「総裁は”飾り”」と無罪主張 工藤会最高幹部2人 市民襲撃事件で24日判決 福岡県 (21/08/23 12:00)

4つの市民襲撃事件で、殺人などの罪に問われている特定危険指定暴力団「工藤会」の最高幹部に、24日、判決が言い渡されます。

殺人などの罪に問われているのは、工藤会の総裁・野村悟被告と、ナンバー2で会長の田上不美夫被告です。

野村被告らは、1998年に北九州市で元漁協組合長の男性が射殺された事件など、いずれも市民を狙った4つの襲撃事件で罪に問われています。

これまでの裁判で野村被告らは、一貫して起訴内容を否認し「総裁に権限はない、飾り」などと無罪を主張しています。

一方、検察側は「組織的に行われた犯行で、上位者の意思決定が必要不可欠」などと指摘し、野村被告に死刑を、田上被告に無期懲役などを求刑しています。

判決は、24日、午前10時から福岡地裁で言い渡されます。

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【米国株-今晩のチャンス銘柄】アメリカ主要3指数が痛い再下落! 昨日の米市場は消費者信頼感指数が予想を下回ったことを受けて下落。主要3指数も大幅に値を下げた。ただ、底堅さも残っている。今日はどうなる?
未分類
【米国株-今晩のチャンス銘柄】アメリカ主要3指数が痛い再下落! 昨日の米市場は消費者信頼感指数が予想を下回ったことを受けて下落。主要3指数も大幅に値を下げた。ただ、底堅さも残っている。今日はどうなる?
この動画では、アメリカの個別銘柄、NYダウなどの主要3指数、金や原油などの商品先物など、グローバルな金融商品を広く見渡しながら、投資のチャン...