フレッド・アステア
1:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

フレッド・アステアって動画が話題らしいぞ



2:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

おすすめでござるよ



これはいいものだー



3:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

宇宙のすべての知識 プリンシピアこれは・・もはや死亡フラグか・・・?なんなのか・・

4:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

わたしの名はすず、なにを隠そう戦後生まれだ。

5:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

いまきた 説明文ないの?

6:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

1回見たら満足しちゃったなあ~もういいや・・

7:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

なんだかんだで見てしまうな~

8:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

ラス・ギャラクティカスでフレッド・アステア出てくると思わなかったわ

9:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

こういうのってさーカワイイのとかもやってるtvとかがパクると急上昇になったりしてな

10:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

わんこおつ

11:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

見に来たぜー!俺の名はキヨシ!今は青果店の店長だ

12:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

ラス・ギャラクティカスで検索したら結構ぉおお上の方出てきた

13:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

こういうのってカワイイpettvとかがパクると急上昇なんだよな

14:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

ラス・ギャラクティカスで0とか荒れ過ぎわろwww消さんのかな

15:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

高評価0wwwww

16:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

この動画消されないよな?

17:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

This is description

フレッド・アステア, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=343890 / CC BY SA 3.0

#アメリカ合衆国の男優
#アメリカ合衆国の男性歌手
#アメリカ合衆国のダンサー
#エミー賞受賞者
#ゴールデングローブ賞受賞者
#英国アカデミー賞受賞者
#アカデミー賞司会者
#ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム
#馬主
#ドイツユダヤ系アメリカ人
フレッド・アステア

フレッド・アステア(Fred Astaire, 1899年5月10日 - 1987年6月22日)は、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ生まれの俳優、ダンサー、歌手。舞台から映画界へ転じ、1930年代から1950年代にかけてハリウッドのミュージカル映画全盛期を担った。

本名フレデリク・オスターリッツ(Frederick Austerlitz)としてオマハに生まれた。母ジョハナ・"アン"(旧姓ガイラス)はルター派のプロテスタントで、東プロイセンとアルザスからのドイツ系移民二世(ドイツ系アメリカ人)。セールスマンであった父フレデリク・"フリッツ"(旧姓名はフリードリヒ・エマヌエル・アウスタリッツ Friedrich Emanuel Austerlitz)は、カトリックに改宗したドイツ系ユダヤ人を両親としてオーストリアのリンツに生まれた移民一世である。つまり、フレッドはドイツ系とユダヤ系の混血である。

4歳からダンス・スクールに学んだアステアは、2歳上の姉のアデールとコンビで全米のヴォードヴィル劇場を巡演し、人気を得る。

17歳でブロードウェイにダンサーとして進出を果たし、20歳で名声を確立。1921年には、22歳で姉・アデールと舞台『バンド・ワゴン』を大成功させた。しかし、1931年にアデールは結婚を機に芸能界から引退しイギリスの貴族社会に入ったため、弟のアステアは新たな活路を模索することになる。

映画界への転進を決意し、ハリウッドでカメラ・テストを受けたが、当初の評価は散々であった。それでもステージで培われた実力でスクリーンへの道を拓き、1933年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤー映画『ダンシング・レディ』へのゲスト出演でスクリーンデビューする。

続いて当時の大手映画会社の1つであったが経営難にあったRKOと契約しジンジャー・ロジャースとコンビを結成、1933年以降、主演映画作品において華麗なダンスを披露した。アステアとロジャースは1939年までRKOで数々のドル箱ヒット作を生み出し、RKOは二人のダンス・コメディ映画シリーズによって経営を立て直した。

トップハットに燕尾服、ホワイトタイというエレガントなスタイルで、当時最高の作詞家・作曲家たちの手になるナンバーを歌い踊るアステアは、不況下のアメリカの大衆を熱狂させた。アステアとロジャースは、映画史上最高のダンシング・ペアとされ、二人の一連の主演作は「アステア=ロジャース映画」と半ばジャンル的な扱いをされている。

だがロジャースが「アステアの添え物」的立場に満足しておらず、演技派としての映画出演を望んだことで、コンビの時代は終わる。実際にロジャースは1939年の主演映画『恋愛手帖』で1940年のアカデミー主演女優賞を獲得している。

このためアステアは、1940年からはフリーで映画出演をする。この頃、タップ・ダンサーのエレノア・パウエルやリタ・ヘイワースらとコンビを組み、タップダンスで競演を見せる。

この頃では、特に1940年の『踊るニュウ・ヨーク(Broadway Melody of 1940)』でのタップシーンが秀逸であり、エレノアとの名人どうしの火花散るようなステップが、この映画の底抜けの楽しさを引き出すことに成功しているが、興行的にはロジャースとのコンビには及ばず、ロジャースとの再共演作を制作したこともあった。

1941年からアメリカも参戦した第二次世界大戦中は、アメリカ軍の慰問活動と、出演数は減ったものの映画への出演を中心に活動した。

第二次世界大戦終結後の1946年には、ミュージカル映画でハリウッドを代表するメジャー映画会社であるMGMと契約した(但し専属ではない)。

1948年、若手のダンサー兼振付師として「ポスト・アステア」の地位にあった同じMGM所属のジーン・ケリーが撮影中に怪我を負ったため、代わってアステアが『イースター・パレード』の主役を引き受けた。この『イースター・パレード』が世界的なヒットと成功をおさめ、「過去の人」となりかけていたアステアの人気は三たび急上昇する。

MGMの二枚看板としてジーン・ケリーと共に活躍したが、2人の共演は『ジーグフェルド・フォリーズ』と、『ザッツ・エンタテインメント パート2...

18:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

>>17 おつおつ

19:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

>>17 おつかれ。いつもありがと

20:名無しさん@お腹いっぱい2021.03.02(Tue)

>>17 ありがとう

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事