では伝統的な砂糖菓子の
数々が受け継がれています>

<千寿庵長崎屋さんは
幻の菓子の技を伝える老舗>

砂糖菓子…。

(店員) お砂糖を使った
干菓子とかを販売…。

わっ すごいキレイ。

<こちらは中国伝来の
砂糖菓子の数々です>

<店には並べず…>

<ポルトガル宣教師たちが伝えた
飴 有平糖です>

(井上さん) 水の上で冷やして…。
すごい キレイ!

(井上さん) こういった感じで…。
氷みたいに。

<まだとっても熱い飴です>

(井上さん) 大体…。

そんな熱い… 天ぷら…。

お父さん 軍手してないですよね?

(正和さん) 大丈夫。
大丈夫ですか?

<かつて
ポルトガル宣教師たちは

美しい有平糖を
布教のために用いたそうです>

すごいキレイ。

うわぁ キレイ!

(井上さん) これが…。

<こちらは
何になるのでしょう?>

<巡りくる季節の形が

次々と親子の職人の指先から
生まれ出ます>

これいいですか?
(井上さん) もちろんです どうぞ。

かわいい 飴ちゃん。

何か やさしい味がする。

<このやさしい幸せな味

ぜひ
ずっと守っていってください>

<ポルトガル伝来のカステラを
特別な砂糖で焼く

町の名店を訪ねました>

和三盆カステラ 琴海堂さん。

じゃあ ちょっとお邪魔します。

こんにちは どうも 松下です。

よろしくお願いいたします。

すごい この箱は…。

もしかして
地方発送されてるんですか?

(山本さん) はい。

世界各国に? そうですか。

お父さまで
お母さまで 息子さんで…。

ここで作ってらっしゃる…?
(山本さん) そうですよ 工場で。

もう裏に…。
(山本さん) 裏にあるよ。

<カステラ職人
山本さんが独立して

店を開いたのは 1970年>

<以来
半世紀 高級な国産の砂糖

和三盆をたっぷり使った
特製カステラを作り続け

店は日本中のファンから
注文が来る人気店となりました>

あ~ すごい できてる できてる!

(秀樹さん)
ちょうど今 焼き上がって…。

いい色! わぁ キレイ。

すごいですね 湯気が。

<今では機械カットとなり
使われなくなった

カステラ包丁です>

お砂糖の… シャリシャリして…。

すごいキレイ。

<松下奈緒
焼きたてカステラ いただきます>

どうぞ~。
ハハハ!

どっち?
こっちさ。

(笑い)

こんなことある?

おいしい。
(山本さん) 今 焼いたばっかり。

恵方巻き。
(山本さん) そうそう。

<最高の旅の味わい
ごちそうさまでした!>

<次は遠い異国からの
お客さまに ごちそうしますよ>

オホホホホ!

待ってる!

(春岡さん)あげてもらいましょう。
お父さん 待ってる。

これをこのまま?
(春岡さん) はい。

食べる? はい。

ちょっと小っちゃいんじゃない?
お口が大っきいですね。

ドン。
うわぁ~!

(ザクっという音)

ザクって いい音しますね。

<長崎バイオパークは
世界の動物たちと

間近で触れ合える動物園>

<おいしいごはん
しっかり味わってね>

<日本情緒を満喫中の方々も
いましたよ>

ちょっと見て! ちょっと。

ヤダ! 「いいお湯加減で」って。

ちょっとシュールだな これ。

何してんの?

<オオカンガルーが
ボクシング中です>

尻尾だけで立つと
180以上ありますね。

あ~ 長身ですね。

あっ 赤ちゃんがいるよ かわいい。

<愛する動物たちにも出合えて

異国情緒をたっぷり味わった
長崎旅でした>

かわいいね。

来週は福岡・糸島を旅します。

Source: https://dnptxt.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事