美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 新春SP▽YOU、ファーストサマーウイカ来室![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

美輪明宏 愛のモヤモヤ相談室 新春SP▽YOU、ファーストサマーウイカ来室![字]

正月からモヤモヤしたお悩みを、スッキリしませんか?! 美輪明宏さんが、高瀬アナと共に愛があふれる言葉でお答えする59分。ゲストはYOU、ファーストサマーウイカ

番組内容
今回は新春スペシャル!正月なのにきょうだい仲がギスギスして実家に帰れない女性、認知症の母の介護をしながらのパートナー探しに悩むゲイの方…などなど、正月からモヤモヤを抱えた相談者が訪れ、美輪さん、高瀬アナが愛ある言葉で解決します。さらにファーストサマーウイカさんも芸能界ならではの相談をしたり、以前の相談者が今どうなっているのか?を紹介したり盛りだくさん。YOUさんとともに美輪さんの秘密にも迫ります。
出演者
【出演】美輪明宏,YOU,ファーストサマーウイカ,【司会】高瀬耕造

ジャンル :
福祉 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 自分
  2. 美輪
  3. モヤモヤ
  4. お願い
  5. ルンルン
  6. 子供
  7. 番組
  8. お前
  9. ラビット
  10. 仕事
  11. 相談
  12. YOU
  13. お母様
  14. 最初
  15. 黒蜥蜴
  16. 今年
  17. 実家
  18. 相談者
  19. 大事
  20. 地方

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

美輪さん
新年あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

どうぞ 今年もよろしくお願いします。
こちらこそ どうぞよろしくお願いします。

いじめないで下さい。
いやいや…。

あの この番組も
もう3年目に入りましたし。

え~っ!
新春特番にまで 育ったということですが。

まあ すごい 上り詰めたもんですね。
そうですね。

高瀬さんの美貌のおかげです。
美貌 そんなことないです。

これからね 今がピークにならないように
気をつけたいと思います。

本日ですね 新春特番ということで

この機会に
どうしても 美輪さんにお会いしたい

お話ししたいという方が
いらっしゃいまして

スペシャルゲストとして
お招きしております。

どうぞ お入り下さい。
すいません 失礼します。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

おめでとうございます。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
まあ 私の妹じゃありませんか。

そうなんです。 もう 是非 お姉ちゃまとね
新春迎えたいなと思って

すいません お邪魔します。
大歓迎です。

ありがとうございます。
勉強させて頂きます 今日は。

♬~

では 改めまして
今回のスペシャルゲスト YOUさんです。

あけましておめでとうございます。
おめでとうございます。

YOUさんは 美輪さんとの おつきあい
結構 長いとお聞きしましたが。

最初は バラエティーの美輪さんの番組に
出させて頂いて

それから 舞台で
お世話になるようになって…

わあ~ 懐かしい~。
またやりましょうね お姉様。

ねえ。 これは きょうだいでね…

あの~ この「愛のモヤモヤ相談室」には

毎回 さまざまなね モヤモヤを
抱えている人が

いらっしゃるんですけれども

YOUさんも あるモヤモヤを
抱えてこられたんですよね。

…って 何か 非常にくだらない

自分で解決しなさいっていうことが
多かったので。

あ… じゃ 特に モヤモヤないけど…。

ありがとうございます。
アハハッ!

さあ それでは 新年 一つ目の
モヤモヤにまいりたいと思います。

北海道にお住まいの
ニックネーム 胃腸炎さんです。

…ということでした。

お若いのかしら。

そうですね ええ。
私も 子供の時は覚えがあります。

何か 好きになった方を

私より
全然 よくご存じな女性とかがいると

「え…」って思ったりしてたのを
今 思い出しました。

それって
乗り越えられるものでしたか?

う~ん…

何なんでしょうね 何か そういうことに
エネルギーを使うのをやめました。

ハハハッ。

自分が充実してくると
そうすると許せるんですよね。

ああ…。

自分に もう いろんなものが足りない
足りない 足りないと。

だから この方の答えは

自分自身 自信を持てる
何かを つかめばいいんですよ

人間的にね。

そうするとね コンプレックスが
どこかへ行っちゃいますからね。

それと どんな人を好きになったのか
知らないけども

非常に 何か…

耳が痛い!
え? 急に。 何だろう。

あ そう?
はい すごい そうです。

フフフフッ。

2022年 最初の相談者は 芸能界から。
どんなモヤモヤなんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
おめでとうございます。

もう 目標達成しました 今年の。
え!?

相談者は ファーストサマーウイカさん。

アイドルグループの一員として
デビューしたあとに ソロとなり

バラエティー番組でブレーク。

現在は ドラマにも出演するなど

マルチに活躍しています。

多方面に才能を発揮する
ウイカさんですが

意外なモヤモヤがあるそうです。

あの~ 私が物心ついた頃から

ずっと 本当に ぼんやりと モヤモヤが
あり続けていることなんですが…

…を送ってきておりまして。

ハッハッ だって…。

ある種…

かといって 何か突き詰めれるほどの
好きなものがあるのか

やりたいことがあるかと言われると
それもなく

何となく 広く浅く
うまく渡り歩いてきてしまったゆえに

何か 何でもない人になっているな
というのがあり

それは 今 器用さだけで
今 ちょっと渡り歩いているんですが。

ぜいたくな悩みですね。
いや… アハハッ!

そうですね。
だってね ご存じでしょ。

そういう芸能界をね 目指したりね
芸能界で消えていった人とかね

どれだけ人数いるとお思い?
そうですね。

それで その極めた人っていうのは

その中の
何パーセントだとお思いになる?

ほんと 一握りの。

で それはね その人1人で
成立してるわけじゃないんですよ。

周りの いろんな人たち

例えば 芝居をやっても 芝居
生でおやりになったこと おありでしょ?

はい。 今まで30~40ほど
舞台は立たせて頂いたんですけれども。

実はウイカさん 高校卒業後

5年間 劇団で活動した
舞台俳優でもあるんです。

美術 大道具 照明 音響
そういうものや何かも勉強なさった?

そうですね。 やはり…

すごく これも抽象的なんですけれども

こう パンクな音楽を
やってらっしゃる方とか

例えばもう 縦横無尽に
こう 人の迷惑も考えなくて

すごく 例えば 乱暴なパフォーマンスを
する方とか いらっしゃって

そういうものに
憧れたりすることもあったんです。

カメラとかを壊したりとかして

誰かが頭を下げて謝り お金を払い
誰かが泣きを見ても

「いや これが 自分のやりたいことだ」
って言える人って 本当にすごいなと。

それは 自分にはない。
突き抜けたもの? そう…。

詩を書いたり 絵を描いたり
ファッション画を描いたり

何でもいいんですよ。

自分が…

だから それをね
たくさん用意しておくんですよ。

侵食していくんですよ それを。

それが トータルになって

ブワーッと 手に手を取って
力になってくれるんですよ。

美輪さんは 板の上で一人で立つ時に

不安であったりとか 大丈夫かなって
思うことっていう…

っていう時はありますか?
ありましたか? 若い頃とかも。

ありませんね。

だからね ある役者さんがね
舞台の袖のところで 出番前にね

「ああ… ああ… 上がっちゃう
上がっちゃう 上がっちゃう」。

「そういう あなたはね…」。

「あなた 要らないの。

この役の その人物が欲しいんだから。

役の人物が上がったりするの?

あなたの部分が そうやってね…」。

私は そう言ったのね。
それは お分かり?

はい。

例えば 「黒蜥蜴」なんて 女賊ですよね。

人を さらってきたりね
宝物を盗んだりとか

とんでもない女の役なのね。

三島由紀夫さんが
「毛皮のマリー」のお芝居 見に来て

「俺の『黒蜥蜴』やってくれ」って。

黒蜥蜴が 自分がさらってきて
で 愛人にしている若い男がいてね

それが 自信なくして いろんなこと
ごちゃごちゃにしてるのを見て

その黒蜥蜴がね 最初の出会いのことから
しゃべりだすわけ。

「あの時のお前は 美しかったよ

真っ白なセーターを着て

仰向き加減のお前の顔が
街灯の光を受けて

辺りには 青葉の香りがむせるよう。

お前は 絵に描いたような
悩める若者だった」。

で 最後のところで
長くなるから はしょるけど

「ははははははははっ
クロロホルムのハンカチ

あんなロマンティックな
ハンカチはないわ

劇場の幕のように

この世の 一等 幸福な瞬間に
するすると降りてきて

世界を隠してしまうんだわ。

その夜のうちに
お前は 私の人形になるはずだった。

でも どうでしょう。

気が付いてから お前の あの暴れよう
哀訴嘆願 あの涙。

お前の美しさは
粉みじんに崩れてしまった。

死ぬつもりでいた お前は
美しかったのに

生きたい一心のお前は 醜かった」。

…なんていう せりふなの。

大変 申し訳ないんですけれども

あの… 番組の趣旨が
変わってきてしまいまして…

聞き入ってしまってね。
ちょっと すいません。

泉のように あの…。
いや~ ほんとに。

本来のお話に 少し戻させて頂くと。
ありがとうございます。

その 今…

自分が そのお仕事だったり
好きなものを積み重ねていって

それが 確固たる
彼女って これが代表作だよね

こういう人だよね これが…
これをやらせると うまいよねとか

肉づけされていくものなのかも
しれないなというふうに

今 自己解釈してみたんですけれども
どうでしょうか?

やったかいがありましたよ。

あ~ よかったです!
アハハハッ!

きっと ウイカさんは 何か この先もっと
活躍されそうな感じしますね。

かがみが きれいだから ここがね。

いや~ うれしいです。

アハハハッ。
頂きました。

ありがとうございました。

♬~

さて 美輪さん
この番組も3年目ということで

この丸2年間で
番組に寄せられた投稿というのが…

…ということなんです。
そんなに!

すごい!
YOUさん その 700通近くのお悩みって

どういう内容が多いというふうに
想像されますか?

え~ やっぱ 美輪さんにお聞きする
っていうことなので

やっぱり… いろんな意味の
「愛」に関してとかが多いんでしょうね。

やはりもう 本当に そのとおりでして

ほとんど 8割といっていいですかね
その 愛に関するものが多いと。

愛は いろんな愛があるでしょ?
ええ ええ。

名言である 「それは愛? それとも恋?」
っていうのも

これまで 何度もね
お聞きすることができるような

やっぱり モヤモヤが多かった
ということも印象的でした。

それは 繰り返し 繰り返し言わないと

今日 聞いた人と

明日見て で それ聞き損なったって人も
いらっしゃいますしね。

だから なるべく
毎回毎回 言うようにしてるんですよ。

あっ 「前も 言ったな~」とかって
ちょっと思ったりしたのは

私の間違いでしたね。
あえて言ってらっしゃったんですね。

言わなきゃ駄目なんですね。
すいません はい。

でも 何か ずっとこう 一緒にいて

やっぱり その 愛について
おっしゃってることが

たくさん あるので

それを こう吸収して
こう むさぼり食べる毎日ですね。

それを こう
誰かに 何ていうか こう…。

それは 私は自分で見つけた

見つけて それを言ってるのよ
ということは

全く いたしませんので ご心配なさらず。

…っていうふうに布教しております。

伝道師として。
はい。

あ~ ありがとうございます。
フフフッ。

あの~ 美輪さんも長年

こう お悩み相談
やってこられてますけれども

いつごろからというのはありますか?

あの… よく私が出ていた
銀巴里というライブハウス

で そこで歌ってた時に
雑誌社からね オファーがありましてね…

…という方がいらしたでしょ。

あの方の娘さんで
「おとうと」なんていう傑作を書いて

ベストセラーになった本を
お書きになった

幸田 文さんって方がね

私に 是非会いたい
っていうことで

で お会いして 非常に聡明な方で
人格的な方でね

で 身の上相談やってらしたんですよ
ラジオで。

ああ… 幸田さんが。
そう 幸田さん。

で 「体 調子 悪いので

お願い。 代わって頂けないかしら」って
おっしゃったんで

で 「じゃあ お役に立つかどうか
分かりませんけれど」って言って

それで やれたのが始まりです。

え~!
美輪さん おいくつぐらいの時ですか?

30か 31ですね。

ああ 若い時から…。

若くても あばずれでしたからね
フフッ。

どんな こう 相談 身の上相談があったと
覚えてらっしゃいますか?

(高瀬 YOU)へえ~。

あの 実は NHKでもですね
相談に乗っていらっしゃいまして

ちょっと ご覧頂きたいと思います。
へえ~。

25年前に放送された 若者向け番組。

お悩み相談をテーマにした回で

美輪さんは
切れ味鋭く回答していきます。

悪口を言いたい人はね きれいな人に
向かっても悪口は言いたいの。

ロジカルで 知性的な人って憧れますよ。
ねっ?

だけど 面白くないのよ。

人間っていうのはね
カルチュアルショックのね

初めての経験を積み上げながら
死んでいくのよ。 うん。

だから 学校行くのも初めて
社会に出るのも初めて

結婚するのも初めて
で 子供を持つのも初めて

夫と呼ばれ お父さんに別れて
葬式出すのは初めて

おじいちゃん おばあちゃんと
呼ばれるのも初めて

孫を持つのも初めて。

全部 初めての経験のまま
死んでいっちゃうのね。

だから それの繰り返しだから
心配すること 何もないわよ。

かっこよ!

何か 今に通じるというか

はあ~ 確かにと思いながら
聞いてましたが。

ねえ。

あんな早口じゃ
私は聞き取れませんでしたね。

アハハッ! バッサバッサ。

「もうちょい ゆっくりしゃべって!」
っていう。

このころは 私は
まだ お会いできてないので

見て ご本読んで 見てた方なので… はい。

あっ お会いする前から
もう 本を読んだりして。

してました。
めちゃめちゃ興味津々でした。

何か だからやっぱり…
何なんでしょうね

まあ 美しいとか
そういうのもあるんですけど

やっぱり 何か ものすごい特別な。

もう このころから
特別な感じは すごくしますね。

ていうか もっと
こんぐらいから 多分特別。

もう最初っから。
はいはい。

それは だから 生まれた環境がね
そうだったんで 助かってます。

昭和10年 長崎に生まれた美輪さん。

実家は 「丸山遊郭」と呼ばれる
花街の一角で

カフェや料亭を経営していました。

幼い頃から 美輪さんは

そこに出入りする
さまざまな大人の姿を見てきました。

すごい環境。

学校の先生もいらっしゃればね
お医者さんも来るし

それから 極道の人たちも来るし
神父さんも 変装していらっしゃるしね。

いろんな人と…。
へえ~ 変装して。

そうなの。 女性でもね…

ああ…。
それで書生さんとね 道ならぬ恋でね。

あ~。
そうですか。 そう。

何か 美輪さんみたいに

あらゆる職種の方だったりに
会わないじゃないですか。

会わないです 会わないです。
普通に。 特に会わないじゃないですか。

特に? 分からない…。
だから 何か

やっぱ そういう懐の深さっていうのは
そういうところもあるんですね。

みんなね おかしいのはね
職業でさ 人柄を決める人が多いでしょ。

みんな そういう錯覚を
起こしてるんですよ。

ほんと。
そうですよね。

だから そうはならなくてすんだ
ということですね。

だから あの… 何ですか
美輪さんが いつも この番組で

相談者の方と向き合ってる時に
すごく よく まず お聞きになるんですよ。

もう 答えは
美輪さんの中に 最初からあって

相談に応じて それを「はい どうぞ」
っていうふうに出すんじゃなくて

ほんとに しっかり聞かれることに

私 もう 何かこう
雷が落ちるぐらい びっくりしまして

「聞く」っていうのは
こういうことなのかと思って

勉強させて頂きました。

お勉強できてよかったですね。
ほんとに 新たな成長させて頂きました。

こちらこそ ありがとうございました。

では 次のモヤモヤにまいります。

あの~ 私 地方の本家の
3姉妹の長女として生まれたんですね。

ちっちゃい時から あの…「あなたは
跡継ぎなんだよ」っていうことで

育てられてはきたんですけれども

やっぱり それに窮屈さを感じて

で ちょっと自由になりたいな
っていうことで…。

九州出身のちょーじょさんの悩みは

自分の代わりに実家を守る
三女と仲が悪いこと。

進学で上京し 実家を離れた
ちょーじょさん。

婿養子をとった三女と
関係が悪いため

お正月も帰省がままならず
モヤモヤしています。

近親憎悪というのはね
他人に対する憎悪よりもね

倍にも 3倍にもなるって
言われてますからね。

で 両親も妹に対しては

腫れ物に触るような感じで
常に接していて

で このお正月も 両親の方から

私が帰ると ちょっとギスギスするから
帰ってくるなと言われまして

こういう状態が ほんとに
いつまで続くのかなっていうのが

すごくモヤモヤしていて…

とにかく恨みっていうのはね

一朝一夕で
恨みが生まれてくるものじゃなくて

やはり もっと
根が深いんじゃありません?

小さい頃からの。
小さい頃から…。

そうなんですかね。

妹さんは かわいがってらした?。

かわいがってた… ちっちゃい時は
かわいがっていたとは思います。

私が 18で東京に来て
それからは そんなに接することはなくて。

ご主人 いらっしゃるんですか?

私ですか? はい。
はい 私 います。

すごく優しくて

え~と 私のことも 考えも
尊重してくれる 大事にしてくれる。

で 妹さんの旦那様は?

大学の時に おつきあいをしていた人が
いるんですけど

その人と あの まあ…

で それで 地元の人と
結婚したっていうことも

すごく 私には言ってきてました。

それで 子供さんもいらっしゃるの?
はい います。

何人?
2人。

お宅は?
うちは1人です。

うん なるほどね。
うん。

で それだったら
いろいろ文句を言う筋合いはないのにね。

う~ん。 そうなんですけど…。

例えば その 根が深いっていうところ
さっきちょっと お話ありましたけど

それを思い当たる節は
今のお婿さんですけど

やっぱり ちょっと経済的に

あんまりちょっと
頼りにならない感じの人で…。

ほんとは 仕事辞めたいのに

旦那さんに経済力がなくって
辞めれなくって

そういうところも
あるのかもしれないです もしかしたら。

で 家全体の その遺産を継ぐっていうか

諸経費かかりますでしょ。
はい。

いずれ 妹さんが払わなきゃ
いけなくなるわけ? 継いだら。

そうですね。
そのようになるんだと思います。

経済的に それ成立するとお思いですか?
思わないです。

ちょっと 彼女のお給料だけでは…。

うちの まあ…。

誰が狙ってるとか 狙ってないとか
そんなこと言う人いません?

えっとですね あの~…。

実は ちょーじょさんの一族は
相続をめぐって

両親と姉妹 その家族を含め

みんなが ギスギスした関係に
なっていたのです。

地方の もう 大きなね
地所持ちのうちっていうのは

必ずそれがあるんですよね。
付き物なんですよ。
うんうん。

だから みんなでね 伺ってるとね

遺産だとかね
その 屋敷だとか土地だとか

あまりにもね…

…ような気がしますよ。
う~ん。

そんなことじゃ。
うん。

死ぬまで続くんですもの。
うん。

やっぱり ちょーじょさんとしては

3姉妹 仲良くっていうところに
なってほしい 今もなってほしい。

そうですね。
今まだ 両親が元気だからいいけれども

この先もしか
何かあったらってなった時に また

3人で いろいろ解決しなくちゃ
いけないことが出てくると思うので

仲良くまでは いかないけれども…

…と思っていて。

じゃあね…

普通のおうちだというふうに考えて
それで考えてみたら どうですか?

う~ん。

うちが ないものとして考えられますか?

実家が もう ないものとして。
そう。

う~ん。

そして 妹さんにね…

う~ん。

とにかく あなたのことを
心配してるっていうことから

とにかく 小さい頃のことをね

良かった時のこともあるわけでしょ?
はい。

そういったところも
ちらちらと書き添えながら。
うんうん。

それでね 妹さんのお子さん
2人もいるんでしょ?
はい。

例えば 暮れなら暮れ。

クリスマスならクリスマス。
うんうんうん。

春のね 学校シーズンだったら
学校シーズンで

何か役に立つものね。
はい。

はい。

うちの子と同じようにね。

そういう…

そこから徐々にね
雪解けになればいいと思いますよ。

何か そのプレゼントって聞いて

何 贈ろうって ちょっと今
ワクワクした気持ちになりました。

フフ。

♬~

これまで美輪さんは
さまざまなモヤモヤを晴らして下さいました。

その 相談に来た皆さんが

その後どうなったのか
というところなんですけども

美輪さん
その後 どうなったかっていうのは

お知りになりたいですか?
もちろん興味がありますね。

そうですか。
ええ。

こちらの方なんですね。
ああ。

覚えてらっしゃいますか?
覚えてます。

もう まさに第1回…

途中でね お泣きになったの。
あ~ そうでしたね~…。

こちらが
記念すべき初回の映像です。

美輪さん よろしくお願いします。
はい。

1人目の相談者だった…

当時 ラビットさんは
演劇一筋に打ち込む 34歳。

新型コロナウイルスの影響で
公演が中止になり

舞台の仕事が なくなってしまいました。

求められていないというか

私たちがやるような演劇って

いわゆる ほんとの不要不急
という感じで

社会に求められていないんだな
っていうのを

ちょっと痛感してしまったというふうに。

これを いい機会として
もう お芝居は やめて

例えば 就職をした方がいいのかとか。

親のすねをかじりながら

実家暮らしを続けていいのか悩む
ラビットさん。

美輪さんは 役者を諦める前に

まずは 自分で生計を立てることが
大切だと答えます。

う~ん。

あれから1年。

都内にあるオフィスを訪ねると…。

いました ラビットさんです。

前回の時に

ちゃんと自分の生計立てれるように
しなさいって お話だったので

正社員みたいなのを
目指せるようなことをしようと思って

事務のアルバイトを始めて…

経済的に自立するために

不動産関係の会社で
事務を始めたラビットさん。

正社員を目指して 週5日
朝9時から6時まで働いています。

♬~

仕事の合間をやりくりして
向かった先は…。

だから 私はどうしても

あの事件の真実を
伝えないといけないの!

実はラビットさん 新しい仲間と共に
舞台活動を再開していました。

(女性)大島さん どこ行くの?
諦め悪いんです あたし。

自分で生計を立てながら 舞台活動。

充実した日々のはずですが…

…って思ってるんですけど。

35歳になり 今度は…

私としては 結婚しなくても
いろんな幸せの形あるし…

…って言っているんですが
全く話が通じない 納得してくれなくて

なので 美輪さん よろしければ…

相談乗って頂きたいです。

フフフフ。
ハハハ。

困りましたね。
困りました。 困りましたね。

これ 親御さんの気持ちも分かりますよ。
ええ…。

守るもの お墓 何かのこともあるし

親御さんたちは
そっちの方や何かというものに…

そこいら辺は
あの お嬢さんには分かりませんよ。
は~。

自分のことしか考えてないから。

やっと充実してきたわけでしょ。
はい。

それが 今度は慣れてきたら

さあ 次の段階に進むということに
なるんじゃありませんか?

だから…

そうですね。
そう。

ラビットさんは きっと これからも

モヤモヤし続けていくということに
なりますね。

人間誰しもそうですよ。

そうです そうです。
なるほど。

♬~

ここで お便りをですね
紹介させて頂こうと思います。

山形県にお住まいの
ニックネーム そらさんです。

…ということです。
ありがたいですね。

♬~

美輪さんは
悩みや苦しみに寄り添いながら

自身の歌でも 人々を救ってきました。

♬~

いいですね~ 何か…

ありがとうございます。

ありがとうございますって
何か 言いたくなりました 今。

どういたしまして。
(笑い)

私たちも 美輪さんが作ってくれる
ご本の言葉とかも そうなんですけど

お歌で 何かね どっかに絶対に
当てはまるところがあるので

そうすると それが大事になって
自分が ちょっと気落ちした時は

その本の この好きなとこ読むとか
その曲 聴かせて頂くとか

だから そういうのは すごく
受け取りやすい形で

やっぱり 作って下さってるのも
あると思うんですけど

うん すごい大事にされてる方
多分 たくさん いらっしゃると思います。

ありがたい読者さんですね。 フフフフフ。
ほんとですよ。

歌によって美輪さん自身が

例えば 支えられた 救われたって
いうようなことっていうのはありますか?

支えられたとか そういうことより…

…と思いますね。

長崎に原子爆弾が
投下された時

美輪さんは
10歳でした。

何とか生き延びた美輪さんは
終戦の翌年

絵の具を買うために 闇市へ出かけます。

そこで ある騒ぎに巻き込まれます。

すごい叫び声がして 女の人がね
男の子を追いかけてきたんですよ。

それで捕まえて もう めちゃくちゃに
ひっぱたいてんです 子供を。

それで どうしたんですかって…

餅を。
ええ。

それで その子供は泣きやんで

「ごめんなさい ごめんなさい」って
言って… ひっぱたいて

それで「餅はいくらですか?」って
私 言ったんですよ。

「10円ばい」って言われて
10円 お金払えばいいんでしょって。

そしたら その お餅をね

あんころ餅だったんですけどね
しぶしぶ 子供に渡したんですよ。

その おかあさんがね 帰ってった途端にね
後ろの物陰からね 1人の女の人がね

「どうも すいません すいませんでした」
つって

そしたら その人ね
原爆で ケロイドでね 焼けただれて

こっち側 全部焼けてた人だったんです
顔がね。

自分の子供が ひっぱたかれたの
泣きながら見てたんでしょう。

そういう姿だから
見せられないんでしょ。

だから 陰で出られなくて
もだえてらしたんでしょ。

それで もう一生懸命 拝むんですよ
何度も何度も。

てれくさいんで…

で 私 後ろにある建物に
ポンッと入ったら…

ほお…。
で そして見たら…

無名の少年が
ラジオで放送してスターになるという

結局そういうだけの話ですけどね。
ええ。

その時に 「冬景色」という日本の小学唱歌。
はい。

それをね 歌って。
ええ。

♬「さ霧消ゆる 湊江の」

♬「舟に白し 朝の霜」

♬「ただ水鳥の 声はして」

う~ん。
本当に。

きれいな声でね。
ええ。

え~ 同じぐらいの年頃で

こんなに きれいで
声で歌えるんだったら…

…って思って
あ~ そうですか…。 へ~。

だから この…

はあ~ すご~い。
あ~ そうでしたか…。

美輪さんは 「冬景色」と出会ったあと
声楽の勉強を始め

歌手としての道を歩み始めました。

では 次のモヤモヤにまいります。

かぐわにこさんです。
よろしくお願いします。

はい よろしくお願いします 美輪さん。
こちらこそ よろしくお願いします。

自分は 地方に住む50後半のゲイで

小さい頃から 家庭環境がちょっと複雑で
今まで生きてきたんですけれども。

かぐわにこさんの悩みは…

地方に暮らすゲイである かぐわにこさん。

どうすれば
パートナーが見つけられるのか

モヤモヤしています。

難しいでしょう これは。

人探しっていうのがね
一番困難なんですよね。

今まで何人ぐらいと
おつきあいになったの?

いや ほんとに1人ぐらいです。

じゃあ 数少ないですね。
はい。

LGBTの人を受け入れるお店って
何軒ぐらいあるんですか?

う~ん。

思いつかないぐらい
行ったこともないですし…。

どこで知り合ったんですか?
今までの人は。

今だとアプリですね。

大体そういうとこで出会っても
何か つきあうと

その人の嫌な部分が見えてきて
冷めてしまうとこがあります。

はい。

いますか?

いや いません。

いませんでしょう?
はい。

ご自分もそうでしょう?
はい。

嫌なところ 自分でも
思い当たること おありでしょ?
はい。

みんな そうなんですよ。
はい。

何か…

…と思います。
嫌なところを見つけたら

今度は いいところを見つけたら
どうでしょう?
はい。

足の裏がきれいだとか
耳の福耳だとか ねえ。

鼻が ちょっと かわいらしいとか
何か いいところありますよ。

悪いところだけを見て そればっかりが
気になるんですね あなたは。

じゃあ いいところを
見つけたらどうでしょう?
はい。

いや したことはないです はい。

やはり さらけ出すのが怖いっていうか。

やっぱり…

どうしてでしょうね?

やっぱり 親もそういう人でしたし
環境的にも…。

親御さんが人嫌いなの?
そうです。

じゃあ 人の出入りが
少ないうちだったんですね。
そうです。

それを 何とか努力して
打破しようとは思いませんでした?

ああ う~ん。 前は それで
すぐ 仕事 辞めてたんですけど

今は 自分が世帯主になったので
生きていかなきゃないので

我慢するように努力してます。

ちょっと 母が認知症で
自分も介護の仕事してるんですけれども

自分の人生にとって…

もし 今…

それが ちょっとモヤモヤで。

パートナー探しの根底には…

…という不安がありました。

幼い頃は 父親の暴力に苦しみ

母親と励まし合って生きてきた
かぐわにこさん。

父親は亡くなり 認知症になった母親の
介護を生きがいに生活しています。

今日まさに その お母様の
手編みのマフラーを巻いて。

あったかいでしょう。
はい…。 ねえ。

お母様 大好きなのね。
はい 大好きです…。

お母様も お幸せだったと思いますよ。

だって親孝行ですもの。
いえ そんなことないです。

お母さんって言っただけで
バーッと 涙が噴き出るんですからね。

もう ほんとに母のことだけは
もう 我慢できないです。

母がいなかったら
自分は生きてこれなかったので。

やっぱり 仕事できなくて…

でも 満足でしょ。

はい。
ねえ。

やっぱり やり手の人ってのは
どこかでね

ウソをついたり だましたり
虚勢を張ったり

偽りが出てきますけどね

人づきあいの下手な人って
正直すぎるんですよ。

そうですか… はい。
ええ。

はい 今は自分で言うのも何だけど

一番いい子だって言ってくれてたんです。

あ~ ありがたいですね。
はい。

これから その お母さんが亡くなったあと
孤独でって これは…

はい。

皆さん そうなりますよ。
はい。

やっぱりお母さんは お母さんでね

あなたを一人きりにしていくのは
結局 心引かれるし

大変な思いしてらっしゃると
思いますけど

それを安心させるには
どうしたらいいでしょう?

はい。

会社の中に お友達になりそうな方は
いらっしゃいませんか?

まあ よくしてくれる人もいます。
どういう方?

明るくて いっつも
自分のこと 気にかけてくれる人はいます。

どういうところで親切にして下さるの?
例えば。

自分が もう この仕事
続けられないなと思ったら

親身に 相談に乗ってくれたり
励ましてくれたり

上司に それを伝えて

自分がそういうふうに
悩んでるってことを

自分の代わりに言ってくれたり。
ほう 珍しいですね そういう親切な方。

はい 自分でもびっくりするぐらい…

ありがたいですね。
はい。

女の人?
女の人です。

じゃあ 女の人でもいいじゃありませんか。
はい。

同じ人間ですもの。
はい。

男だとか女だとか そういう性別はね
別に 気にすることはなくて…

あなた自身がね 変にジメジメしないで

明るくて素直でね そういう方たちをね

少しずつ 少しずつでもね
広げていって 友達の輪を。
はい。

ほんとにね そういう…

はい。

そうして お母さんにね
そういう方を 一度紹介なさった方が

お母様は 認知症を患ってらしても
やっぱり そういう大事なことは

認知の方でも
お分かりになるはずだから

安心なさると思いますけどね。
はい。

お母様はね 姿が見えなくなるだけで
次元が違うとこにいらっしゃるだけでね

ちゃんとね あなたのそばでね

おうちで今までどおり 暮らしになって
いらっしゃると思いますよ。

そういう点でね
姿は見えなくても 言葉をかけたりね

お母さん こういうことあったよ
こういうことあったよって

こうだよ ああだよってね
報告なさるといいですよ。
はい。

はい。
ええ。 安心ですよ。

でも母も そう言ってます。

…って言ってくれてます。
そうでしょ。

お母様と同じこと言ってんの私。
フフフフ。

いや~ さすが。
ありがとうございます。

頑張って下さい。
はい。

ルンルン。
はい。

ルンルンって言って。
ルンルン! ハハハハ。

何かに つけたらね。
はい。

ちょっと 悲しくても苦しくても
何か寂しくても そういう時にね

ルンルンルンとかね
ルンルンっておっしゃって下さい。
はい。

そしたらね 多分 フッと楽になりますよ。

はい ありがとうございます。
ほんとにうれしいです。

はい どうぞ。
ルンルン。 ハハハハハ。

2022年も ルンルンで。
こんな世の中ですもの。

あっ いいですね。
さあ みんなで一緒に。

(一同)ルンルン。
フフフフ。

♬~

♬~

「新春特番」という形で
お送りしてきましたけれども

美輪さん 最後に
2022年の抱負を聞かせて頂けますか?

なるようにしか ならないんです。

あ~ ケセラセラ。

それはもう どの年もね
いいこともあれば 悪いこともあるし。

じゃあ 今年も一緒に皆さん

モヤモヤしていこうではありませんか!
ということで。

モヤモヤ ルンルン。
モヤモヤ ルンルンって だいぶ…。

(笑い)
そうですか。

今年も よろしくお願いします。
こちらこそ よろしくお願いいたします。

♬~

♬~

(イッキ)ワクワクドキドキ
あなたもきっと恋をする!

Source: https://dnptxt.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事