扇風機よりも「風を遠くに」 サーキュレーターどう使う
1:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

扇風機よりも「風を遠くに」 サーキュレーターどう使うって動画が話題らしいぞ

2:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

This おすすめ









3:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

ではまた見に来るな!またなーアリデベルチ/

4:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

日本語が理解できないバカが多いな

5:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

いまきた 説明文ないの?

6:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

俺の名はダブルキヨシ!

7:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

おつおつ

8:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

サーキュレーターで検索したら結構ぉおお上の方出てきた

9:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

この動画・・キシリア様に届けてくれよ

10:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

This is description

28日、取材班が訪れたのは、東京都内の家電量販店。

大々的に売り出されていたのは、「サーキュレーター」。

サーキュレーターとは、すなわち「循環装置」。

文字どおり、風を起こすことで、空気を循環させるためのもの。

その進化はめざましく、今では脱臭機能がついたものなど、さまざまなタイプがある。

ビックカメラ新宿西口店・中田恭平さん「(サーキュレーターの売り上げは?)昨年に比べて1.5倍に伸びている状態。かなり長期的に人気がある商品」

6月の売り上げは、2019年の1.5倍。

その理由は、やはり...。

ビックカメラ新宿西口店・中田さん「4月ごろから、サーキュレーターの換気としての使い道で売れ行きが伸びている。6月に入って梅雨も加わったので、さらに伸びているような状態」

新型コロナ予防を図る換気装置として。
また、長引く梅雨の影響による部屋干しニーズから、長期間にわたって売れているという。

では、同じ風を起こす装置である扇風機とは、何が違うのか。

家電評論家の藤山哲人さん協力のもと、その違いを検証した。

風の流れがわかるように、スモークを使用。

一般的な扇風機とサーキュレーターを比べてみると、サーキュレーターの方がより遠くまで、直線的に空気を運んでいるのがわかる。

家電評論家・藤山さん「サーキュレーターは、細く遠くまで飛ばすのが得意。でも扇風機は、近くて広い面に送風するのが得意」

扇風機は人に対して使うことを前提に、風を広く送るのに対し、空気の循環装置であるサーキュレーターは、吸い込んだ空気が、なるべく遠くに達するよう作られているという。

#新型コロナウイルス
#サーキュレーター
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

11:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

>>10 おつかれ。いつもありがと

12:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

>>10 ありがとう

13:名無しさん@もうお腹いっぱい2020.12.23(Wed)

>>10 おつおつ

powered by Auto Youtube Summarize

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事